人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
f0108133_0172228.jpg

今年はほんとうにアミガサタケ縁に恵まれた年のようです。

一昨年のちょうど今頃、六本木の国立新美術館に美術展を見に出かけた際に、ゴミだらけの植え込みの中にアミガサタケの群生を見つけて大喜びし、このブログにも記事を投稿したのですが、その後この植え込みは小ぎれいに整備され、桜の樹以外のアジサイやツツジなどがすべて取り除かれて日陰がなくなってしまったばかりか、砂利までびっしりと敷き詰められてしまいました。

f0108133_0172751.jpgこれではアミガサタケも全滅だろうとすっかりあきらめていたのですが、セザンヌ展を見に国立新美術館に行く際に、どうしても気になって、念のためこの変わり果てた植え込みの周りを探してみたところ、なんと彼らはしっかり生えていたのです。

さすがに数も少なく、どれも小粒ではあるものの、石組みや砂利のあいだの、ほんのわずか土が露出したところから、健気に顔を出しているではありませんか。 思い返せば一昨年もコンクリートのすきまやゴミの間から生えていて、大した生命力だとは思っていましたが、まさかこの劣悪な環境をしぶとく生き抜いているとは、感動すら思えます。

f0108133_0173215.jpgセザンヌ展を見るはずが、思わぬ再会に大喜びし、写真を撮るわ、アミガサタケの頭をなでて親睦を深めるわで、気がつけば三十分近くもここに留まっていたのでした。

結局その後でセザンヌ展は見たのですが、近代絵画の父もアミガサタケにはかなわず、心ここにあらずといった感じで、何となく通り過ぎるように見終わってしまいました。

先週に引き続きアミガサタケ祭り状態となりましたが、今後もこの調子できのこ運が続いてくれるといいのですが。

[写真] チャアミガサタケ?:高さ約3cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-04-22 02:00 | 菌類 | Comments(2)

きのこのスノーボトル

f0108133_0533996.jpg

きのこが大好ながらも、どちらかと言うといわゆるきのこグッズはあまり買わないほうなのですが、先日たまたま吉祥寺で買い物途中にふらりと覗いた雑貨屋さんの店頭にこんなものを見つけ、衝動買いしてしまいました。

スノードームならぬ、ピクルスか何かの空き瓶を再利用したらしいスノーボトルなのですが、中のベニテングタケの立ち姿がなかなか忠実であまり図案的になっておらず、傘の裏のひだも、つばさえもちゃんとあるところが気に入ってしまいました。 商品のタグに書いてあったURLからドイツ製と思われますが、この素朴な感じがいかにも欧州という雰囲気(勝手な思い込みですが)です。

ちなみに、この買い物前には神代植物公園や井の頭公園でクロノボリリュウタケやスッポンタケなどを見て、すっかりきのこ気分が高揚していたところなので、この巡り合わせできのこ気分が頂点に達してしまったのは言うまでもありません。

更に言えば、前の晩は恵比寿のMUSHROOMに行っており、この日の夕食はきのこ鍋と、思えばこの週末はとことんきのこ付いていたので、もしかするときのこの神が降りていたのかもしれません。

[写真] きのこのスノーボトル:高さ約12.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2011-11-15 01:45 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_0184388.jpg

「わははカメムシ」の記事でも触れましたが、昨日、国立科学博物館の筑波実験植物園で開催されている「きのこ展—五感でなっとく!きのこワールド」に出かけてきました。

既にきのこの最盛期は過ぎており、また展示用に採集されてしまったこともあってか、園内を探してもめぼしいきのこはなかなか見られなかったのですが、きのこを探して歩き回るうち、切株の脇に何やら赤いものがあるのが目に入りました。

よく見ると、小さいながらも形のよいサンコタケです。

サンコタケは先端にグレバと呼ばれる悪臭を放つ粘液状の胞子を付ける類いのきのこで、仲間にはカニノツメやツマミタケなど、奇妙奇天烈な形状の強烈な個性を放つきのこが揃っていて、個人的には大好きなのですが、今までサンコタケは見たことがなく、一度実物を見たいと思っていました。

展示は充実して面白いものの、全体的には生えているきのこが少なめで、やや寂しい感もあったのですが、このサンコタケが見られたおかげで、充実した気分になれました。

[写真] サンコタケ:高さ約3cm


国立科学博物館 筑波実験植物園


PENTAX K-5 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

by at384 | 2010-11-05 00:43 | 菌類 | Comments(0)

八国山緑地できのこ三昧

f0108133_17304852.jpg

この意味不明なブツブツの白い円盤、じつはきのこの傘の一部です。

f0108133_17305428.jpgこのきのこ、なんと傘の直径が二十五センチ近くもある、巨大なきのこなのですが、右の写真のように全身の写真にしてしまうと、その大きさが伝わらないのではないかと思い、こんな傘の一部の写真を載せてみました。

パソコンの機種にもよるのですが、通常のノートパソコンやデスクトップ型パソコンの画面でしたら、これでも縮小されているぐらいで、実際にはこの倍はあると考えていただければよいでしょう。

このきのこは、埼玉県所沢市と東京都東村山市にまたがる八国山緑地で見つけたもので、毎年この時期になると、我が家ではここにきのこ撮りに出かけています。

今年は猛暑と少雨で、秋のきのこは絶望的かと悲観していたのですが、その後何年ぶりかのはっきりとした秋の長雨や急な気温低下のお陰できのこが大発生となったようで、八国山緑地は見渡す限りきのこだらけという、何とも嬉しい状態となっていました。

例年秋のきのこの時期は十一月初頭くらいまで続きますが、この状態が最後まで続いて欲しいものです。

[写真] シロオニタケ:傘径約25cm


八国山緑地にて


PENTAX K-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2010-10-17 18:32 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_8572298.jpg

この時期は秋のきのこの最盛期ということで、我が家では毎年埼玉県所沢市と東京都東村山市にまたがる八国山緑地にきのこ撮りに出かけるのが恒例となっています。

今年も昨日出かけたのですが、先週今週と雨がうまい具合に降って、きのこの発生と成長には最適な条件となり、見渡せばそこら中にきのこが顔を出しているという、夢でも見ているような光景でした。

そのような中、きのこを愛でながら歩いていますと、道端の草の間から空色の真珠のような光沢が目に入り、すわとばかりにかき分けてみると、まったく予期しなかったとんでもない光景が目に入りました。

なんと巨大なナメクジが二匹、切株の上でからみ合い、その間から先ほど目にした青い光沢のある粘液状の物質が出ているようです。 何となく予想は付いたのですが、帰宅してから調べてみると、やはりナメクジの交尾のようで、青い粘液に見えたものは生殖器のようです。

確かによくよく見れば、舌のようなものが二本絡まっています。 そしてよくよく見ると、それは尾部ではなく、頭部から出ているのです。

気持ち悪いことこの上ない光景ですが、初めて見る神秘的な姿に、思わず見入ってしまいました。

[写真] ヤマナメクジ?:体長約10cm


八国山緑地にて


PENTAX K-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2010-10-17 09:24 | 軟体動物 | Comments(2)

深大寺城のコクワガタ

f0108133_6313790.jpg

先週末、近所で梅雨の合間のきのこ探しをしていた際に、深大寺城跡で偶然、樹の幹に視線が行ったところ、何やら平べったく黒い虫が貼り付いています。

f0108133_632036.jpg上の写真ではよくわからないかも知れませんが、近付いてよく見ると、コクワガタではありませんか。

夏とはいえ、時期的にはまだ早い気がしますし、姿もどことなく全体が薄汚れて、くたびれた感じに見えますので、おそらく今夏に羽化したものではなく、越冬したものが出て来たのではないでしょうか。

朝ドラのゲゲゲの女房でちょくちょく出てくるように、いわゆる東京の印象とは全然異なるのどかな調布市の、その中でも最も田舎な深大寺なのですから、野生のクワガタやカブトムシもまだ健在で、実際、死骸が落ちているのはしばしば目にしているのですが、樹の幹にいるところを見るのは、三十年以上前の小学生の時以来かもしれません。 いい大人がと思いつつ、思わず興奮してしまいました。

f0108133_648970.jpgちなみに、左の写真は先月末に神代植物公園の一角で見た、カブトムシの幼虫です。 病気になったのでしょうか、なぜか土の上に何匹もゴロゴロと転がり、どれも死んでいたようです。

[写真] コクワガタ:体長約2.3cm



PENTAX K-7 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2010-06-26 07:05 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

つくしんぼ

f0108133_8412162.jpg

先日、近所を散歩している時に、妻が見つけたものです。

さすがにこれっぽちで、しかも道路際に生えているものでは食欲は湧きませんが、子供の頃は近所の原っぱで大量に穫ってきて、はかまを取るのが大変だと親に大変嫌がられながらも、炒めてもらって食べたものでした。とは言うものの、長年食べていないこともあって、どんな味だったかまったく記憶にありません。

[写真] ツクシ:高さ約10cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-03-28 10:22 | 植物 | Comments(0)

ニコニコ蜘蛛

f0108133_23461485.jpg

我が家では、しょっちゅう小さなクモが現れ、壁を歩き回っています。

私は子供の頃、祖母からクモを殺してはいけないとしつけられてきたせいか、この歳になってもクモを殺すことができません。

そのため、最初は仕方なく、そっと手に移して外に出していたのですが、あまりによく現れるので最近は、きっとハエやらゴキブリの幼虫を食べてくれているのだろうと考え、そのまま放置しています。クモのおかげかどうかはわかりませんが、実際、引っ越して来た直後には頻繁に出没したゴキブリの幼虫は、ゴキブリホイホイには引っ掛からないのに、しばらくすると現れなくなりました。

そのようなわけで、相変わらず我が家の壁を歩き回っているクモですが、たまたまそのクモを見ているうちに、ふとそのクモの模様が何となく顔に見えることに気が付きました。

ことあるごとにわははカメムシと称してアカスジキンカメムシの五齢幼虫を紹介しているのですが、このクモの腹部にも、昔流行ったスマイルマークのような笑顔が見えるではありませんか。

ということで、またまたお気に入りの生物が増えてしまいそうです。

[写真] アンダソンハエトリ?:体長約3mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2009-10-23 00:26 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

久々のミノムシ

f0108133_8173382.jpg

以前新聞か何かで、中国で街路樹の食害対策に導入された外来種の寄生バエが国内に入り込み、ミノムシが絶滅の危機にあるという話題を見たことがあります。実際、子供の頃はわざわざ探すまでもなく、そこいらを見回せば木の枝に一つや二つはぶらさがっていたほどだったように思いますが、ここ何年かほとんど見ていませんでした。

そして今年の七月に深大寺周辺に引っ越してきたのですが、昨日ふらっと近所を散歩していると、長椅子の下に大きなミノムシがぶら下がっているではありませんか。久々に見つけたミノムシを写真に撮り、顔を上げると木の枝にも。どうやらこの周辺ではミノムシはまだまだ健在のようです。

深大寺周辺は散歩しているとカブトムシの死骸が転がっていたり、タマムシの羽が落ちていたりするほどなので、ミノムシも健在なのかと思い、帰って調べてみると、信憑性は不明なものの、近年では問題の寄生バエであるオオミノガヤドリバエに更に寄生するハチが現れて、件の寄生バエの勢いも鈍り、ミノムシが復活しつつあるという話もあるとか。

イモムシや毛虫の類いは大の苦手なのですが、やはり人間のせいで絶滅というのはよろしくないことなので、復活しつつあるという話が本当ならありがたいことであるとともに、その理由が自然の持つ調整力によるものというのも皮肉な気がします。

[写真] オオミノガの幼虫?:体長約3cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2009-09-27 10:09 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

とんでもない落としもの

f0108133_23413970.jpg

先日、我が家では毎年恒例となっている、箱根仙石原への小旅行に出かけたのですが、ここでこの一大珍事は発生しました。

f0108133_23443429.jpgまず昼食を取ろうと、バスを降りてお店まで歩いている時、道端に何か真っ白くて大きなものが転がっているのが目に入りました。

いい加減な性格ゆえ、きのこの同定は苦手なのですが、そんな私でさえ一瞬でわかるほどそれは特徴的な形をしていました。何と、きのこの女王とも称される、キヌガサタケが無造作にごろんと転がっているのです。

一生のうち一度はお目にかかりたいと思っていたきのこではありますが、あまりの唐突で意外な出現に、とにかくびっくりして、思わず「えーっ、何で」と大声で口に出してしまいました。

f0108133_23445641.jpg雑木林などで、よくきのこが裂かれたり、もがれたり、踏みつぶされたりしている心ない光景を見ますが、このきのこの転がり方はそういう雰囲気ではなく、一体どういう経緯でこれがここに転がっているのかと、手がかりを求めて周囲を見回してみたところ、ようやっと鍵が見つかりました。

きのこの落ちていた場所は、横が急な法面になっており、その上に竹林があるのですが、その法面の途中、一メートルほど上に、キヌガサタケのものと思われる、空っぽのつぼが横を向いて口を開けていたのです。

どうやら、今朝、卵から生えてきたものの、横向きであるために頭が重くなり、すっぽり抜けて下に落ちてしまったというのが、真相のようです。

途中で抜け落ちてしまったために、優美なレース状の幕が中途半端な開き方になってはいましたが、きのこの美しさと、あまりに意外な出現にすっかり舞い上がってしまい、あっちこっちとくまなく観察しつつ写真を撮り、気が付けば三十分近くも経っていました。

しかも、いじくり回しているうちに、昼食前だと言うのに手には悪臭を発するグレバが付着してしまい、大騒ぎに。と言っても、それほど臭くなかったのですが。

せっかくですので、その優美な姿を大写しで。

f0108133_2345167.jpgこれは頭の部分。落下した衝撃で、頭頂部がグレバの部分を突き抜けてしまったようですが、構造がよくわかります。


f0108133_23452721.jpgこれは幕の部分の拡大写真。本来ならこれが伸びて大きく広がるのですが、この状態はこれでまた何とも美しいものです。

格納されているときの様子がわかります。


f0108133_23453818.jpgこれは基部の拡大写真。抜け落ちた際にもげた跡が穴になっているのでしょうが、これまた構造がよくわかります。

うまい棒というか、水道管の凍結防止用のカバーというか、そんなものを連想させます。

最近、富士フィルムから3D撮影が簡単にできるデジカメが発売されて、立体写真がちょっとした話題になっていますが、私の使っているペンタックスのOptio 750Zにも、二度撮りではありますが3D撮影モードがあるので、昼食後また戻って来て、3D撮影をしてみました。

f0108133_23455584.jpgこれは交差法での立体写真。時間が経って少し黄ばんでしまいましたが、立体的な構造がわかります。

ちなみに、平行法がいい方は、下の [平行法の写真はこちら] をクリックすると、平行法の写真が見られます。

[写真] キヌガサタケ:高さ約15cm



PENTAX Optio 750Z


[平行法の写真はこちら]
by at384 | 2009-09-03 00:56 | 菌類 | Comments(6)