人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:ベランダ菜園 ( 389 ) タグの人気記事

f0108133_9345882.jpg

バジル栽培2012: 28


種播きから百五十四日後のバジルの様子です。

先週末の台風は我が家の方面でもかなり吹き荒れ、オカワカメのほうはかなりの痛手を受けたのですが、幸いバジルはその前に大量の葉を収穫していたおかげで、たいした被害もなくすみました。

しかし、その後になっても以前のように旺盛な成長ぶりは見られなくなり、一週間たっても葉を刈り取った直後の状態からあまり変化がないようです。 来月には冬の野菜の栽培も始める頃になるでしょうから、そろそろバジル栽培も終わりなのかもしれません。

[写真] バジル: 草丈約30cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-10-06 10:00 | 植物 | Comments(0)
f0108133_7452574.jpg

オカワカメ栽培2012: 26


f0108133_7453994.jpg苗を植えてから百三十三日後、先週開花が始まったオカワカメは、一週間ほどたって五分咲き程度になっています。

そして先週の時点ではほとんどわからなかった香りですが、さすがにこれだけ咲いているとわかります。 ただ、これだけ咲いているわりには本当にかすかで、近所で料理やたき火など、ほかのにおいが出ていると、すっかり覆い隠されてしまうほどです。

f0108133_7451328.jpgその香りはアニスに似ているのですが、アニスほどの甘ったるさはなく、そこに台所用の無香料石けんを混ぜたような感じです。 この香りに誘われてか、ひんぱんに虫がやって来るのですが、どういうわけかハエやアブばかりで、ハチは見当たりません。 なにかハエやアブを誘い寄せる成分があるのでしょうか。

f0108133_7454657.jpgところで、いっせいに花が咲くいっぽうで、根っこのほうもすごいことになっています。 根っこといっても地下茎なのでしょうが、土の中からまるで怪しい生き物のようにはみ出してきています。

そしていくつかの根の先端からは、もう芽が出始めています。

f0108133_746944.jpg芽は根だけではなく、むかごからも出てきており、なかには花芽まで出てきてしまったものまであって、 さすがにこのあたりは、異様な生命力の片鱗を感じさせます。

天気予報では明日から明後日にかけて強力な台風が直撃しそうな様子ですが、まだ半分ほどつぼみが残っているオカワカメの花がどうなることか心配です。

[写真] オカワカメの花: 花穂の長さ約10cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-29 09:14 | 植物 | Comments(0)
f0108133_7335214.jpg

バジル栽培2012: 27


種播きから百四十七日後のバジルの様子です。

ぼうぼうに伸びて、葉もゴワゴワに固くなってしまっていた我が家のバジルですが、妻が見るに見かねていっきに刈り取り、バジルペーストにしてくれました。 さすがにバジルペーストも単独では若干苦みが出ていましたが、実際に焼いた魚に塗って食べた感じでは気にならない程度でした。

これでかなりすっきりしたバジルですが、長期予報ではまだ気候が比較的高温ぎみに推移しそうな雰囲気なので、もう一回ぐらい収穫することになるかもしれません。

[写真] バジル: 草丈約30cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-29 07:42 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2055672.jpg

オカワカメ栽培2012: 25


f0108133_20551211.jpg苗を植えてから百二十六日後のオカワカメです。

ようやっと夏の暑さが一段落し、少なくとも朝晩は涼しいと感じられるようになりました。 先週までは、今年はさすがに「暑さ寒さも彼岸まで」というわけには行かないのではと危ぶんでいたのですが、いざお彼岸になってみると、不思議なくらい当たっているのに感心してしまいます。

f0108133_20552971.jpgそんななかで我が家のオカワカメは、相変わらず毎日葉が落ち続け、いっぽう花穂はどんどん成長して、ますます花ばかりになってしまいました。

よく見ると、花穂の長さも増しているのですが、さらに花穂自体が七、八本に枝分かれしています。 夏の頃の異様な成長の早さには驚かされましたが、まさか花までもがそんな生命力を持っているとは思いませんでした。

f0108133_20552385.jpgところでその花ですが、とうとう開花が始まりました。 まだほんの一部の花だけで、香りもまったくわからないのですが、白い小さな花で、なかなかかわいらしいものです。

開花は一昨日から始まっており、毎日少しずつ増えてきているのですが、天候が今ひとつなのが影響しているのか、不気味なまでの成長ぶりと較べて、ずいぶんとゆっくりな進み具合です。

このぶんでは、満開になるにはまだ一週間ぐらいかかるのではと思われますが、満開になったらかなりすごいことになりそうで、楽しみです。

[写真] オカワカメの花: 直径約3mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-22 22:03 | 植物 | Comments(0)
f0108133_1913634.jpg

バジル栽培2012: 26


f0108133_1914816.jpg種播きから百四十日後のバジルの様子です。

先週、青虫がついてしまって、おじけづいたというわけではないのですが、ついつい放ったらかしにしてしまい、草丈は伸び、花芽も出て、葉もますますテカテカと固そうになってしまいました。

とりあえず、この固そうな葉をとってしまわなければ、柔らかい葉が生えてきませんので、また大量に収穫して、バジルペーストにでもしておこうかと思っています。

[写真] バジル: 草丈約60cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-22 19:15 | 植物 | Comments(0)
f0108133_722773.jpg

オカワカメ栽培2012: 24


苗を植えてから百二十一日後のオカワカメです。

このところ、日に日に葉が黄色っぽくなっては、次々と落ちてきます。 肥料不足なのかと思って液肥も上げてみましたが、そういうことではないようで、すっかり黄色のカーテンというか、スカスカも加わって黄色い網になってしまいました。

f0108133_724370.jpg植えた当初は食べられる緑のカーテンなどと喜んでいて、台風で葉が大量に落ちたときは少なからず食べたものでしたが、この状態では見るからにまずそうで、今年はもう収穫は無理でしょう。

その一方で、先週あたりから現れだした花芽はどんどん数を殖やし、大きさ、長さとも急速に増しています。

先週の時点では、まだ探して見つける程度だったのが、いまでは葉よりも花芽のほうが存在感を主張しているほどですが、それでもまだ花が咲く気配は見せず、さらに成長しそうな雰囲気を漂わせています。

このぶんだと、花が開くころにはすっかり「花のカーテン」となり、花でようやっと日射をさえぎれることになる、という皮肉な結果になるかもしれません。

[写真] オカワカメ: 花穂の長さ約7cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-17 07:26 | 植物 | Comments(2)
f0108133_623567.jpg

バジル栽培2012: 25


f0108133_6235494.jpg種播きから百三十五日後のバジルの様子です。

この連休に二日ほど外出して戻ってみると、バジルの葉が食み跡だらけになっており、黒い糞が点々とついています。 しかも、糞の大きさからしてけっこうな大物です。

探してみると案の定、葉の陰にずいぶんと大きな青虫が何匹も隠れており、これだとこの二日ではなく、少なくとも四、五日前あたりには葉をかじり始めていたものと思われます。

f0108133_6241327.jpgバジルは比較的病害虫に強いといわれながらも、過去にはハダニ、アブラムシ、そして強敵アザミウマなどに襲撃されてきたのですが、今年はとくに目立った害もなく、すっかり油断していました。

それに加え、今年は強風で窓の外に吊るしたすだれがあおられ、しばしばバジルの葉に襲いかかるために傷んだ葉が多く、虫の食み跡があっても見落としていたようです。

じつはお恥ずかしいことに、私は幼少の頃の度重なる恐怖体験からイモムシ、ケムシの類いが大の苦手で、かといって妻に捕ってもらうわけにもゆかず、ひーひー言いながら駆除したのですが、一夜明けて今朝見るとまだ二匹残っている始末。

これからしばらくは、バジルを収穫しても虫検査が必要で、不安な日々が続きそうです。

[写真] バジル: 草丈約50cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-17 06:57 | 植物 | Comments(0)

オカワカメに花芽が

f0108133_5573082.jpg

オカワカメ栽培2012: 23


f0108133_55804.jpg苗を植えてから百十二日後のオカワカメです。

朝に晩にコオロギやカネタタキの鳴き声がにぎやかになり、音だけはすっかり秋となりましたが、相変わらず猛暑は続くようで、気分もげんなりしてきます。

そんななか、相も変わらず毎朝オカワカメのつるをちまちまと下に誘導しているのですが、二、三日前からあちらこちらのつるに、今までとは少々雰囲気の違う腋芽が現れるようになりました。 そしてそれはみるみるうちに長く伸びてきて房のような形に。

ついに花芽が出現したようです。

f0108133_5582561.jpg調べてみるとオカワカメの花は房状にかなり長くなるようなので、花が咲くにはもうしばらくかかるものと思われますが、下のほうの葉は毎日数枚ずつ落ちており、そろそろオカワカメの成長も終盤にさしかかっているのかもしれません。

ちなみにオカワカメの花は、これといって見栄えのするようなものではないそうですが、よい香りがするそうなので、楽しみです。

[写真] オカワカメの花芽: 長さ約2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-09 06:19 | 植物 | Comments(2)

バジルの葉がつやつやに

f0108133_2328824.jpg

バジル栽培2012: 24


f0108133_2329452.jpg種播きから百二十六日後のバジルの様子です。

先週大量に収穫してずいぶんと葉は減ったものの、まだ暑い日が続くなか、放っておくとどんどんバジルが成長します。

そこで収穫した際に作ったバジルペーストだけでなく、葉もちょこちょこと摘んでは使っていますが、バジルの成長速度にはついて行けません。

そうこうしているうちに、葉にだんだん、油でも塗ったようにてらてらとしたつやが出てきました。 さわってみると、葉がごわごわに固くなっています。

そろそろバジルも季節が終盤になっているようです。

[写真] バジル: 草丈約40cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-08 23:48 | 植物 | Comments(0)
f0108133_9394791.jpg

オカワカメ栽培2012: 22


苗を植えてから百五日後のオカワカメです。

今朝ようやっとまとまった雨が降り、カラカラに乾いて日に日に上がる一方だった気温も、いったん少し落ち着くような気がします。

f0108133_9413467.jpgそんななか、先週あたりから目立ってきた、下のほうの葉が枯れて落ち、上のほう、とくに向かって左上の密度が上がる傾向が顕著になってきました。

左の写真がその密度の濃い、左上の部分です。 もともと葉の密度が濃いため枝分かれもさかんで、その伸びたつるを下に向けて誘導しているので、よけいに密度が濃くなってきています。

もともと目指していたのはこのくらいの密度で、全体がこのくらいならよいのですが。

f0108133_9415755.jpgそしていちばん密度の薄い右下の部分が右の写真で、もう葉っぱがすべて落ちてしまい、つるだけのところもかなりあります。

なんとか上のほうからつるを誘導してきて埋めようとしているのですが、逆さにされたつるはひょろひょろと細くなってしまい、葉もまだ小さいままなので、今のところほとんど状況は変わっていません。

その一方で古いが葉が落ちてゆくので、スカスカの面積がじわじわと広がりつつあります。

f0108133_9422292.jpgそして左の写真は、中央部の上のほうで、もともとそれほど葉は混んでいないのですが、次々と伸びてくるつるを下に向けて巻きつけているため、ぱっと見は詰まった感じがします。

これが下のほうまで伸びてくれば、それなりに気分的には密度が上がった感じもするのでしょうが、残念ながら、つるは下に向けられるととたんに伸びが悪くなり、元のほうの腋芽から新しいつるが伸びてきてしまいます。 そのため、なおさら上のほうの密度が濃くなって、下のほうとの差が広がっているのが現状です。

すっかり陽が低くなり、むしろ下のほうから射し込む光が多くなっているため、あまり役に立っていないのですが、とりあえずオカワカメの習性はわかってきたので、ここらへんの反省は来年に生かすことにしましょう。

[写真] オカワカメ: 草丈すごいことになってます



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-09-01 10:50 | 植物 | Comments(0)