人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ドドナエアの実が成長中

f0108133_12513657.jpg

f0108133_12514110.jpg五月の連休の頃に花が咲いていたドドナエアは、雌花の付け根にあった軍配型のさやが次第に大きくなってきました。

さやの大きさは枝によって異なっており、右の写真のものはまだ小さく色も緑色ですが、大きく育ったものでは周囲の軍配の羽根のようなものがかなり広がって、色も赤っぽくなって来ました。

このさやがびっしり付くと、まるで満開の花のように綺麗なのだそうですが、我が家のはまだ木が若いせいか三〜四本の枝にしか付いておらず、鈴なりとなるにはまだ数年はかかりそうです。

[写真] ドドナエアの実: 直径約5mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2016-06-05 13:16 | 植物 | Comments(0)
f0108133_7274276.jpg

どのブログにもあると思いますが、このブログにもアクセス解析機能なるものがあり、記事別や検索語別などの切り口で日別、月別のアクセス数が表示されます。

f0108133_7275995.jpg私のブログ自体は大したアクセス数でもないのですが、最近奇妙なことが起きています。 それは先月あたりから「コブシの実」という検索語が突出して多いことです。 検索語に関連してコブシの実を取り上げた過去の記事のアクセス数も同様に突出しています。 多いとは言っても一日で数十件程度ではありますが、一日のアクセス数が二桁に届けばいいほうの私のブログで、二ヶ月にわたって同一の検索語が毎日数十件参照されているというのは普通ではありません。

このようなことが起きるのは往々にしてテレビの自然科学や雑学、クイズ番組などで取り上げられている場合が多く、実際「ヘクソカズラ」は先日とあるテレビ番組で取り上げられたのをきっかけにアクセス数の上位に上がりました。 アクセス数の増える理由としてはダイエットや抗酸化など健康関連の話題で、テレビ以外にも雑誌の記事などがあるようで、こちらも時々「マンネンタケ」などのアクセス数が一時的に増えます。

これらの場合はだいたい、「○○ テレビ」などの語で検索してみると元がわかるのですが、「コブシの実」に関してはあれこれと語の組み合わせを変えてみても、出てくるのは私のような自然観察などのブログ記事や、芸人さんの名前、有名な演歌の歌詞など検索語の一部のみが該当したというものでした。

その他に一時的にアクセス数が偏るものとしては、「ゴーヤー 栽培」や「緑のカーテン」、「アサガオ 観察記録」、「きのこ 食べられる」などの毎年恒例の季節の話題ですが、これらの場合は毎年のことなので理由も予想がつくことと、特徴として特定の語だけが突出するのでなく、アクセス数が似たような複数の検索語に分散する傾向にあるので、これらの場合とも少々異なるようです。

ここまで理由がはっきりしないにもかかわらず「コブシの実」がここ二ヶ月間、他のすべての検索語から抜きん出て毎日のように参照され続けているのは、どうしても気になります。 もしどなたか「コブシの実」の検索語でこの記事を参照されたかたがいらしたら、なぜこの語で検索されたのか教えていただけないでしょうか。

[写真] コブシの実:鞘の長さ約7.5cm 実の直径約6mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2015-09-26 09:27 | 植物 | Comments(0)

この実、なんの実

f0108133_18135077.jpg

植物に詳しいかたは写真を見ただけですぐにわかるかもしれませんが、ぱっと見ではバラ科の果樹で、スモモか何かに見えるこの実、じつはアーモンドです。

神代植物公園の一角の、バラ科の樹木が植わっているやや目立たない一角にアーモンドの樹があります。 アーモンドがバラ科の果実の種の中身、つまり仁と言われている部分であることは本か何かで知り、神代植物公園内のアーモンドの場所も知ってはいましたが、ついつい結実したところを見逃していました。

実際に見てみると本当にスモモの実のよう、と言ってもじつはスモモが実っているところも見たわけではないのですが、やっとひとつ引っかかっていたものが取れたような気分です。

調べたところではアーモンドの実は割れて種が出てくるらしく、忘れなければその様子をまた見てみようと思っています。 ちなみに、花は見逃したままで、来年までお預けです。

ところで、写真には透明な粘液のようなものが付着しているのが写っていますが、これはアーモンドの樹液で、理由はわかりませんが、この樹のあちこちから樹液がだらだらと出ていました。

[写真] アーモンドの実: 直径約2cm



OLYMPUS STYLUS 1s

by at384 | 2015-06-28 19:02 | 植物 | Comments(0)
f0108133_00021610.jpg

先日、神代植物公園できのこを探しているときに見つけた、タイサンボクの実です。

タイサンボクはコブシと同じモクレン科ですが、過去にもコブシの実に関して
 コブシの実のタネ明かし
 コブシの実がぶらぶら
の記事にも書いたように、モクレン科といえば赤い実が糸でぶらぶらぶら下がるという、ちょっと不気味で面白い特徴があります。

そこで、この落ちていたタイサンボクの赤い実をそおっと引っ張ってみたところ、見事にこんな姿になりました。

個人的にモクレン科の花は香りも良いので大好きなのですが、不気味さではコブシやモクレンに劣るものの、タイサンボクの巨大な花はその樹の大きさに見合った「ばかみたいに大きい」のが何ともいいゆるさを醸し出していて、この巨大さにもかかわらず可愛らしく感じてしまいます。

[写真] タイサンボクの実: 長さ約10cm



PENTAX K-5 + DA21mm F3.2 AL Limited

by at384 | 2013-11-12 00:46 | 植物 | Comments(0)

不思議な形の木の実

f0108133_8223641.jpg

深大寺境内に、こんな妙ちきりんな形をした木の実がたくさん落ちていました。

f0108133_8224717.jpgそう言えば何年か前に、野川公園でやはり右の写真のような実を見つけ、一体何物なのかと不思議に思っていたのですが、まさにあれです。

境内の一角にその樹があり、説明の札が付いていたのでわかったのですが、正体はムクロジという木の実でした。説明によると、中に入っている黒い種を羽子板の羽根の玉に使うとか、果肉から出てくる汁を手に付けてこすると泡立つので、石けん代わりに使うのだそうです。そういえば、果肉が割れたものに触った時、手がぬるぬるしました。

よく見ると実は三稜に分かれているらしく、そのうちの一つか二つが種まで成長しているために、様々な形状になっているように見えます。何だかだるまさんのようにも見えますが、これが毎年春にだるま市が開かれる深大寺に生えているというのも、偶然でしょうが、面白いところです。

[写真] ムクロジの実:直径約1.2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2009-08-29 09:49 | 植物 | Comments(0)

シナノキの実の飛行

f0108133_010326.jpg

先日、近所の公園を散歩した時に、シナノキらしき木の実を拾ってきました。

f0108133_0103659.jpg以前たまたま本屋さんで見つけて衝動買いした『種子たちの知恵』(NHK出版)という本で、同じ種類(シナノキ科)のボダイジュのことを知り、一度飛ぶところを見てみたいと、ずっと思っていたのですが、まさに灯台下暗しで、ボダイジュそのものではないものの、案外身近なところにありました。

この実は写真の通り、葉のような羽根が付いており、これを利用してくるくると回転しながら、ヘリコプターのように落下します。 この羽根は葉っぱのように見え、まるで葉の真ん中に実がなっているように見えますが、葉とは異なるそうで、わざわざ実を飛ばすために、ヘタの部分についているようです。

せっかくなので、家の中で投げ上げて落下させ、くるくると回りながら落ちる様子を、K20Dの高速連写機能を使って撮影してみました。 今まで全く使う機会がなかったのですが、今回ようやっと出番が見つかりました。

[写真] シナノキ?の実:羽根の長さ約4.5cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople K20D

by at384 | 2009-02-08 00:16 | 植物 | Comments(2)

シシトウ栽培終了

f0108133_22515276.jpg

ベランダ菜園2008: 54


ひと月ほど前から、そろそろ終わりにしようと思いつつ、カネタタキが棲み付いてしまったり、次々と実が付いたりしていたために、その機会を逸していたシシトウですが、最近は花芽もほとんどなくなり、葉も黄色くなってきました。小さいながら付いていた実も、一時期のように辛くはないものの、妙に苦みが出てきてあまり美味しくなくなったので、ようやっと今日、半年に亘って育ててきたシシトウの栽培を終了しました。

シシトウ自体は多年草だそうなので、そのまま冬を越させることもできるのでしょうが、草丈は八十センチにも達し、茎も根元付近では一センチ近くあり、これ以上大きくなられても困りますし、古い株は辛くなりやすいという話もあるようですので、抜くことにしました。

プランターから抜いてみると、根がプランター一杯にびっしりと広がり、プランターの土ごと抜けて来るほどでした。苗で買ってきた時には草丈十センチ程だったことを考えると、もの凄い成長ぶりです。途中、激辛の実ばかりになり、困ったこともありましたが、なんやかやと楽しませてくれて、楽しい半年でした。来年もまたシシトウ栽培をしたいと思います。

ちなみに、先週、有終の美を飾るかのごとく、上の写真のように可愛らしい真っ赤な実が付きました。せっかくなので、食べてみましたが、味はほとんどありませんでした。

[写真] シシトウの実:約3mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-11-24 23:35 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23185929.jpg

二年ほど前にも出現したのですが、久々に我が家のベランダのランタナに、こんな形に実が付きました。

こんな形のものは、いつでもできそうに思えるのですが、実の位置や数、てっぺんのちょこんとしたヘタ様のものが、うまい具合に揃うのはなかなか難しいようです。

[写真] ランタナの実:直径約3mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-11-14 23:28 | 植物 | Comments(0)

カボチャがいっぱい

f0108133_23482692.jpg

先週の話になるのですが、夢の島熱帯植物館に出かけたところ、たまたま秋の収穫祭のような催しなのか、庭に大きなカボチャがごろごろと転がっており、何とも不思議な光景が広がっていました。

本来は、光るきのこが展示中との情報があり、それに惹かれて行ったのですが、まるでシュールレアリズム絵画のような世界にすっかりはまってしまい、まるでカボチャを見に行ったかのようになってしまいました。

f0108133_234966.jpgf0108133_23492018.jpg
f0108133_23494174.jpgf0108133_2350470.jpg
f0108133_23502444.jpgf0108133_23504057.jpg

[写真] 巨大カボチャ:直径約50〜80cm



PENTAX K20D + DA35mm F2.8 Macro Limited
PENTAX K20D + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeople K20DTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2008-11-09 23:53 | 植物 | Comments(2)

シシトウ復活

f0108133_054539.jpg

ベランダ菜園2008: 42


今月初頭に、ボウボウに伸びた枝を思い切って剪定した我が家のシシトウは、打って変わって急に実の付きが良くなり、しかもその実もそれまでのイヌホウズキ並みの小さな実から、小振りなシシトウ程度と言えるまでになりました。

そして肝心の味のほうなのですが、おっかなびっくり食べてみたところ、剪定前は口に入れた途端に血の気が引くような激辛だったのが、何と収穫した八本すべてがまったく辛くなく、見事なまでにごく普通のシシトウに戻っていました。

この変化の原因は一体何なのでしょうか。剪定はかなり大胆に行ったので、株の大きさは容積で半分以下にまでなっており、光合成で得られる養分もそれに応じて激減しているはずです。動物で言えば満身創痍と言ってもいいほどです。

一説ではストレスがかかると辛くなるとも言われているシシトウですから、もしその説が正しいなら、こんな状態では逆に辛さが増しそうに思えるのですが、実際は正反対の結果になりました。

実の付きが良くなったり、辛くなくなったりしたのは、もしかすると剪定の効果なのかもしれませんが、残念ながら、たまたま剪定の前後で猛暑がやわらいできたり、大型のハチがやってきて、片っ端から花に頭を突っ込んだりと、他の条件まで変わってしまったので、結局はよくわかりません。

[写真] シシトウ:草丈約80cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2008-09-08 00:07 | 植物 | Comments(0)