人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:面白いもの ( 70 ) タグの人気記事

f0108133_21262262.jpg

少なくとも我が家の周辺ではアミガサタケの当たり年となり、すっかり舞い上がってしまった今年の春、近所のアミガサタケも一通り探し終わって、ようやっと落ち着きを取り戻そうとしていた矢先に、こんなものを見つけてしまいました。

f0108133_21262861.jpgぱっと見は普通のきのこの山なのですが、さりげなく「春限定」と銘打った箱の図柄を見ると、桜の花弁が舞うなか、何だか頭のチョコのところが変な形のきのこが描かれているではありませんか。

もしやと思って買って帰り、袋を開けてみると...こ、これは、まさかアミガサタケ!?

いつの間にこんなものが!?!?!?!?!

と、すっかり狼狽してしまいましたが、とうとうここまで来ましたか!

「あらいやだ、気持ち悪い」などと、まるで私自身が言われているような、暗澹とした気分を味わいながら写真を撮り続けること数年、やっと日本でもアミガサタケが市民権を得るまでになったのかと、感慨もひとしおです。

ちなみに味のほうは、当然と言えば当然ですが、ごく普通のきのこの山でした。

などとさも事実のごとく書いていますが、たいへんすみません、じつはこれは冗談で、妻がチョコペンで編み目模様を付け、私が箱に細工してそれらしく見せたものです。 先日私が冗談半分に、きのこの山のチョコの部分に熱したフォークで編み目を彫ったら、トガリアミガサタケに見えるのではないかなどと言っていたところ、いつの間にか妻がこんなものを作っていました。

というわけで、大変お騒がせいたしました。

[写真] きのこの山 春限定?:長さ約2.5cm


※ これは冗談です。このような商品はいっさい存在しません。


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-04-29 22:06 | 菌類 | Comments(8)

今年の初わははカメムシ

f0108133_914239.jpg

今年はじめての「わははカメムシ」を見つけました!
相変わらずいい笑顔です。

[写真] アカスジキンカメムシの終齢幼虫:体長約1cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-04-29 09:20 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

すごいタンポポ

f0108133_825446.jpg

今年はほんとうに春が遅かったと私が感じたことのひとつに、例年ならもう冬のうちから地球温暖化の象徴のごとく咲き出していたタンポポが、おとなしく春を待っていたことがあります。 その反動かもしれませんが、暖かくなってからのタンポポの咲きかたには異様な力強さがあるようで、辺り一面がびっしりとタンポポに埋め尽くされた光景をあちらこちらで目にしました。

昨日見たのもそんなうちのひとつで、なにもここまで一ヶ所から出なくても、という感じなのですが、よく見ると妙に太い茎があります。 しかも先端には綿毛を抱えたがくが団子になってくっ付いた異様な姿です。 突然変異なのでしょうが、綿毛ができているということは花が咲いていたわけで、いったいどんな様子だったのか想像すると少々不気味な感じもします。

それにしても、この綿毛にには種子も付いているでしょうから、それらが飛んで行って発芽したらこんな怪しげなタンポポが生えるのでしょうか。

[写真] セイヨウタンポポ:草丈約27cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-04-29 09:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_084168.jpg

大変お待たせしました! 春です!! と言わんばかりにどどっと生えたアミガサタケ。
でもちょっと烈しすぎではありませんか。

ここ数年、春先に少雨が続き、アミガサタケが寂しい状態が続いていたのですが、今年は三月末からよい具合にお湿りがあり、あとは気温さえ上がればひょっとするとひょっとするのでは、と内心期待していました。

f0108133_084693.jpgそんななか桜も満開を過ぎて散り始め、時間もできたので、そろそろ深大寺周辺の様子を見に行こうかと思い出かけると、深大寺に向かう桜並木でいきなりこのアミガサタケの押しくらまんじゅうが。 不意をつかれたのと、あまりに強烈な生えかたに、思わず人目もはばからずに大笑いしてしまいました。

見たところ少々古くなっているようなので、この様子ではかなり前から生えていたと思われるのですが、この桜並木の植え込みは、以前生えていたこともあって、今週何度か出勤時にまだ生えていないことを確認していたはずなのです。 我が目の節穴ぶりが情けないのですが、ともあれ幸先のよい出だしてこれは期待できると、いつもの探索経路へと歩を進めました。

f0108133_085258.jpgすると今度は神代植物公園裏の、さまざまなきのこがよく現れるイチョウの植わった一角に、トガリアミガサタケの大発生が。 先ほどのお団子状態とは違って、こちらは点々と離れてはいるものの、大小あわせて二十本ほどのトガリアミガサタケがぽこぽこと楽しげに生えているのです。

深大寺に越してきて以来、トガリアミガサタケはまだ一本しか見たことがなかったのが、とつぜんこの光景で、先ほどの強烈なアミガサタケに続いてのお祭り状態にすっかり気分が高揚して、またまた人目もはばからず大騒ぎしてしまいました。

f0108133_085770.jpgそして気がつけば、通常なら十分ほどで行けるはずの深大寺へたどり着くのに、小一時間もかかってしまいました。 もっとも、十分で行けるのはきのこのまったくない時期で、普段も似たようなものなのですが。

いよいよすごいことになってきたと、大いに期待して神代植物公園に入って行ったのですが、残念ながら本日のきのこ運は尽きてしまったようで、その後はほとんどきのこに出会うこともなく、単なるお花見に終わってしまいました。

とはいえ、一日で五十本近くのアミガサタケに遭遇したのはかれこれ五年ぶりでしたので、なんだか久々に春を満喫したような心地でした。 ここ数年、春のみならず一年を通してきのこが不作続きでしたので、今年こそ多くの楽しいきのこたちに出会えること祈るばかりです。

[写真] アミガタサケの塊:直径約15cm, トガリアミガサタケ:高さ約8.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX K-5 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2012-04-16 01:28 | 菌類 | Comments(4)

金星・月・木星の直列

f0108133_2355317.jpg

生き物とは関係ないのですが、面白かったので載せてしまいます。

天文関係は詳しくないので何も知らずにいたのですが、夜七時半ごろ帰宅途中にたまたま見るとはなしに空に目が行ったところ、こんな光景が目に入りました。 そういえば先日、金星と木星が並ぶというような話題が出ていて、同じく帰宅時に見ましたが、今回のほうがより神秘的に感じました。

この怪しい光に誘われて、きのこが大量に生えたりしてこないものかと、ついつい都合のよいことを考えてしまいます。

[写真] 金星と月と木星



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-03-27 00:10 | 非生物 | Comments(0)

きのこのスノーボトル

f0108133_0533996.jpg

きのこが大好ながらも、どちらかと言うといわゆるきのこグッズはあまり買わないほうなのですが、先日たまたま吉祥寺で買い物途中にふらりと覗いた雑貨屋さんの店頭にこんなものを見つけ、衝動買いしてしまいました。

スノードームならぬ、ピクルスか何かの空き瓶を再利用したらしいスノーボトルなのですが、中のベニテングタケの立ち姿がなかなか忠実であまり図案的になっておらず、傘の裏のひだも、つばさえもちゃんとあるところが気に入ってしまいました。 商品のタグに書いてあったURLからドイツ製と思われますが、この素朴な感じがいかにも欧州という雰囲気(勝手な思い込みですが)です。

ちなみに、この買い物前には神代植物公園や井の頭公園でクロノボリリュウタケやスッポンタケなどを見て、すっかりきのこ気分が高揚していたところなので、この巡り合わせできのこ気分が頂点に達してしまったのは言うまでもありません。

更に言えば、前の晩は恵比寿のMUSHROOMに行っており、この日の夕食はきのこ鍋と、思えばこの週末はとことんきのこ付いていたので、もしかするときのこの神が降りていたのかもしれません。

[写真] きのこのスノーボトル:高さ約12.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2011-11-15 01:45 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_21165236.jpg

先週末、念願の光るきのこに会いに、八丈島へ行って参りました。

f0108133_21195596.jpg八丈島は梅雨の真っ只中なのですが、訪れた日の前五日ほどは雨らしい雨が降っておらず、若干心配しつつも場所の確認を兼ねて、島の菌たちの様子を伺いにあちこち偵察してみることにしました。

f0108133_2120151.jpgいざ外に出てみると湿度はなんと九十パーセントを超え、ほとんど皮膚呼吸ができないような感覚。 立ち寄った喫茶店の庭で、いきなり粘菌に出迎えられ、一気に期待が高まります。

そして夜、地元のNPOのガイドのかたの案内でいよいよ光るきのこの森へ。 最初は目が暗闇に慣れていないので、ところどころに光るヤコウタケがいくつか見える程度だったのですが、説明を聞きながら目が慣れてくると、ビロウ(ヤシ)の幹だけでなく、足元の落ち葉までもぼんやりと青緑色の光を放っており、まるで天の川の中に立っているかのような感覚に捕われます。

図鑑などの写真では子実体しか載っていないので知らなかったのですが、菌糸、とくにビロウの幹や落ち葉に広がったエナシラッシタケの菌糸が光っているのでした。 と、言葉で書いてしまうと簡単ですが、この感覚は言葉では語り尽くせません。 とにかく、凄いのです。

f0108133_21173567.jpgこの光景を写真に撮ろうとしたのですが、強く光るヤコウタケがやっとで、しかも焦点がちゃんと合わず、上のような縮小して辛うじて見られる程度の写真が精一杯でした。 ちなみに左の写真は丸太の周りにびっしりと生えたスズメタケを撮ったものですが、こちらも画面に納めるのが精一杯で、焦点など論外でした。

なお、翌日の昼間に、光るきのこの森とは別の、植物公園の観察場所で撮ったのが下の写真で、ヤコウタケとエナシラッシタケの実際の姿です。

f0108133_21194430.jpgf0108133_21175098.jpg

[写真] ヤコウタケ:傘径約1cm, エナシラッシタケ:直径約4mm ほか



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2011-07-07 22:35 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23581457.jpg

ここのところじめじめとした梅雨空が続き、きのこにとっては最高の環境になっているため、いてもたってもいられず、諸々の家の用事の合間をぬって、昼食がてら深大寺周辺に様子を見に出かけました。

すると深大寺周辺で目を付けている幾つかのきのこ発生場所の一カ所で、イヌセンボンタケの大群落に出くわしました。

イヌセンボンタケ自体はさして珍しいきのこでもないので、今まで何度も写真を撮ってはいるのですが、残念ながらその名前の由来となっている大群落には出くわしたことがなく、せいぜい「イヌヒャッポン」程度のものです。 ところが今回の大群落は、まさに憧れていた「センボン」そのもので、大喜びで写真を撮っていたところ、通りすがりの観光客がもの珍しさに立ち止まってしまい、妙な人だかりができてしまいました。

今日は暦では「一粒万倍日」。 一粒の籾が万倍の米になるということから来ているそうですが、どうやら万倍になったのはイヌセンボンタケの胞子のようでした。

[写真] イヌセンボンタケ:傘径約1cm



PENTAX K5 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2011-06-19 23:53 | 菌類 | Comments(2)

ゼニゴケも意外と面白い

f0108133_23454330.jpg

一時期寒くなったものの何となく暖かい日が続いたこともあって、例年ならもう冬の作物を植えている頃なのですが、夏のゴーヤやらバジルやらコナスやらの残骸がプランターに残ったままになっていました。

f0108133_23454839.jpg気が付けばもう十一月も末になっており、慌てて残骸を片付け、土を休ませていたものと入れ替えたのですが、放っておいたプランターのひとつを見るといつの間にか生えていたゼニゴケがずいぶんと成長しています。

ゼニゴケはその何ともいえない怪しげな形のためか、園芸方面ではたいへんな嫌われ者のようですが、よくよく見るとなかなか興味深い形をしています。 何となく見ているうちについつい引き込まれてしまいました。

f0108133_2345574.jpg無性芽というそうですが、私の大好きなハタケチャダイゴケによく似て、杯のような入れ物に、碁石のようなものが入っています。 水滴を受けてその無性芽が弾き飛ばされるという仕掛けは同じなのでしょう、杯の周りには碁石のようなものが散らかっています。

こうして見るとなかなか魅力的な姿で、嫌われるのはかわいそうな気もしますが、確かにこれがプランターにびっしりとはびこることを考えると、わからないでもありません。

[写真] ゼニゴケ:無性芽器の直径約3mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-11-22 00:42 | 植物 | Comments(2)
f0108133_0184388.jpg

「わははカメムシ」の記事でも触れましたが、昨日、国立科学博物館の筑波実験植物園で開催されている「きのこ展—五感でなっとく!きのこワールド」に出かけてきました。

既にきのこの最盛期は過ぎており、また展示用に採集されてしまったこともあってか、園内を探してもめぼしいきのこはなかなか見られなかったのですが、きのこを探して歩き回るうち、切株の脇に何やら赤いものがあるのが目に入りました。

よく見ると、小さいながらも形のよいサンコタケです。

サンコタケは先端にグレバと呼ばれる悪臭を放つ粘液状の胞子を付ける類いのきのこで、仲間にはカニノツメやツマミタケなど、奇妙奇天烈な形状の強烈な個性を放つきのこが揃っていて、個人的には大好きなのですが、今までサンコタケは見たことがなく、一度実物を見たいと思っていました。

展示は充実して面白いものの、全体的には生えているきのこが少なめで、やや寂しい感もあったのですが、このサンコタケが見られたおかげで、充実した気分になれました。

[写真] サンコタケ:高さ約3cm


国立科学博物館 筑波実験植物園


PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

by at384 | 2010-11-05 00:43 | 菌類 | Comments(0)