写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
f0108133_0215975.jpg

f0108133_0221042.jpgもたもたしているうちに年が明けてしまったのですが、2016年の最後の話題です。

先日、年末の買い物から帰って来て、野川の橋を渡ったときに、ふと見慣れない光景が飛び込んできました。 なんと何羽ものカモメらしき姿の鳥が川の上を飛び回っているのです。 大きさからしてたぶんユリカモメでしょうが、ふだんはカルガモやコサギがいる場所を飛び回ったり泳いだり、飛び込んだり、コサギを追い回したりと我が物顔に振舞っています。

f0108133_022496.jpg後で調べてみると、野川にユリカモメが上ってくることはさして珍しいことではないようで、思い返せば井の頭池で見かけたこともあったのですが、広々とした池とは違って川幅の狭い野川にカモメが何羽も飛び交っている様子は、やはり違和感を覚えずにはいられませんでした。

川沿いを散歩している人も驚いていたようで、場違いに感じていたのはやはり私たちだけではなかったようです。 そんな人間をよそに、ユリカモメはひとしきり野川を荒らし回り、翌日にはどこかに去って行きました。

ということで、たまたまですが、酉年の最初に鳥の話題でした。

[写真] ユリカモメ: 体長約30cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2017-01-01 00:52 | 哺乳類・鳥類 | Comments(0)

居座るアオサギ

f0108133_19344923.jpg

先日ふと家の窓から外を見ると、はす向かいの家の屋根に面白い形の煙突のような物体が。もうじきクリスマスということで、煙突型の飾りでも付けたのかと思ったのですが、縁のあたりがひらひらと風に揺れているので、オペラグラスを引っ張り出してきて確認すると、なんと鳥です。

f0108133_19345844.jpg羽の下に首を突っ込んで眠っているようですが、時々ふと顔を上げて野川の方角をぼおっと見ては、また羽の下に首を突っ込んでしまいます。

鳥はあまり詳しくないので、顔を上げたのを見て初めて気付いたのですが、時々野川にやってくるアオサギです。

アオサギはたまに川から離れて我が家の前の路を、ぶゎさっ、ぶゎさっ、と飛び回っていることがあり、その大きさに驚かされますが、べつにゴミを漁っているわけでもないのに、妙に人家の周りに出没するのは、単に人間を恐れていないのか、外敵から襲われにくためか、私にはよくわかりません。

ちなみに、この近辺で一番大きな鳥はこのアオサギで、外敵がいるようには思えません。この日もカラスがちょっかいを出しに来ていましたが、アオサギに突かれ、追い払われていました。

我が家の周辺はちょうど野川と木枯らしの風向きが一致して遮るものがなく、寒風が吹きっさらしの状態です。なにもこんな場所で眠らなくてもと思うのですが、結局この日は夕方になって陽が落ちるまでずっとこの場所から動きませんでした。

[写真] アオサギ: 体長約1m



PENTAX K-3 + DA55-300 F4-5.8 ED WR

by at384 | 2014-12-29 21:03 | 哺乳類・鳥類 | Comments(0)

モズのはやにえが見たい

f0108133_18221267.jpg

動きもの、こと野鳥の写真を撮るのは大の苦手なので、以前はあまり関心も持っていなかったのですが、野川沿いに住むようになってから目にする機会が増え、じっくり観察とまではいかないものの、通りがかりに姿を見つけるのを楽しみにするようになりました。

f0108133_18221879.jpgそんななか、先日年末の買い物に出かける際にバス停まで川べりを歩いていたところ、妻が見慣れぬ茶色っぽい鳥を見つけました。 その鳥は何かにとまるたび、セキレイのように尾を縦にぴょこぴょこ振ってなかなか愛嬌があります。

二人とも野鳥には疎いので何だろうと言いながら見ていたところ、たまたま通りがかったご婦人が教えてくださりモズと判明。 モズといえば「はやにえ」の残酷な感じからもっと獰猛そうな姿を勝手に想像していたのですが、こんなに可愛らしい姿とは思いませんでした。

相変わらず野鳥の撮影は苦手ですし、可愛いとは思うものの観察するほど入れ込む気はありませんが、「はやにえ」は興味があるので、河原に雑草が生い茂っていない冬のうちに探してみようかと思います。

[写真] モズ: 体長約20cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-12-31 22:26 | 哺乳類・鳥類 | Comments(0)

野川のカルガモ一家

f0108133_1454492.jpg

近所の野川はカワセミなどの野鳥観察の場としてそこそこ知られており、休日には巨大な望遠レンズ付きの写真機を構えた愛好家を必ずと言っていいほど見かけます。

カワセミのほかにも名前はよくわかりませんがサギの仲間、カワウ、カルガモ、水鳥以外にもツバメや、鳥ではないのですがコウモリまで飛び回っており、鳥類には疎い私でもバス停までわざわざ野川の堤防を通って眺めては楽しんでいます。

ところでカルガモといえば大手町のカルガモ一家の引越しの話題が新聞などで報道されていたのを見て、野川のカルガモもつがいでいるのを見るからには、どこかにヒナがいるのではないかと思っていたのですが、なかなかその機会がありませんでした。

そんななか、昨日野川の橋を渡っているときに、とうとう妻がカルガモ親子を見つけました。

f0108133_1455041.jpg小ガモは七羽、川の浅いところにいて、母ガモが周囲を見張っている周りで泳ぎ回ったり、水にくちばしを突っ込んだりして、しばし遊んでいる様子。

妻とふたり可愛いと喜んで眺めていると、そのうち立ち止まっていた母ガモが再び水に入って上流へと泳ぎ出し、周りにいた小ガモたちは遊びながらも、後にくっついて移動を始めました。

ところが、どこにでもこういう子供はいるもので、一羽だけ遊びに夢中になっているらしく、まったく気付かずに水にくちばしを突っ込みまくっています。(右上の写真の右下に写っている子がそれです)

f0108133_145557.jpgそして置いていかれちゃう、とやきもきしながら見ているのですがなかなか気付かず、親ガモと他の子供たちはどんどん上流のほうへ。

どうなることかと見ていたところ、そのうちようやっと水から頭を上げて気付いたらしく、慌ててよちよちと浅いところを追いかけて駆け出し、水に入ってからはますます慌てて、小さな羽を猛烈にばたつかせながら、もうむちゃくちゃな泳ぎっぷりで、おしりをぷりぷり振りながら必死に後を追いかけ、ようやっと追いつきました。

その大慌てぶりがあまりに可愛らしく、大笑いしてしまったのですが、無事追いついた小ガモとみんなは悠々と上流のほうへ。 楽しいものを見せてもらいました。

[写真] カルガモ親子



PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

by at384 | 2013-06-30 15:58 | 哺乳類・鳥類 | Comments(0)

引っ越しました

f0108133_075667.jpg

ここ一ヶ月近く更新していなかったのですが、じつは引越しがありまして、その準備やら片付けやらで手一杯になっておりました。 部屋の中にはまだ段ボールのままの荷物があり、完全に片付くまでにはもうしばらくかかりそうですが、どうにかこうにか日常生活は普段どおりできるようになりました。

こんな状態ですので、まだあまり記事にするようなものもありませんが、とりあえずきのこ関連ということでようやっと出来上がった表札をご紹介します。

表札を作ってもらったところでは、用意されている図柄から好きなものを選んで入れることができるのですが、きのこというとやはり一般的な水玉模様の傘のあれになってしまうので、自分で描いた図柄を入れてもらいました。 最初はカニノツメやらツチグリやらハタケチャダイゴケなども考えていたのですが、それではきのこだとわかってもらえないだろうという妻の忠告もあり、結局キヌガサタケとエノキタケ、テングタケにしています。 絵が下手なのと、そもそもこの三つはみな季節が一致しないだろうというのは大目に見てください。

f0108133_028822.jpgちなみに引越しといっても、以前の場所から五百メートルも動いておらず、住所こそ深大寺ではなくなって少し遠くなったものの、相変わらず深大寺の近くであることには変わりありません。

今までより野川に近くなって近所にカワセミが出現したり、猫の額ほどの庭を畑にしてバジルやオカワカメを露地植えするなど、今後新たなネタの種も増えそうですが、とりあえずは早く引越し荷物を片付けなければなりません。

[写真] 新居の表札ときのこの編みぐるみ, 野川のカワセミ


エノキタケの編みぐるみはないので、代わりに切り株付きのイヌセンボンタケが参加


OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-02-24 01:30 | 菌類 | Comments(4)