人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

調布の花火大会へ

f0108133_091768.jpg

f0108133_092489.jpgまったく生き物の話から外れてしまうのですが、昨晩は調布市の花火大会『映画のまち調布“夏”花火2015』がありました。

混んでいるし暑いしという理由で、今までは駅前などの離れた場所から見ているだけだったのですが、今年は何年ぶりか会場近くまで出かけてみることに。 やはり間近で見ると臨場感も美しさも別格でした。

何より音と光の時間差が少ないのがよいですね。

[写真] 調布市花火大会より



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-08-24 00:19 | 非生物 | Comments(0)

特等席

f0108133_8463953.jpg

またしても生き物の話から外れてしまいますが、ちょっとした季節の話題をひとつ。

f0108133_850868.jpg調布市の深大寺周辺は味の素スタジアムに近く、とくに私たちの住んでいるところは南南西に向いた国分寺崖線の斜面の中ほどにあるため、ベランダに出るとスタジアム周辺が一望できます。

その味の素スタジアムでは八月の最後の週末に、エイベックスの屋外コンサートが恒例で開かれます。 じつはそのコンサートの最後に花火が打ち上げられるため、近所ではちょっとした夏の風物詩となっています。

花火の上がる時間は、主催者から近隣住民に配られる、騒音への理解を求めるチラシに書かれており、だいたい夜の九時ちょっと前になるのですが、その時間になるとあちこちの家から花火を見ようと、道端やベランダに人が出てきて、その瞬間を待ち構えるのです。

花火大会というわけでもないので、打ち上っている時間はせいぜい二、三分ぐらいなのですが、わざわざ人ごみの中へ出かけずとも、自宅にいながらかなり近くで見られるので、我が家でも楽しみにしています。

それにしても、エグザイルや浜崎あゆみなど、若い人たちに圧倒的な人気のある歌手を擁するエイベックス、やることが豪華ですね。 私のようなおじさんでは購買層にはなれそうにもありませんが、この花火がまた来年も見られるよう、商売繁盛をお祈りしています。

なお、このコンサートは土日連続で行われるので、今夜もまた楽しみに待っていましょう。

[写真] 味の素スタジアムから打ち上げられる花火



PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

by at384 | 2012-08-26 09:39 | 非生物 | Comments(0)

実篤公園のヒカリモ

f0108133_623899.jpg

調布市の話題で、実篤公園のヒカリモが見頃という情報を目にしたので、見に行ってきました。 実篤公園は京王線のつつじヶ丘駅と仙川駅の中間ぐらいにあり、武者小路実篤の邸宅の敷地を公園にしたものだそうです。

f0108133_635679.jpg文学方面はほとんど縁遠いので、恥ずかしながら武者小路実篤といっても作品を読んだことがなく、カボチャの絵に「仲よき事は美しき哉」と書かれた色紙という印象しかなかったので、なかなか足が向かなかったのですが、一度行った事のある妻の話で、きのこが出そうだということもあり、せっかくなので出かけてみました。

ここ数日の高温で土が乾いていたため、きのこのほうはそれほどでもなかったのですが、自然公園としての位置付け上、草ぼうぼうの神代植物公園と違ってよく整備されていて、条件がよければかなり生えそうな気がしました。

そして肝心のヒカリモのほうですが、こちらは菖蒲園の奥にある石の囲いの中に発生しており、事前に写真で見たときはよどんだ黄土色の汚らしい水といった印象だったのですが、実際に見てみると確かに黄金色に光って見え、ただそれだけのことではあるのですが、面白いものでした。

私自身も写真を撮ったのですが、下手くそということもあってか、写真にしてしまうと、実際に目で見たときの光っていた感じが再現されず、やはり黄土色の汚らしい水になってしまいます。 そこで、少し画像を調整してヒカリモの部分の輝きを際立たせ、自分が見たときの印象に近付けてみました。

[写真] ヒカリモ: 体長極小 / 名称不明のきのこ: 高さ4cm



PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-07-02 07:03 | 植物 | Comments(0)

ハナオチバタケ大発生

f0108133_1835699.jpg

昨日狂言の『茸(くさびら)』を見に行って、きのこ退治のつもりがかえってきのこを増殖させてしまう、へっぽこ山伏の祈祷が効いたらなあなどと冗談半分に言っていたのですが、効いたのかどうかは別として、訪れた都立野川公園でこんなことになっていました。

とある木の周囲が一面おびただしいハナオチバタケの群生に。 あまり人気のない褐色系ではありますが、明るいだいだい色で鮮度も申し分ありません。 大きいのから小さいのまであちこちから肩を寄せ合って、落ち葉や枝の間から顔を出している様子はたいへん可愛らしく、撮影しながら思わず頭をなでてふるふるさせてしまいました。

小物ではありますが、ずっと不作続きで気分的にもしおれてきていたので、何だかほっとしたような思いです。 しかも写真を撮っていたところ、公園の自然観察センターのかたが出ていらして、しばしきのこ談義となり、耳寄りな情報をいただいてしまいました。

いよいよきのこ気分が盛り上がって来ました。 来週末が楽しみです。

[写真] ハナオチバタケ:傘径約1.2cm


都立野川公園にて


PENTAX K-5 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2011-10-23 19:19 | 菌類 | Comments(0)

宇宙とツクシ

f0108133_8181114.jpg

先週の日曜日、近所にあるJAXA海洋技術安全研究所などの研究施設一般公開がありました。

ちょうど日本人宇宙飛行士が二名宇宙に行っているという、話題性十分な好機であるうえ、『タモリ倶楽部』や『何コレ珍百景』など、風変わりなところでも紹介されたこともあったせいか、大盛況で、知恵熱が出るほど楽しんで参りました。

昭和三十年代にできたらしい施設内は緑も多く、生き物の方も気になりながら見学していたのですが、そんな中、巨大な風洞のある実験棟の脇で、こんなツクシを見つけました。陽当たりが悪いせいか、周りのスギナが大きくなっていたせいかはわかりませんが、なんと長さ20センチを超えるひょろ長いツクシが何本もかたまって生えています。

最先端の研究が行われている施設の脇に、こんなのどかな風景があるというのも、面白い取り合わせです。

[写真] ツクシ:丈約20cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-04-25 09:09 | 植物 | Comments(0)