人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:面白いもの ( 70 ) タグの人気記事

f0108133_037978.jpg

f0108133_0372726.jpg7月21日の午後に開花が始まった神代植物公園のショクダイオオコンニャクは、22日に全開したそうです。

平日で私は見ることができなかったので、妻が買い物に出掛ける際に立ち寄ったのですが、前日にテレビなどでも報道されたこともあってか、ものすごい大行列で近づくことさえできず、離れた場所からなんとか望遠で撮影してくれました。 とりあえず雰囲気や大きさぐらいはわかるかと思います。

ちなみに特有の悪臭ですが、深夜の開花直後が最も強く、昼間には薄れてしまったようですが、近くで見たらしき人の会話ではまだ十分臭っていたようでした。

ただその臭いも、遠くから眺めることしかできなかった妻には全く届かなかったようで、妻の話では深大寺のバス停前に生えていた蕎麦の花の悪臭の方がはるかに強かったそうです。

[写真] ショクダイオオコンニャクの花: 高さ約2m



FUJIFILM XQ2

by at384 | 2015-07-24 00:50 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0493319.jpg

神代植物公園に展示されているショクダイオオコンニャクの開花が始まったそうです。

今夜開花するので、明日(7月22日)は8時半から早朝開園とのことです。 残念ながら平日なので私は見られません。

ちなみに、上の写真は7月20日に撮ったものですが、先日見た蕾の状態よりはるかに大きく、存在感を誇っていました。 写真の隅に写っているおじさんと較べれば、いかに巨大かがわかると思います。 というのは冗談ですが。

惜しむらくはこんな場所で鉢植えの状態で展示されていることで、大きいことはわかるのですが、作り物に見えてしまうのです。 これを熱帯雨林の中で見たら、さぞかし異様な感じを味わえたことでしょう。

[写真] ショクダイオオコンニャクの花: 高さ約2m



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-07-22 01:06 | 植物 | Comments(0)
f0108133_1522198.jpg

近くにあるということもあって、神代植物公園のホームページはしばしば確認しているのですが、先日「ショクダイオオコンニャクの蕾が膨らんできました!」という記事を見つけました。

神代植物公園ではショクダイオオコンニャクが2011年にも咲いていますが、この時は肉穂花序という中心部にある棒状の組織が変形してしまいました。 それでも巨大な花が単体で土から生えている姿は充分に異様で、見ごたえのあるものでした。 今回はうまく咲いてくれることを祈っています。

f0108133_15223037.jpgで、早速昨日様子を見に行ってみました。 現在温室は工事中のためにバラ園正面のテラス上で展示しているのですが、さすがにまだ見学者もほとんどおらず、本当にここにあるのだろうかと話しながら階段を上って行くと、ど真ん中に非常識な大きさの蕾がで〜んと鎮座しているのが見えます。

温室ではないということもあって、周囲の雰囲気とあまりにそぐわない姿がかえって面白く、思わず笑ってしまいました。

写真に撮るとせっかくの巨大さも今ひとつ伝わらなくなってしまうので、角度を変えて周囲を入れてみたのですが、まだあの不自然なまでの大きさが感じられません。 本当は鉢の後ろに警備員さんが立っていて、一緒に写っていただけるとよかったのですが、気を遣ってよけられてしまいました。

このショクダイオオコンニャク、次の連休明けの21日頃が開花予想日とのことですが、この暑さで連休中に咲いてくれないでしょうか。

[写真] ショクダイオオコンニャク: 高さ約1m



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-07-12 16:12 | 植物 | Comments(0)

ものまね鳥

f0108133_1338580.jpg

f0108133_13381198.jpg昨日いつものように深大寺周辺に足を運ぶと、間近から大音響でさえずる鳥の声が。 比較的澄んだ声で間断なくさえずり続けるその鳴き声は、あまり聞いたことがないようにも思えるし、聞いたことがあるようにも思えます。

とにかく耳につく鳴き声とあまりの大音響に周囲にいる人々も足を止めて声の主を探すなか、妻が居場所を見つけました。 鳥の知識に乏しい私には初めて見る姿で、目の周囲に白く、エジプトの壁画にでも描かれているような縁取りが特徴のやや大きめの鳥でした。

ところが鳥自体はけっこう近くにいて、声ははっきりと聞き取れるのですが、不思議なことにその声はなんとも表現に困るのです。 なぜ困るかというと、鳴き方があまりに多彩で大音響という以外に明確な特徴がなく、ただひたすらにやかましいだけ。 そのうち近くにいた人が、ウグイスでしょうかとおっしゃっていたのですが、確かにウグイスのケキョ・ケキョ・ケキョという鳴き声にそっくりな部分も時々混じっているように感じます。

そうこうしているうちに、今度は本物のウグイスがどこかで鳴き出し、掛け合い状態になりましたが、そのうちこの鳥は飛び去ってしまいました。

家に戻ってから調べてみたところ、この鳥はガビチョウ、漢字では画眉鳥と書き、特定外来種だそうです。 そして鳴き声の特徴としてはとにかく声が大きいということと、他の生き物の鳴き声を真似するのが得意ということでした。

それで納得が行きました。 つかみどころのない鳴き声というのは、要するに他の鳥の真似をいろいろとごちゃ混ぜにしており、そこにはウグイスも含まれていたためにウグイスにも聞こえてしまったというわけです。

この妙な鳥のおかげで鳥を覚えるのが苦手な私も、珍しくガビチョウの名前と特徴を覚えることができましたが、物真似上手なこの鳥のおかげで、これからは聞いたことのない鳥の声がみなガビチョウに聞こえてしまいそうです。

[写真] ガビチョウ: 体調約20cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-07-12 15:08 | 哺乳類・鳥類 | Comments(0)

ヤドリギ

f0108133_7492843.jpg

f0108133_7493365.jpg話は前後してしまうのですが、軽井沢に着いた一日目に国設野鳥の森に行った際、近くの食堂で昼食を取っている時に、窓の外に不自然な葉の生え方をしている樹を見つけました。 樹に詳しくないので種類は分かりませんが、細かな葉が茂っている樹の枝の一箇所だけ妙に大きく青々とした葉が生えています。

この枝はかなり低い場所にあったので、近づいて見てみるとヤドリギです。 ヤドリギは今までにも見たことがありますが、いずれも高い枝で、あまり細かなところまで見たことがなかったので、興味深く観察することができました。

この後きのこを探しに出発したのですが、きのこならずとも最初に寄生生物に出会えたということで、まずは幸先がよかったと思います。

[写真] ヤドリギ: 直径約30cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-07-11 08:02 | 植物 | Comments(0)

この実、なんの実

f0108133_18135077.jpg

植物に詳しいかたは写真を見ただけですぐにわかるかもしれませんが、ぱっと見ではバラ科の果樹で、スモモか何かに見えるこの実、じつはアーモンドです。

神代植物公園の一角の、バラ科の樹木が植わっているやや目立たない一角にアーモンドの樹があります。 アーモンドがバラ科の果実の種の中身、つまり仁と言われている部分であることは本か何かで知り、神代植物公園内のアーモンドの場所も知ってはいましたが、ついつい結実したところを見逃していました。

実際に見てみると本当にスモモの実のよう、と言ってもじつはスモモが実っているところも見たわけではないのですが、やっとひとつ引っかかっていたものが取れたような気分です。

調べたところではアーモンドの実は割れて種が出てくるらしく、忘れなければその様子をまた見てみようと思っています。 ちなみに、花は見逃したままで、来年までお預けです。

ところで、写真には透明な粘液のようなものが付着しているのが写っていますが、これはアーモンドの樹液で、理由はわかりませんが、この樹のあちこちから樹液がだらだらと出ていました。

[写真] アーモンドの実: 直径約2cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-06-28 19:02 | 植物 | Comments(0)

アリ知恵

f0108133_14224393.jpg

我が家の花壇にはアブラムシ除けと、色の可愛らしさもあって、チェリーセージが植わっています。

チェリーセージの花はサルビアの花とすこし似ていて、付け根の部分に豊富な蜜があり、引き抜いて加えてみるとほのかな甘みが口に広がるのですが、それだけ蜜があればアリが寄って来ないはずはありません。 まだ花が落ちないうちからゾロゾロと枝に這い上がり、花が落ちればすかさず巣へ引っ張って行きます。

f0108133_14224776.jpgここのところじめじめと不快な日が続きますが、昨日ふと花壇の縁に目を遣ると、点々と落ちているチェリーセージの花殻のまわりに砂粒が。 この獲物の周りに砂粒を盛るという習性、まごうことなきアリの仕業です。

大きくて運びきれない昆虫の死骸の周りに砂を盛り上げてお墓を作るというのは以前に見ていますが、どうやら今回は雨で花殻が貼り付いて動かせなくなってしまったために、他の群れに横取りされないよう同じことをやっているように思われます。

人間の発想で勝手に「お墓」などと呼んでいるために、虫や小動物ではなく花というのが奇異に感じられますが、そもそもアリにとっては虫だろうが花だろうが獲物は獲物。 機械的にこのような行動を取るところがいかにも昆虫らしいとも言えますが、面白いものを見せてもらいました。

[写真] チェリーセージの花殻: 長さ約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-06-28 15:21 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)
f0108133_13352848.jpg

最近庭に植わっているディルに青虫が発生し、捕っても捕ってもなぜか湧いてくるかのように数日経つとまたいるという状態です。 そんな中、今日も十匹ほど捕まえ、アリに処分してもらおうとアリのよく通る場所に転がしておきました。

アリはしばらくの間現れなかったのですが、そのうちたまたま通りかかった一匹が気づき、しばし突っつき回しているうちに獲物と認識したのでしょう、アゴでくわえて巣のほうに引きずって行こうと格闘しています。 青虫をアリに処分してもらうのはよくやっており、実際昨日も二十匹近いディルの青虫をアリさん葬儀社に委ねているのですが、今日はふと最初から観察してみようと思い、この様子を見ていました。

以下はその過程ですが、後の説明のために番号を振っています。

1) 発見から通報まで
小さな青虫とはいえ、アリ(トビイロケアリ?)の体長からすれば五倍近くで、しかもまだ生きているため、アリがくわえようとすると体を振って抵抗します。 どうするのかと見ていると、しばし格闘したのち、獲物を放置したまま巣の方面へ去ってしまいました。

2) 援軍到着
獲物を見つけたアリが巣に戻る際、その通り道にフェロモンを付けて行くのはよく知られたことなので、道しるべフェロモンをたどって仲間がやってくるのを期待して待っていたところ、果たして何匹ものアリがぞろぞろとやってきて、転がっている青虫に次々と食らいつきます。

f0108133_13352814.jpg3) 獲物運搬
獲物を確保したアリたちは、二〜三匹がかかって一匹の青虫をずるずると巣のほうへ引きずって行きます。 こうして獲物はアリたちの見事な協調行動によって、まるで一つの知性体が行動しているかのごとく運ばれるという、絵に描いたような大団円に至るわけです。

が、ここで個々のアリの行動に注目して観察していると、巷でよく言われているような計算し尽くされたかのようなことにはなっていないように思えてきました。 個々のアリといっても残念ながら正確な見分けは付きませんので、可能な限りではありますが、アリたちの行動は結構いい加減で、かなり頭が悪いと思われることすらあるのです。

まずは上記 3) の運搬の作業ですが、協調とは言い難い行動が数多く見られました。 例えば青虫を引きずって行く方向なのですが、障害物がほぼ無い平らな場所ではほぼフェロモンの道しるべに従ってか、お約束通りに全員が同じ方向に引っ張って行きます。 しかし、石ころや草の根など障害物のためにまっすぐ進めない場所では、一匹の青虫をてんでんばらばらな方向に引っ張り合ったり、根に引っ掛かった青虫をそのまま引っ張り続けたりして、いつまで経っても前に進みません。

このような状態に陥った際に、誰か調整役が出てくるなどということはまるでなく、次から次から手の空いたアリが参加して、ますます事態は泥沼にはまって行きます。 ただ辛抱強く見ていると、アリたちはただ好き勝手に引っ張り合っているだけなので、そのうち力の均衡が崩れて荷物が動き出し、結果的には紆余曲折を経て何とか巣のほうに持ち去られて行きました。

またもう一つ気付いたのが、アリたちには責任感などまるで無いということです。 障害物に阻まれて容易に動かせない状態の獲物を見ていると、噛み付く場所を変えるなどいろいろと試行錯誤した挙句、諦めて放り出して去ってしまうアリがしばしば見られました。 なかにはせっかく途中まで運ばれたにもかかわらず、障害物に当たったまま放置されてしまう獲物もあります。

この放置された獲物も、やがては通りすがりのアリが気付き、また運ばれ始めるのですが、ここで思い出したのが上記 1) の過程です。 最初に獲物を見つけた一匹のアリも、しばらく格闘ののち、獲物を放り出して巣に戻ってしまいましたが、ここで巣に戻ることがなかったら、そのフェロモンをたどって援軍がやってくることはなく、たまたま同じ巣のアリが通り掛かるという事象が繰り返されなければ、この獲物は運ばれないまま終わってしまうかもしれません。

アリのこの無責任さについては、障害物に当たった際の泥沼状態でも、困った力の均衡を崩すのに役立つことも考えられますので、結果的にはアリ全体としての目的達成に役立っているのでしょう。

先日NHKの科学番組でアリの行動について取り上げており、超難問と言われる巡回セールスマン問題もアリの行動を当てはめることで解けてしまうと言っていましたが、少なくとも個々のアリの能力を見る限り決してそんな才能などまるで無く、単に好き勝手に振舞っているだけのように思えます。 個々のアリの行動にはどう見ても合理性など無く、あれこれと試行錯誤を重ねているだけで、ただそれがフェロモンによってある程度方向性が揃っている点が、全くのデタラメとは違っている点なのでしょう。

アリには獲物を巣に持ち帰るという共通の行動原則があること、フォロモンによって同じ方向への動機付けが行われることと、そして無責任さによって行動が永続し得ないという特性がうまく噛み合うことで、集団全体を一個体として見たときに、優れた知性を持った生物として機能するのだと考えます。

そういえば粘菌が迷路の最短距離を解くという話もありますが、あれも決して一発で解を見付けているわけではなく、餌への本能的な志向と、表面積を小さくしようとしているのか、栄養分の濃度差なのかは知りませんが、体液の求心的な志向から必然的に最適解に到達するのではないでしょうか。

こう考えると私たち人間も個人個人が好き勝手に振舞っていれば、丸く収まりそうな気がして来ます。 しかしそう行かないのは、アリの場合は本能に従ってほぼ機械的に動いているからであって、人間の場合は下手に理性があるために、全体の行動が自然の法則を超えて、歪んだ大きな力を持ってしまうからなのかもしれません。

[写真] トビイロケアリ?: 体調約3mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-05-24 16:04 | 昆虫・節足動物 | Comments(6)
f0108133_1654094.jpg

ここ数回の記事がどれも無彩色っぽい寒々しい写真ばかりになっていたので、彩りを兼ねて下田の爪木崎で撮ったウメボシイソギンチャクの写真を載せます。

f0108133_1654112.jpgほんとうに彩りだけのために載せたため、写真以外に何も書くべきことがないのですが、それも何なので調べてみたところ、面白い生態があることを知りました。

ウメボシイソギンチャクは体内(胃腔)にて無性生殖で発生させた子イソギンチャクを育てており、それを口から吐き出して増殖するそうです。かなりよく知られていることらしいのですが、まったく知りませんでした。

機会があれば口からちびイソギンチャクを吐き出すところを見てみたいものです。

[写真] ウメボシイソギンチャク: 直径約2cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-01-02 18:02 | 軟体動物 | Comments(0)

砧公園の汗かききのこ

f0108133_6532151.jpg

また先週末の三連休の話です。 八国山緑地に行ってあまりにきのこがないので、きのこはあきらめて芸術の秋と洒落込もうと、世田谷美術館のある砧公園に向かいました。 世田谷美術館では『松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて 〜 ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム』という企画展示をやっており、それを見ようというわけです。

じつは世田谷美術館に向かう途中で、桜新町にあるドイツパンの店で昼食用のパンを買って公園で食べようと思っていたのですが、余儀ない用件で出るのが遅くなったために、こちらもきのこ同様に大好きな種類がことごとく売り切れていて、何となく残念な気持ちが先行した状態で公園を歩いていました。

f0108133_653262.jpgすると、なんと園内の樹の一本にでっかいパン、いいえきのこが生えているではありませんか。 さっそく樹の傍に走り寄り、見るとアイカワタケ(ヒラフスベ)で、しかもあちこちから水滴を吹き出しています。

いつぞやの派手に水を吹きまくったきのこほどではありませんが、それでもあれもないこれもない、という残念な気持ちを吹き飛ばすには充分なものでした。

f0108133_7345638.jpg塊は二つに分かれていたのですが、吹き出している水滴は片方はほぼ透明、もう片方は赤っぽいもので、海外のあの不気味な血みどろきのこのような不気味さはないものの、最近この手の汗かききのこは見ていなかったこともあって、思わぬ収穫です。

ちなみに不勉強な私は知らなかったのですが、ヒラフスベとアイカワタケはじつは同一のもので、現在はどちらもアイカワタケと呼ばれているのでした。 きのこに詳しいかたがたの間では違和感があったり、微妙なところを同定する楽しみが減って残念という受け取りかたもあるようですが、同定の苦手な私には苦労が減って助かります。

f0108133_735138.jpgそもそも幸か不幸か私は双方を混同しており、平べったいほうもヒラフスベと思っていました。 もっとも個人的な都合を言うならば、呼び慣れたヒラフスベのほうが馴染みがあってよいのですが。

ところで私の食べたかったパンはこのような姿ではありませんが、このアイカワタケ、偶然にもどことなくパンを思わせる色合いです。

[写真] アイカワタケ?: 直径約7cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-10-19 07:56 | 菌類 | Comments(0)