人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:試行錯誤 ( 8 ) タグの人気記事

f0108133_10385753.jpg

生き物の話から逸れてしまうのですが、写真機用の一風変わったレンズを導入しました。 LAOWA(老蛙) の超広角等倍マクロで、いわゆる中華レンズなどと言われているもののひとつです。

この手のレンズには国産のレンズ製造会社ではあまりやりたがらない、常軌を逸したというと失礼ですが、かなりぶっ飛んだ設計思想を持ったものがあり、このレンズもその一種といえるでしょう。

通常だとマクロレンズは焦点距離が短くても50mm程度で、60mm〜180mmというのが相場のようです。 もちろんそれにはワケがあるのですが、きのこを主に撮っている個人的な好みから言えば、このあたりの焦点距離では画角がまるで虫眼鏡を覗き込んでいるようで、窮屈に思えてしかたありません。

f0108133_10393597.jpg

絵としてはきのこの視点、もしくはきのこを見上げる虫や小動物の視点で捉えたようなものが好きで、そのためにマクロではないので寄れないのは承知で可能な限り広角の21mmのレンズを主に使用し、どうしても被写体が小さく寄りたい時は35mmのマクロレンズを使っていましたが、これはAPS-Cサイズ用のレンズのため、35mm換算では1.5倍の焦点距離に相当してしまいます。 つまり決して画角は広くないということです。

今年、ペンタックスからようやっと35mmフルフレームの写真機が出て、画角的にはより広く撮れるようになったものの、これらのAPS-C用レンズでは、21mmは完全に周囲がケラれてしまい、35mmマクロは周辺光量落ちで済むものの、やはり周囲の画質低下は否めません。

といった経緯があり、キワモノ的な15mm超広角等倍マクロに関心を寄せていたところ、こんな作例こんな作例を見つけてしまいました。 作例に映し出された世界はまさに不思議の国のアリス状態。 これこそ求めていたものではありませんかということで、機能的にはいろいろと不便があることは承知で手を出してしまいました。

f0108133_10392911.jpg

機能としてはマウントこそKマウント用が用意されているものの電気接点も自動絞り機構も無いためにマニュアルでしか撮影できず、絞りリングにクリック感が無いためうっかり触ると絞りが変わってしまうくせにピントリングの位置が妙に手前の奥まったところにあって非常に不便です。 ただ、昨今の写真機の便利な撮影補助機能のおかげで、実際使ってみると思ったほどは手間取らず、テンポよく撮影が行えます。

画質的には色ノリや解像性もよく、何よりこの強烈な個性がたまりません。 注意点としてはワーキングディスタンスが非常に短いため、気を付けないとレンズ自身が影を作ってしまうことでしょうか(上から二番目の写真)。 本来なら早速きのこを撮りに行きたいところなのですが、あいにくの大雨なので室内の木彫りきのこで試し撮りしています。

f0108133_10394056.jpg

ちなみにこのレンズはシフト機構まで付いているのですが、フルフレームではケラれてしまうことと、面倒臭いので多分使うことは無いでしょう。 なお、嬉しいことにこれだけ超広角であるにもかかわらず前玉が飛び出しておらず、フィルターの装着が可能なので、レンズ先端を草や落ち葉に突っ込んで汚すことの多い私は保護フィルターを付けました。

[写真] 関内さんの木彫りきのこ作品 / キュウリの苗



PENTAX K-1 + LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro

by at384 | 2016-07-09 11:55 | 非生物 | Comments(0)

アリの〜その後〜

f0108133_934042.jpg

先日、アリがセミのお墓を作る様子を観察した話を書きましたが、その後さらに面白い行動が見られましたので、またお知らせします。

強制的に場所を移動してしまったセミの死骸の周りに再び砂粒を集めてお墓を作ったアリは、翌日の昼間になると、ぱたりと姿を見せなくなり、まるでせっかく作ったセミのお墓を放棄してしまったかのように静まりかえってしまいました。

f0108133_935397.jpg今週は猛暑が続いていたこともあり、もしかしてアリもあまりの暑さを避けているのだろうかと妻と話していたのですが、翌朝見てみると新たな変化が。 それまでアリが出入りしていたセミのお墓から二センチほど離れた巣の出口のほかに、新たにそのお墓のセミの死骸のすぐ脇に巣穴ができて、アリが盛んに出入りしているのです。

どうやらアリは猛暑を避けて休んでいたのではなく、映画か何かの金庫破りよろしく直下までトンネルを掘り、最短距離で巣に持ち帰ろうと準備をしていたのではないでしょうか。

前回の記事で紹介した『ハキリアリ 農業を営む奇跡の生物』という本に「超個体」という言葉が載っていました。 大雑把に言えば高度な社会性を持ったアリの集団のように、集団を構成する個体の集合体としてではなく、あたかも集団全体がひとつの個体のごとく行動するものを意味するようですが、このアリの様子はまさに「超個体」を思わせるものでした。

[写真] アブラゼミの死骸: 体長約4cm



RICHO CX3

by at384 | 2014-08-23 09:52 | 昆虫・節足動物 | Comments(4)

アリの〜

f0108133_23582325.jpg

先日、NHKの『ダーウィンが来た』で『不思議いっぱい!身近なアリ大研究』と題してアリの生態を取り上げていたのですが、じつは大のアリ好きの私たち夫婦は大喜びで見ていました。

その中でとくに興味を持ったのが「アリがセミのお墓を作る」話で、大き過ぎる獲物を解体して運ぶ間に横取りされないよう、砂粒を周りに積み上げて隠しているのではないかということだったのですが、たまたまその日の昼間にベランダに転がっていたセミの死骸を、「アリに処分してもらおう」などと言って花壇に転がしておいたこともその理由のひとつです。

f0108133_23582573.gifこの話を聞いて翌朝、早速花壇に置いたセミの死骸を見たところ、本当に周りに砂粒が盛り上げてあり、その見事さに感動しました。

さらにその後、妻がその様子をもう一度観察してみようと、セミの死骸を別の場所に移動するという実験を行い、その様子を観察したのが右の連続写真です。 ものの見事に砂粒が積み上げられて行く様子がわかります。

f0108133_001075.jpgそしてこれもたまたまなのですが、その二日前にたまたま書店で右のような『ハキリアリ 農業を営む奇跡の生物』という本を見つけて衝動買いしており、アリで盛り上がったここ数日となりました。

ちなみにこの本、海外の研究者が書いた著作の翻訳書ながら図版も豊富でわかりやすく、とても面白い内容で、アリに興味があるかたはお勧めです。

[写真] アブラゼミの死骸: 体長約4cm



RICHO CX3

by at384 | 2014-08-22 00:37 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)
f0108133_935233.jpg

食べられる庭2014: 12


定植から十七日目のゴーヤーの様子です。

早くもつるを出して支柱に巻き付き、一見順調に草丈を伸ばしているかに見えるのですが、何となく株全体が弱々しいように感じられ、葉も虫に喰われて穴だらけになっています。

f0108133_935631.jpg先にオクラの元気がないという話を出しましたが、そのオクラは一部の葉が枯れ落ちてしまい、何だか畑全体の雰囲気がよくありません。

とにかく何かにつけいい加減なやりかたをしているので、疑わしいところは山ほどあるのですが、気になることをいろいろ調べて行ったところ、どうも緑肥の処理がまずかったのではという疑いが出てきました。

じつは最近土の上にハエの姿をよく見かけるのですが、冬の間生やしていたクローバーを四月の中頃に土に鋤き込んだものが完全に分解されておらず、半ば腐った状態になっているのではと疑われるのです。

緑肥は畑に直接鋤き込んで構わないということは確認していたのですが、鋤き込んだのが四月の中頃で、連休明けに苗を植えたということは、二〜三週間しか経っていないことになります。 しかし改めて確認してみると、分解には最低でも一ヶ月はかかるとのことで、完全に分解される前に作物を植えてしまうと、土中の細菌の量が多いなど不安定な状態になっており、生育が阻害されたり枯れたりする恐れがあるのだとか。

そう考えてみると、落花生が二週間近く経っても一向に発芽しないなど、怪しいところは他にも出てきます。 だとすると特定の一工程でやらかしたというような限定的なものでなく、畑全体に影響する大失敗をやらかしていることになり、この先が思いやられます。

[写真] ゴーヤー: 草丈約20cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 09:29 | 植物 | Comments(0)

緑肥計画のてん末

f0108133_7475644.jpg

昨年、夏の作物をすべて刈り取ったあとに、真冬に霜柱が溶けて庭がぬかるみになるのを防ぐ目的を兼ねて、緑肥用のクローバーとヒマワリを播き、当初はその途中経過を時々投稿しようと考えていたのですが、つい忘れたまま春になってしまいました。

結果的には、ヒマワリは寒い中でも順調に伸びて花も咲いたのですが、二月の大雪ですべてだめになってしまいました。 もともと花を咲かすのが目的ではなく土壌改良だったので、それで充分役割は果たしたことになります。

そしてクローバーだけが順調に成長を続けて庭を埋め尽くし、とくに三月に入ると成長が加速してぐんぐん草丈が伸び始め、しまいには草丈が二十センチ近くなって、上の写真のように踏み込むと足がすっぽり埋まるほどの状態に。

f0108133_748514.jpg四月に入り、いよいよ計画どおり緑肥として土に鋤き込んだのですが、当初ここまで成長するとは予想しておらず、果たして全部を土に埋めきれるのかと心配したものの、なんとか土に鋤き込むことができました。

このまましばらく寝かして土中の細菌に分解してもらい、五月の連休くらいから夏の作物を植えようと考えているのですが、この量ではもしかすると肥沃を通り越して窒素過多になってしまうのではと、若干心配にもなっています。

[写真] クローバー: 草丈約20cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-04-13 08:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_1832151.jpg

私の使用しているブログでは、記事別のアクセスランキングなるものがわかるようになっています。 右下のほうにも表示されているのですが、じつはここ二ヶ月ほど突出して参照回数の多いのが、ちょうど二年前に書いた『ゴーヤの葉がスカスカなことと、その原因について』という記事です。

地球温暖化が話題となり、それを裏打ちするかのように猛暑やゲリラ豪雨などが目立つようになってきたのに呼応するかのごとく、緑のカーテンに対する関心が年々高まっているように感じます。 そもそも我が家もその口で、一昨々年、一昨年と緑のカーテンにすべくゴーヤーを栽培したのですが、いずれもスカスカ状態のまま終わってしまいました。

そんななかで、失敗の原因についてあれこれ悩んで考察した結果をまとめたのがあの記事だったのですが、やはり同じ悩みを抱えているかたは多いようで、それが突出した参照回数となっているのだと思います。

f0108133_18321253.jpgあの記事を書いた時点では二年連続で失敗しており、成功経験がないなかを推測のみで原因を挙げていたのですが、今年あまり期待もせずに再びゴーヤーを植えてみたところ、七月上旬の猛暑の頃から急激に成長しだし、オカワカメを押しのけて、一ヶ月もしないうちにすっかり緑のカーテンができ上がってしまいました。

そこで、まだ夏はこれからが本番ではありますが、二年前に推測したスカスカの原因を、改めて振り返ってみようと思います。

まずプランターの大きさですが、今年は地植えにしているため、根は好きなだけ拡がることができます。

f0108133_18322053.jpgプランターで育てたときは、最後に掘り出してみると、土がすべて根に置き換わってしまったのかと思えるほど根が張っており、やはり根が充分に拡がれるほどの大きさの野菜用のプランター、もしくは地植えにすべきというのは間違いないでしょう。

次に網の張りかたですが、過去の経験に基づいてしっかり張りました。 網の高さは五メートルあり、上端は二階のベランダの手すりに、下端はテントなどを張る際に使うペグで固定し、さらにそれだけでは中間部が揺れて不安定なので、網の左右からも紐で引っ張ってがっちりと固定し、網の角度も垂直です。

二年前に挙げた原因のうち、網の裏側が空いていて風が吹き抜けてしまう点だけ対策が打てていませんが、今のところたいした強風は吹いていません。

その結果が今年の成長ぶりに表れているのですが、推測は間違いではなかったようです。 ちなみに、右上の写真でベランダの壁がある上のほうでは葉の密度が濃いように思えるのですが、もしかすると風が吹き抜けないからかもしれません。

こう見て行くと、二年前に挙げたスカスカの原因は、今のところ誤りではなかったと言えるのではないでしょうか。 とくに網の張りかたに関しては、地植えや大きなプランターに植えてあっても、網がだらんと垂れ下がっているのをしばしば見かけるのですが、やはりそのような状態のものは葉がスカスカになっているようです。

ところで、今のところは大成功に見える我が家のゴーヤーですが、ひとつだけ問題があります。 それは実のつきが極めて悪いことで、これだけ茂っているにもかかわらず、現時点でまともに成長している実はたったひとつだけです。

まだ七月なので、これから実が育ってくるのかもしれませんが、これについてはもうしばらく様子を見てみようと思います。

[写真] ゴーヤー: 草丈約4.5m



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-07-28 00:28 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23394089.jpg

今回は生き物の話題ではなく、太陽光発電の話です。

引っ越す前の住居(集合住宅)で、ベランダに独立形太陽光発電の設備を設置し、携帯電話やノートパソコンの充電などでささやかながら運用していたのですが、引越し後、ようやっとこれを取り付けました。

f0108133_0154557.jpgで、その設置方法なのですが、取り付け場所はいろいろ考えた結果、またベランダにしました。ただしベランダの奥行きなどの条件が以前と異なり、金属製の棚の上に乗せるわけにはゆかず、ベランダの手すりをまたがせて、外側に吊るすことにしました。

f0108133_0173569.jpgこれならば、L形アングル数本と緩衝材を買い足すだけですむので、左の写真のようにベランダの手すりと、屋根の柱を利用して固定しました。こんな取り付けかたでは不安に思えるかもしれませんが、強度や安定性については充分考慮しており、昨日の強風でもびくともしませんでした。

f0108133_23392252.jpgそして、取り付けた太陽電池からの配線は屋根の柱に沿わしてベランダの両端に置いた蓄電池の箱に引き込んでいます。蓄電池の箱の中は以前とまったく同じです。

f0108133_23401817.jpgベランダに置いた蓄電池の箱から屋内への配線の引き込みは、以前は空調のドレーンパイプの穴を利用して通していたのですが、木造なのでドレーンパイプ穴は空調の室内機の裏側に隠れてしまいました。そのため使えそうな穴はないかと探してみたところ、アルミサッシの水抜き穴が利用できることがわかり、ここから屋内に引き込みました。

f0108133_23401221.jpg窓枠から引き込んだ配線は、部屋のの隅を壁に沿わせ、テレビ台の中に置いた正弦波インバーターにつなげて交流百ボルトに変換して使っています。

とりあえず一昨日、昨日一日と使ってみましたが、今のところ問題なく動いているようで、これで無事復活できたようです。

自前の屋根が利用できるのに、なにもこんな手作りのちゃちなものを使わなくてもという考え方はありますが、せっかく作ったものがもったいないですし、屋根の向きやら費用やらといろいろ敷居も高いので、当面はこれを使って行こうと考えています。

ちなみに、使用している機器についての具体的な機種については今まで触れていなかったのですが、べつに隠す意味もないので、今さらですが下に記しておきます。

充電コントローラー: 電菱 SolarAmp Mini SA-MN05
充電池: G&Yu ディープサイクルバッテリー SMF27MS-730 (105Ah)
正弦波インバーター: 未来舎 POWERTITE FI-S126 (125W)
f0108133_23402986.jpg

[写真] 独立系太陽光発電の装置群 / [図] 現在の配線図


写真に隣近所の家屋が写っていたため、部分的に塗りつぶしています


OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-04-09 01:01 | 非生物 | Comments(0)
f0108133_1735945.jpg

2012年 夏休みの工作


またしても生物以外の話題になってしまうのですが、いちおう地球環境、ひいては生き物の生存に無関係でもないという、無理やりな口実で投稿してしまいます。

およそ一年前に、ベランダでささやかながら独立系太陽光発電を始め、その後若干の改良を加えながら使い続けています。 発電といっても40ワットの太陽光パネルが二枚だけの小規模なものですが、それでも携帯電話や室内用固定電話の子機など、充電して使う小型の機器はほぼすべてまかない、梅雨前までは妻のノートパソコンの充電まで行って、採算性は別として、少しでも電力会社への依存を減らすことはできているように思います。

こうして一年間、試行錯誤しながら太陽電池との付き合いかたをだんだん体得し、活用範囲も広げてきたのですが、やはり一番の弱点は日照の強さと時間で、梅雨時はかなり厳しくなってきます。 それに加え、気温が高くなって蛍光灯すら暑く感じられるために、太陽光発電から電源を取っているLED照明の使用時間が増え、さらには消費電力の少ないDCモーターの扇風機を導入して、その電源も太陽光から取るようにしているため、供給が需要に追いつかず、交流インバーターの電圧降下警告音が鳴って慌てて電源を切ることもしばしば発生するようになりました。

そこで勤め先の夏期休暇を利用し、以前から考えていた太陽電池増強計画を実行することにしました。 といっても、ベランダには洗濯物や布団も干す場所も必要で、大型の太陽光パネルを追加設置するわけにもゆかず、基本的には現在の専有面積を変えないよう、すき間などを利用して小型のパネルを追加することにしました。

結果的には、二台の装置にそれぞれ5ワットの太陽光パネルを、上の写真のように40ワットの太陽光パネルの手前に二枚ずつ追加し、合計で50ワットずつとしました。 太陽光パネルの向きは、本来なら少し南に傾けるのが理想なのでしょうが、設置場所の都合もあって、ほぼ水平としました。 いちばん電力の欲しいこの時期の、真上に近い日の角度を考えれば、これもありかと思います。 また、40ワットの太陽光パネルの設置角度も夏場を優先し、少し寝かせました。

ちなみに真冬については、じつは日がよく当たりすぎて蓄電池が満杯となり、充電が停止するほどでしたので、追加した太陽光パネルの能力があまり発揮できなくても問題ないと考えています。 ただ、40ワットの太陽光パネルを寝かせているので、それと合わせてどうなるかはまた様子を見ていこうと思っています。

ところで肝心の効果については、増強して以降、11ボルト台だった蓄電池の電圧が12ボルトを上回るようになりましたが、いちいち対照実験のようなこともしていませんので、本当に効果があったのか、単にここ数日の好天によるものなのかは、正直わかっていません。

なお、増強した構成を図示したのが下の図です。 たかが20ワット分の追加で充電コントローラーも二台追加購入することになってしまいましたが、それなりの効果があったのだと思うことにしています。
f0108133_17353999.jpg

[写真] 独立系太陽光発電の装置群 / [図] 現在の配線図



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-25 18:55 | 非生物 | Comments(0)