人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:虫こぶ ( 7 ) タグの人気記事

f0108133_7301119.jpg

三週間ほど前にエゴの猫足のでき始めの後日談で、エゴの猫足かどうかの判断が微妙だった物の、その後の様子をお知らせしましたが、結局その翌週、この微妙なやつは花が咲いてしまいました。

ただ、普通エゴノキの花は柄が長く伸びて垂れ下がるものなのに、これは全然柄が伸びておらず、変な感じに咲いています。残念ながら証拠はありませんが、これはアブラムシが寄生しかけたもののエゴノキの抵抗に負けて撤退し、虫こぶになり切れなかったのではないかと推測しています。

ということで、五年以上前から春になると近所のエゴノキを睨み続け、ようやっと尻尾を掴んだと思ったのですが、何のことはない、ちょっと検索してみると、ちゃんとアブラムシが花芽に寄生してできるとそこかしこに書いてありました。

ちなみに、ここのところ多忙で更新を怠っていたため、この写真自体は二週間前のものになっています。

[写真] エゴの怪しげな花:約1cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2009-06-27 07:50 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23405584.jpg

約一ヶ月前に見つけたエゴの猫足のでき始めの、その後の様子です。

遂にでき初めを見つけたと喜んでいたのですが、実は残念ながらぬか喜びだったようで、一ヶ月後には花芽になってしまい、更に、微妙だと言っていたものに至っては、完全に花になり、しっかり咲いて散ってしまいました。

f0108133_23433132.jpgf0108133_23421533.jpgちなみに左の写真は一ヶ月前に見つけた、完全に猫足になっているもので、右が現在のものです。

そして左下の写真が一ヶ月前にでき初めだと思っていたもの、右下が現在の状態で、花芽が伸びています。

ただ、花芽になったと言っても、正常な花とは少々異なっているように思えます。そもそも、エゴの花は一ヶ月前にすでに咲き、現在は実ができ始めているのですが、これは未だに花芽のままです。

f0108133_2346891.jpgf0108133_23442022.jpgそして、花芽の周囲も何だか怪しげな感じで、花芽こそできているものの、猫足になりかけながらも、辛うじて花芽の形を保っているかのようです。

この花芽の姿から、エゴの猫足がいかにしてできるのかを推測してみました。

エゴの猫足に気付いたのは一ヶ月前の、ちょうど花が咲きだす頃です。そしてこのできそこないの猫足と完全な猫足を比較すると、猫足部分と花芽が位置的に似ているように思えます。つまり、エゴの猫足は、でき始めの時期にアブラムシが取り付くことで、異常に成長してしまった花芽なのではないでしょうか。

雰囲気だけで言っているので正確なところはわかりませんが、でき始めはまた見逃したものの、これで長年の謎が解けたような気がします。真実はどうなのでしょうか。

[写真] エゴノネコアシフシ



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2009-06-06 01:24 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)
f0108133_9285517.jpg

もう何年も前から、この時期になると気になって調べていることがあります。それは、エゴノキの虫こぶであるエゴノネコアシフシ、通称「エゴの猫足」のでき始めはどうなっているのか、ということなのですが、過去何年もでき始めを探そうとしても見つからず、気が付くとみんな大きくなってしまっているのでした。

f0108133_9385889.jpg今年は気候のせいか、アミガサタケがほぼ皆無という状態だったのですが、そんな中、エゴノキを探してみると、こちらは当たり年のようで、次から次へと虫こぶが見つかりました。そして、ついに長年の念願であるでき始めとおぼしきものを見つけました。上の写真が見つけた中で、エゴの猫足と判定できたもっとも若そうなものです。もう少し成長すると右の写真のようになるのですが、過去にはここまで成長したものしか見つけられませんでした。

f0108133_9355334.jpgそして、これはまだ虫こぶとは断定できない微妙なやつなのですが、右の写真はさらに早い段階のもの可能性があります。もしそうだとすると、これこそまさに最も初期の状態ということになりますが、これは単なる正常な若い芽、もしくは先端が白っぽくなっていることから花芽のようにも見えます。ただ、現時点でエゴノキは花が満開になっているので、花芽という可能性は低そうです。

下の写真は、この微妙なやつを別の角度から撮ったものですが、こちらから見ると、かなり虫こぶらしく見えます。いずれにせよ、今後の成長ぶりを観察したいので、近くの雑草の葉っぱを結びつけて目印にしておきました。今後の成長が楽しみです。
f0108133_9361721.jpg

[写真] エゴノネコアシフシ:直径約2〜5mm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople K20D

by at384 | 2009-05-10 10:18 | 植物 | Comments(0)
f0108133_22174684.jpg

昨年、エゴノキにできる特徴のある虫こぶ、エゴの猫足(エゴノネコアシフシ)の出来始めはどんな状態なのだろうかという疑問から、執拗にエゴノキを探しまくったのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。

あらから一年、すっかり忘れていたのですが、先日満開のエゴノキの花を見てふと思い出し、今年も探索を開始しました。通勤路にある近所の公園脇にエゴノキに猫足が多くできるので、毎日観察していたのですが、ついに見つけました。これがその写真です。

通常エゴノキの枝の先端は成長点になっており、小さな葉っぱか花芽が付くのですが、その成長点らしきものの脇から、指のように突き出た怪しげなものが生えています。他の枝も見てみたのですが、こんな形をしているものはありませんでした。

f0108133_2217193.jpgそして、この枝の付け根あたりを見ると、そこには疑うべくもない、まだ小さいエゴの猫足がありました。その形状は、どこかしら枝の先端部にある怪しげなものと類似しています。そして、この写真ではわかりにくいのですが、周囲の葉っぱに虫こぶの原因であるアブラムシがたかっているのがしっかり写っていました。

これこそ、ずっと探し求めていた、エゴの猫足のでき始めの姿ではないでしょうか。

めでたしめでたし、後はこれが本当に猫足になるのか見届けよう、と思ったのですが、実はよく見ようと思って枝を引っ張り寄せたとき、「くきっ」という嫌な手応えがあって、枝が付け根から折れてしまいました。ということで、残念ながら真相は再び闇の中へ消えてしまいました。

[写真] エゴの猫足(小さいほう):約2mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-05-18 22:09 | 植物 | Comments(0)

すずなりの虫こぶ

f0108133_9311594.jpg

八月末、箱根は仙石原周辺へ小旅行に出掛けました。仙石原と言えばススキが有名ですが、まだ若干早かったようで、穂は出始めていたものの、開いてはいませんでした。

そんな仙石原の湿生花園の一角にコハマナスが植わっており、近付いて見ると丸くて小さな実が葡萄の房のようにびっしりと...ん? ちょっと待った。

f0108133_23272412.jpgバラ科のハマナスの実は右の写真のように、赤い火星人のような形をした実がなるはずなのですが。と、よくよく見れば確かにこんな赤い実がちらほらと見えています。すると、このびっしりと付いた丸い物は、そう、虫こぶでした。

枝という枝に、いや、そこら中の葉の裏にこの丸い物体がびっしりとぶら下がり、その数はコハマナス本来の実の数を遥かに上回っているようでした。どうやら、このコハマナスは相当虫に好かれてしまったようです。

ほんのり赤く色付いた虫こぶを見て、実だと思って喜んで携帯で写真を撮っている人もいましたが、まさかこの一つ一つの中にちっこい青虫が入っているとは想像もしていないのでしょう。

バラの虫こぶと言えば、以前エゴの猫足の記事にコメントをくださった、hatake-gardenさんの庭のバラにできた、芸術的な虫こぶが印象的で、バラを見る度に気になっていました。今回のやつは形が単純で、芸術性には乏しいものの、数の多さでは中々の迫力で、中々いい物を見せてもらいました。

[写真] コハマナスの虫こぶ:直径約3mm



PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2006-09-07 23:28 | 植物 | Comments(2)

エゴの猫足後日談

f0108133_22185610.jpg先日紹介したエゴの猫足のでき始めですが、もしやこれかと思われた枝の先は、残念ながら虫こぶにはならず、花が咲いてしまいました。結局でき始めの瞬間は今年も見られませんでした。

ところで、本来ならエゴノキの花は半月程前に咲くはずで、花の形も少々変わっている気がします。未練がましく、もしかしてアブラムシの影響かなどと思ったりもするのですが、この木は昨年冬に心配になるほど大胆に剪定されてしまったので、そちらの影響かもしれません。

そうこうしているうちに、他の小さかった猫足はすっかり成長し、猫足の名前にふさわしい姿になりました。一方、気が付くと今まで気が付かなかった場所にまた小さな猫足ができ始めていました。

f0108133_22194319.jpgf0108133_222062.jpg何かでき始めの状態を推測する手がかりはないかと、付け根の部分を覗き込んだりしてみましたが、わかりませんでした。

というわけで、エゴの猫足のでき始めは、また来年のお楽しみになってしまいました。覚えていられるといいのですが。

[写真] エゴノキの花、エゴの猫足



Panasonic LUMIX DMC-FZ30(トリミング)

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople LUMIX Guild

by at384 | 2006-06-03 23:42 | 植物 | Comments(0)

エゴの猫足のでき始め

f0108133_2239578.jpg以前からずっと気になっていたことがあります。

それは、エゴノキにできる「エゴの猫足」に関することです。「エゴノネコアシフシ」とも言われるそれが虫こぶであることぐらいは、さすがに私でも知っていますが、気になるのはいつ、どんなふうにできて来るのかということです。毎年気になりつつも、年に一度の機会なのでついつい忘れてしまい、気付いた時にはすっかり大きくなってしまった後なのです。

今年もやはり忘れていたのですが、たまたまエゴノキの前を通った時、目の前に張り出していた枝の先端がわずかに変形しており、はっと思い出しました。慌てて周囲の枝を探すと、運が良いことに、積年の念願だった出来始めらしい、まだ小さなやつが幾つか見つかりました。

f0108133_22394196.jpgf0108133_22401025.jpg撮った写真を若い方へ遡って並べてみたのですが、三枚目までの写真を見る限り、残念ながら、ご覧の通り完成した形からある程度予測できる範囲のものです。やはり決定的瞬間は逃してしまったのかもしれません。

枝の先端にできることは分かっているのですが、何もできていない普通の枝を見ても、アブラムシが入り込めそうな何かがあるようには見えません。

f0108133_22403556.jpg唯一怪しいと感じたのが左の写真のものです。花芽かとは思うのですが、他の枝にはこれほどの大きさのものは見当たりません。

そう言えば猫足の付け根にはガクらしきものが見られることから、アブラムシが花芽に潜り込むことで組織の変形が始まるのかとも考えられますが、どうでしょうか。今一つ決め手に欠けますが、だとすればこの写真が猫足のでき始めということになります。

とりあえずこの枝がどうなるのか、もう暫く様子を見てみようと思います。自分自身が覚えていられるのか少々心配ではありますが。

[写真] エゴの猫足(虫こぶ):約3〜15mm



Panasonic LUMIX DMC-FZ30 (トリミング)

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople LUMIX Guild

by at384 | 2006-05-31 23:42 | 植物 | Comments(4)