人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:豆知識 ( 16 ) タグの人気記事

f0108133_1741723.jpg

今週、少なくともこの近辺では一斉にキンモクセイが開花し、辺り一帯は爽やかで甘い香りに包まれています。

f0108133_17412314.jpg我が家でも植えて四年目になるキンモクセイがようやっと大量の花を咲かせてくれました。 今までも毎年開花してはいましたが、移植による負担でしょうか、ぽつぽつと僅かなもので、近所のキンモクセイの香りなのか我が家のものなのかわからないという状態でした。

古くからある近所の家々の巨木とは較べるべくもありませんが、今年は明らかに我が家のキンモクセイと判るはっきりした香りが、家の中に流れ込んできます。

そんなキンモクセイの香りについて、以前からずっと気になっていたことがあり、この機会に調べてみたのですが、面白いことがいろいろわかりました。 といっても、どうやら私が知らなかっただけで、意外なほど世に知れ渡っていたようですので、何を今更という感があるかもしれませんが。

f0108133_18233098.jpgその疑問とは、キンモクセイの花の香りをもっと楽しもうと近付いてみると、離れているときよりも香りを感じられなくなってしまうということです。 同じように香りのよい花として、バラやクチナシ、ジンチョウゲなどがありますが、いずれも近付けば近付くほど強く香っています。

キンモクセイの香り成分は数種類が混じったものだそうで、詳細は検索すればいくらでも見つかるため素人の私は触れませんが、離れてから香るという性質があるということは、成分のうちの何がしかは、花から空気中に揮発したのち酸化によって香りが完成するというようなことなのでしょうか。 この辺りに関しては残念ながら情報が見つからず、未だに疑問のまま残っています。

そして、これは調べている中で初めて知ったのですが、キンモクセイの香りには他にも面白い性質があるそうです。 なんとキンモクセイの香りには蝶など多くの昆虫の忌避する成分が含まれているそうなのです。 この香りをモノともしないのは一部のアブだけらしく、このことからキンモクセイの香りは特定の昆虫を相手にすべく作られたものなのでしょう。

そう知った上であらためて見れば、そもそも蝶が蜜を吸うような形の花ではなく、蝶を呼び集める必要もないわけなのですが、だとすればなぜ念入りに忌避成分まで使ってわざわざ遠ざける必要があるのでしょうか。 例えばランの一種には特定の昆虫を受粉に利用するために、性フェロモンに似た物質を用いたり、メスに擬態したりという手を使うそうですが、これは正の方向の働きかけです。 忌避物質のような負の方向の働きかけは、どちらかといえば害虫の食害を防ぐために用いられるというのが普通のように思われますが、キンモクセイの花はごく一時期のものですから目的は異なるはずで、どうもその意図するところが想像できません。

香る花の代表格として極めて一般的な庭木として植えられ、一見何の不思議もないかのように当たり前に感じているキンモクセイですが、知ってみると意外な面白さに溢れて興味深いものがありました。

ところで解決できていない、近くでは香らないという疑問ですが、キンモクセイの香り成分には抗酸化物質が含まれるそうです。 化学は非常に苦手なので正直よくわからないのですが、ということは自身が酸化されやすい物質ということで、だとすると花から離れた場所の方がよく香るということと何か関係はないものでしょうか。

[写真] キンモクセイ: 樹高約2m



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-10-01 22:23 | 植物 | Comments(0)
f0108133_1225511.jpg

久々のアミサガサタケ大量遭遇となったこの春ですが、アミガサタケを見つけるたびに感じるのが、彼らの生態、とくに発生条件の不可解なことです。

もちろん、これは私が興味本位にただ眺めているだけの素人だからで、ちゃんと研究なり調査なりしているかたがたには今さら不思議もないのでしょうが、毎年わずかな勘と経験だけを頼りにいい加減なアミガサタケ探しをしている身にとっては、やきもきさせられることでもあり、またそこが楽しくもあるのです。

f0108133_12332024.jpgそのようななか、深大寺周辺の発生状況や六本木での再会から、いろいろと思い至ったこともありますので、この手の話題はあちこちに出ていて今さらの感はありますが、アミガサタケの生態について、自身の覚え書きを兼ねてまとめてみました。

まず桜との関係ですが、これについては桜のない場所にも生えるとのことですから必須ではないでしょうが、少なくとも私が見たものは、黒系のトガリアミガサタケ以外はみな桜の樹の周辺に生えていました。 もっとも私は桜の周辺ばかりを探しているので、当たり前なのですが。

そしていろいろと情報を漁るうちに知ったのですが、サクラやイチョウはアレロパシー物質を出すために周辺には他の植物が生えにくく、それがアミガサタケの発生と関係しているらしいのだそうです。 トガリアミガサタケをまともに見たのは今年が初めてなので、推測するには材料が足りませんが、トガリアミガサタケが銀杏の周囲に出やすいという話はよく聞きますし、実際今年見たものも銀杏の樹の周辺でしたから、これもよく適合しています。

そしてこれも他から知った情報ですが、アミガサタケはアルカリ性の土壌を好むそうで、焼け跡やコンクリートのある近くに出やすいのだそうです。 たしかに今年見たうちの二カ所はどちらも写真で見る通り、道路際のコンクリートの打たれた場所です。 さらに昨年見たものも道路際のコンクリートのそばで、その脇にはゴミか何かを入れて燃やした一斗缶まで置いてありました。 それどころか、私が過去に見たうちの半分以上のアミガサタケは、人工的に作られた植え込みの中、しかもコンクリートブロックの際に生えていたのです。

また、これもよく言われているようですし、私自身の経験上も一致することに、アミガサタケは比較的日当りのよい場所を好むというのもあります。 そして、仙人こと小林路子さんの著作にもありましたが、ゴミ溜めのような環境にもよく生えることがあるそうです。

こういったあちこちで言われている発生条件を考え合わせて行くと、面白いことに気付きます。 つまり、アミガサタケが好むらしいのは、桜の樹の周辺、アルカリ性土壌(コンクリートのそば)、日当り、そしてゴミ溜めのような場所ということで、もしこれらのすべてを満たしたような場所があるとしたら、そこは彼らの理想郷ということになるのではないでしょうか。

そして、私が見たなかでそのような場所は、そう、あの六本木の植え込みがまさにぴったりの場所だったのです。 なぜあんな劣悪な環境でと私が思った環境は、劣悪どころかアミガサタケにとってこのうえなく棲み心地のよい環境だったのかもしれません。

少々こじつけのような気もしますが、他の生物を見れば、極寒や猛暑や乾燥といった、競争相手の少ない条件を選んでわざわざ住みにくい場所に暮らすものや、コアラやジャイアントパンダのように他の動物の食べない食物を選んだ例はたくさんあります。 アミガサタケが他の植物や菌類との競争を避けて、あえて他のきのこにとって棲みにくそうな劣悪な環境を選んだとしても、不思議はないでしょう。 そういえば以前、百貨店の催し物で売られていた欧州産のアミガサタケは、なんと砂地に生えていると聞いたこともありました。

さらに穿った見方をするなら、春に出るということさえ、わざわざ競争相手の少ない季節を選んでいるのではないかとすら思えてきます。

限りなく想像だけで話が突っ走っていますが、もし本当にそうだとすれば、春の風物詩として、ほんわかとした緩い印象で見ていたアミガサタケ、じつは相当なしたたか者なのではないでしょうか。 そんなふうに考えると、ますますアミガサタケが大好きになってしまいます。

ちなみにここから先は何の科学的根拠もない妄想ですので聞き流していただきたいのですが、桜の樹の周辺に生えるアミガサタケは、私の見た限り真下に生えているものはあまりなく、ハルシメジのように菌輪を作ることもないようです。 落ち葉や花の落ちる範囲内ではあるものの、発生場所はかなり離れた場所にも広がり、しかも不規則に分布しているように思えます。

環境に応じて菌根菌としても腐生菌としても振る舞うアミガサタケですが、桜の散った後に生えてくることから、もしかするとその狙いは周囲に大量に散らばった花弁やがくなのでは、などと勝手なこともふと思ったりしました。 同じく春のきのこであるツバキキンカクチャワンタケの例があるくらいですから、もしかしてアミガサタケもそんなことはないでしょうか。 たぶんないですね。

[写真] 今年出会ったアミガサタケの皆さん:大きさいろいろ



PENTAX Optio 750Z
PENTAX K-5 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2012-04-22 17:11 | 菌類 | Comments(0)

久々のミノムシ

f0108133_8173382.jpg

以前新聞か何かで、中国で街路樹の食害対策に導入された外来種の寄生バエが国内に入り込み、ミノムシが絶滅の危機にあるという話題を見たことがあります。実際、子供の頃はわざわざ探すまでもなく、そこいらを見回せば木の枝に一つや二つはぶらさがっていたほどだったように思いますが、ここ何年かほとんど見ていませんでした。

そして今年の七月に深大寺周辺に引っ越してきたのですが、昨日ふらっと近所を散歩していると、長椅子の下に大きなミノムシがぶら下がっているではありませんか。久々に見つけたミノムシを写真に撮り、顔を上げると木の枝にも。どうやらこの周辺ではミノムシはまだまだ健在のようです。

深大寺周辺は散歩しているとカブトムシの死骸が転がっていたり、タマムシの羽が落ちていたりするほどなので、ミノムシも健在なのかと思い、帰って調べてみると、信憑性は不明なものの、近年では問題の寄生バエであるオオミノガヤドリバエに更に寄生するハチが現れて、件の寄生バエの勢いも鈍り、ミノムシが復活しつつあるという話もあるとか。

イモムシや毛虫の類いは大の苦手なのですが、やはり人間のせいで絶滅というのはよろしくないことなので、復活しつつあるという話が本当ならありがたいことであるとともに、その理由が自然の持つ調整力によるものというのも皮肉な気がします。

[写真] オオミノガの幼虫?:体長約3cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2009-09-27 10:09 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)
f0108133_2332648.jpg

今日の夕食は鯛の炊き込みご飯にしようと、魚屋さんで真鯛の切り身を購入しました。炊飯器に切り身を骨ごと入れてご飯を炊き、炊きあがったら骨を取ってご飯と混ぜたのですが、その時、写真のような異様な形をした骨が現れました。病気か、寄生虫か、それとも科学物質による奇形かと不安になったのですが、既にご飯に入れて炊いてしまったしと、あっさり開き直って何事もなかったかのように食べてしまいました。

それでも気にはなったので夕食後に調べてみると、何とこれはそのような物騒な代物ではなく、「鳴門骨」や「うぐいす骨」と言われる、結構名が知れたものだということがわかりました。詳しいところはわかりませんでしたが、鯛が流れの激しい海を必死に尾びれを振って泳ぐうちにできるもので、これがあるということは高級天然真鯛の証しなのだそうです。このような鯛は普通は高級料亭に行ってしまい、庶民の口に入ることは希などという話もあるようですが、我が家は当然そんな高級なものなど無縁で、この鯛も吉祥寺ロンロンの魚屋さんでごく普通に積まれていたパック入りのものでした。

高級料亭うんぬんという話の信憑性は別として、この骨のある鯛が美味であることは間違いないようで、実際今回の炊き込みご飯を食べながら、過去に食べたものと比較して鯛の身が水っぽくなく、味もしっかりしてとても美味しくできていると、妻も私も思っていました。ちなみに、後でゴミ入れの中からパックに貼ってあったラベルを引っ張りだして見てみると、長崎県産になっていました。ということは玄界灘の荒波を泳いでいた鯛でしょうか。

ともあれ、美味しい鯛を食べられたし、新たな知識も得られたしと、いい経験をさせてもらいました。

[写真] 鯛のうぐいす骨(鳴門骨):瘤の直径約8mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-05-18 23:33 | 魚類 | Comments(4)

コブシの実のタネ明かし

f0108133_23413470.jpg

先日の台風の後、近所でも吹き飛ばされた落ち葉や枝があちこちに散乱していたのですが、そんな中、少々楽しい落とし物がありました。コブシの実です。

f0108133_2343393.jpg庭木としても一般的なコブシはそこら中に生えているので、春の花の時期以外ではそれほど気にかける人もいないかもしれないのですが、よくよく観察してみるといろいろと興味深い生態を持っており、面白い植物です。何より面白いのは実で、でこぼこした形が子供の握りこぶしに似ているのが名前の由来という説もあるようですが、むしろ虫こぶと見まがうような、不規則で不気味ささえ漂う形をしています。

f0108133_23422034.jpgただでさえ不気味なのに、熟すと黒くなった鞘のあちこちから化け物の目玉のような真っ赤な実が覗き、さらにその目玉のような実は鞘から飛び出し、白い糸でぶらぶらぶら下がるという念の入りようです。(右の写真は鞘から実をつまんで引っ張り出したのを、手でぶら下げた状態で撮影したもので、自然の状態ではありません)

そんな怪しげなコブシの実ですが、今まで細かく観察したことがなかったので、赤い実をぶら下げている白い糸がどうなっているのか知りたくなり、拾って調べてみました。

f0108133_23415591.jpgまず、拾った実はまだ鞘に納まったままだったため、指でつまんで引っ張ってみました。すると白い糸をずるずると引きながら、赤い実が出て来ました。枝に付いているのを下から見上げた時にはわからなかったのですが、白い糸は一本ではなく、綿のような極細の糸が束になっています。糸はゆっくり引っ張ると結構長く伸びるのですが、あまり早く引っ張ると簡単に千切れてしまいました。よく見ると糸は赤い実の中から引き出されて来るようです。

f0108133_2343011.jpg「おおっ」と思いながらも、ここで別の疑問が浮かんできました。この糸は一体どんな状態で赤い実の中に入っているのだろうか、ということです。そこで、妻にひんしゅくを買いながらもコブシの実を自宅に持ち帰り、実を割って調べてみることにしました。

f0108133_2343207.jpgまず、実の中がどうなっているか確認するために、果肉部分を真ん中から二つに割ってみました。薄くて赤い果皮の下には白い果肉があり、その下にはハート形の大きな黒い種が一つ入っていました。種の片側は中心が谷状に凹んでいてそこの部分だけ果肉が厚くなるようになっています。最初、白い糸は赤い実の先端部分のどこか一カ所に折り畳まれるか丸まって入っており、糸が引き出された後はそこが空洞になるのではないかと予想したのですが、白い糸が引き出されないように付け根で切断して割ったものと、引き出せるだけ引き出してから割ったものとは、見た目の上では違いがわかりませんでした。

そこで今度は糸を引き出さずに取り出した実から、糸の付け根部分の果肉を剥ぎ取ってみました。どうやら糸は果肉の中心部の下の方から出ているようです。

f0108133_23423964.jpgそこまでわかった上でもう一度上の断面写真を見ると、糸らしきものが果肉のお尻部分にまで通っており、そこで種に入っているようです。コブシの実の白い糸は種のお尻部分(本当にお尻のような形ですが)から出て、果肉の中をぐるっと通って、先端部分から出て鞘に繋がっていました。コブシの白い糸の正体は枝から実に栄養を運んでいる管が伸びたもので、長さを稼ぐために果肉の中を先端部からお尻までぐるっと通っていたのでした。

おそらく空中にぶらぶら揺れることによって赤い実を目立たせるとともに、鞘に埋もれているよりも鳥が実を穫り易いようにするためでしょうが、糸が長く伸びるための仕掛けといい、なんとも素晴らしい知恵です。さらに今回写真は撮りませんでしたが、コブシは春先に花が散ると、まだ実を成熟させている夏の間から翌春に咲く花芽をしっかり準備しています。

薔薇や桜や牡丹などと較べると地味な印象があるコブシですが、実はしたたかな知恵者でした。恐れ入りました。

[写真] コブシの実:鞘の長さ約7.5cm 実の直径約6mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-09-09 23:40 | 植物 | Comments(6)

ひまわりのウィンク

f0108133_005617.jpg

近所の公園に小さいながらもひまわり畑があり、元気を絵に描いたようなヒマワリがたくさん咲いています。そこにこんな花がありました。ヒマワリの花もよく見るとそれぞれに個性があって楽しいものです。

ところで、有名な誤解に「ヒマワリの花は太陽を追いかけるように、向きを変える」というのがありますが、この話が嘘であることを証明するようなやつがいました。ちなみに、ここに生えているヒマワリの半分ほどは、花が北向きです。
f0108133_003648.jpg

[写真] ヒマワリ:直径約20cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-08-04 23:57 | Comments(0)
f0108133_2341441.jpg

百貨店の島根物産展で買って来た、ヒオウギガイです。

この貝の殻は写真の紫、橙の他に、赤や黄色など様々な色があり、並べて置いてあるととてもきれいで、縁日のカラーひよこではないですが、本当にこんな色をしているのか、実は着色しているのではないかと疑いたくなるほどです。

本当だとしても、あまりにきれいな色なので、こんなもの食べて大丈夫なのかと心配になりますし、大丈夫だとしても不味いんじゃないかと思ってしまいますが、何とこれが大変美味しいのです。並べて比較した訳ではありませんが、味は形が似ているホタテより旨味があっさりした感じの一方、肉質は弾力に富んで甘みが強いように思いました。どうも、天は時々気紛れに二物を与えてしまうようです。

物産展で試食させてもらった際、店の人に冗談で「こんなに派手な物食べて大丈夫なんですか」だの、「どの色が美味しいんですか」だの、「やっぱり赤いのは辛いんですか」などと馬鹿なことを言って喜んでいるうち、ノリで買ってしまったのですが、結局何だかんだで、たっぷり楽しませていただきました。

ところで、帰ってから台所で写真を撮っていて気付いたのですが、貝紐の所にある眼点が結構大きく、しかも真っ青なのが神秘的で、少々不気味でもありました。
f0108133_23413996.jpg

[写真] ヒオウギガイ:貝殻の幅約10cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-21 23:31 | 軟体動物 | Comments(0)

桜のすごい害虫対策

f0108133_23462966.jpg

桜の葉っぱの付け根近くにあるおできのようなものの正体、ご存知でしょうか。先日新聞で見て知ったのですが、実は私の大好きな、植物のすごい仕掛けだったのです。

桜の葉柄にこのようなものがある事自体は以前からしばしば目にしており、何となく気が付いていたのですが、私は迂闊にもろくに確認もせず、病気か虫こぶのようなものだろうと思っていました。ところが事実は全く異なっていました。

このおでき、でなく器官は、花外蜜腺というもので、花以外の場所にある蜜を分泌する腺なのだそうです。植物で蜜と言えば普通は花から分泌するもので、蝶や蜂などをおびき寄せて受粉に利用するというのが一般的な常識でしょう。これはこれで巧妙な作戦なのですが、桜など一部の植物では、このような花外蜜腺を毛虫などの害虫駆除に利用しているそうです。

この花外蜜腺から蜜を分泌すると、蟻が呼び寄せられてやって来ます。蟻は蜜が目当てでやってくるのですが、雑食性で貪欲な彼らは途中に毛虫などがいると、ついでにそれらも餌として巣に持って行ってくれるというわけです。実に巧妙な作戦です。

そう言えば、時々桜の幹に蟻が行列を作って昇り降りしているのを見るのですが、これもやはり花外蜜腺に群がっているのでしょうか。また近所の桜並木では、幹のあちこちから樹液がだらだらと流れ出ているのですが、すべての葉に蜜を送り込むため密の量もかなりのもので、使い切れずに余ったものが、ちょっとした傷口などから出て来ているのでしょうか。

ともあれ、あまりに身近な存在ゆえ注意して見たことが無かったのですが、こんなところにも巧妙な生き残り作戦があったとは、桜も侮れません。

[写真] 桜の葉:長さ約5cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2006-12-08 23:48 | 植物 | Comments(0)

甘鯛の鱗に富士の山

f0108133_2351876.jpg

一瞬何の写真かといぶかる方もいらっしゃるでしょうが、甘鯛の切り身を接写したものです。

先日テレビ番組で甘鯛の話題が取り上げられており、その中で、徳川家康が鱗に富士の形のある甘鯛を献上され喜んだ、という逸話が紹介されていたそうです。という話を妻から聞き、興味を覚えたのですが、今日たまたま魚屋さんで甘鯛の切り身を買い、焼こうとした妻から「ほら、富士山の形の鱗がある」と言われて見てみると、逆さながらも確かに富士の稜線を思わせる末広がりの筋が入っています。

試しに他の取り残しの鱗を探して見てみると、うっすらと富士山の形が見て取れましたが、この写真のものほどはっきりしたものは残っていませんでした。どうやら部位によって明瞭さは異なっているようです。

初夢ではありませんが、思いがけずこんなところに富士山の姿を見ると、家康ならずともおめでたいような心持ちがし、何だか嬉しくなります。あと一月余の今年ですが、嫌な話題ばかりが耳に入る中、いい話題が聞けるといいですね。

と、無駄知識めいた話はともあれ、日本人にとって富士の山は特別な物なのだと、改めて認識させられる出来事でもありました。

[写真] アマダイの鱗:幅約5mm



PENTAX Optio 750Z (トリミング)

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2006-11-23 22:52 | 魚類 | Comments(0)
f0108133_23103227.jpg

子どもの頃から身近な生き物として親しんできたアメリカザリガニ。日本固有の生態系を破壊する外来生物としても有名です。

ところで、何時何処で聞いたのか覚えていないのですが、アメリカザリガニが繁殖した経緯について、食用として輸入され、養殖されていたものが逃げ出したり、廃業した養殖業者に放置されたものが繁殖した、という話をずっと信じていました。ところが改めて調べたところ、実際は同じく移入された食用ガエル(ウシガエル)の餌として飼育されたものだったとか。

アメリカザリガニは雑食性かつ共食いも厭わない猛烈な食欲で、小魚から水草まで食い荒らし、畦に穴を開けるわ稲を食いちぎるわの狼藉者だそうで、写真のやつもこの後、大きなハサミの下に何か抱え込んでむしゃむしゃ食べていました。そう言えば子どもの頃、最初の一匹を裂きイカで釣り上げると、今度はそれをバラしたものを餌にして次から次へとザリガニを釣るやり方を教わった記憶があります。今思えば残酷な気もしますが、貪欲な習性を上手く利用したものだと今更ながら感心しました。

[写真] アメリカザリガニ:体長約10cm


野川公園にて


PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (トリミング)

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2006-10-12 23:55 | 昆虫・節足動物 | Comments(2)