人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:エダマメ ( 11 ) タグの人気記事

f0108133_2330279.jpg

エダマメ栽培2013: 11


f0108133_23302392.jpg種播きから十三週間後のエダマメの様子です。

いよいよ残り三株となったエダマメですが、豆が太るのを待っているうちに、収穫時期をやや過ぎて、さやの色が黄色っぽくなってしまったので、三株とも収穫することにしました。

収穫した豆をゆでてみると、三株分あるというのもあるのですが、豆が丸々と太っていることもあって、かなりの量です。

そして実際に食べてみると心配したほど固くはなっておらず、気のせいかもしれませんが、味も甘み、うまみが増していて、充分に楽しめました。

これでエダマメはすべて収穫してしまったのですが、決して収穫量は多くないものの、手間があまりかからないわりに楽しめたので、来年もやってみようと思います。

ちなみに、不要になった葉や根っこは緑肥代わりに土に埋めておきましたが、効果のほどはわかりません。

[写真] エダマメ: 草丈約60cm, エダマメのさや: 長さ約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-08-16 00:31 | 植物 | Comments(0)

エダマメの収穫、三週目

f0108133_23445112.jpg

エダマメ栽培2013: 10


f0108133_2345397.jpg種播きから十二週間後のエダマメの様子です。

先々週から収穫が続いていますが、今週は二株を収穫しました。

先週の時点ではさやがやや薄べったいように思えたものも、一週間たつとかなりふくらんできて、さやによっては熟し過ぎかとも思われるほどの膨らみようで、固くなってはいまいかと少々心配になります。

f0108133_23451022.jpgちなみに、株を掘り出してみると、根には根粒がゴロゴロとできており、根粒細菌も頑張って窒素固定をしてくれたようで、頼もしい限りです。

f0108133_2345154.jpg肝心の豆のほうは、心配された熟し過ぎもまったくなく、噛んだときにプチっと噛み切れる適度が弾力に好感が持てました。

残すはあと三株だけとなってしまいましたが、今度の週末あたり収穫時期となりそうなので、楽しみです。

[写真] エダマメ: 草丈約60cm, エダマメのさや: 長さ約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-08-06 00:12 | 植物 | Comments(0)
f0108133_015975.jpg

エダマメ栽培2013: 9


f0108133_0153299.jpg種播きから十一週間後のエダマメの様子です。

先週、待ち切れずに一株収穫したところ、結局まだ少し早かったために豆が薄べったかったのですが、それから一週間たち、今度こそはと再び育ちの良さそうなものを一株収穫してみました。

相変わらず収穫量は小鉢ひとつ分にしかなりませんでしたが、時期はちょうど食べ頃で、豆もぷっくりと丸くふくらんでいました。

あと五株残っていますが、これらももうじき収穫時期で、楽しみです。

[写真] エダマメ: 草丈約60cm, エダマメのさや: 長さ約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-08-02 00:26 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2357351.jpg

エダマメ栽培2013: 8


種播きから十週間後のエダマメの様子です。

f0108133_23452450.jpgさやが現れてから三週間経ち、まだやや薄っぺらいかとも思うのですが、このくらいなら八百屋さんに売っているものでも見かけるような気がします。 なにより早く食べてみたいという気持ちには打ち克てず、成長のよさそうな一株だけ収穫してみました。

株ごと抜いてみると、根にはあちこちにつぶつぶが。 理科の教科書からの知識で、マメ科の植物の根には根粒細菌が共生した根粒というものができることは知っていましたが、実際に生で見たのは初めてで、たかがこれだけのこととはいえ感動です。

f0108133_23575914.jpgそして肝心の豆のほうは、すでにさやができているうちから数が少ないことはわかってはいましたが、あらためて収穫したエダマメをゆでてみたところ、たったの小皿ひとつぶんにしかならず、あまりの少なさに驚かされました。

根粒細菌による窒素固定があるということで、肥料をまったくやらずに育ててしまったのですが、やはりいわゆるリン酸、カリが足りなかったということでしょうか。

f0108133_23574876.jpgしかもさやから取り出してみるとやや薄べったい豆で、食べ頃にはまだ少々早かったようです。

ただ、味は最高とまではいかないまでも、なかなかよくできており、これなら次の週末あたりには期待できるかもしれません。

[写真] エダマメ: 草丈約60cm, エダマメのさや: 長さ約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-07-25 00:18 | 植物 | Comments(0)
f0108133_113679.jpg

エダマメ栽培2013: 7


種播きから八週間後のエダマメの様子です。

バジルなどと違って葉の枚数があまり増えないので、一見成長していないように思えますが、草丈はぐんぐん成長して葉も大きくなっているため、だんだん頭が重くなって風などで倒れてしまうようになりました。

そこで根元に土を盛ったり、それでも不安定な株は支柱を立てて、なんとか倒れないようにしています。

ところで先週出現した小さな豆のさやは、一週間ですっかり大きくなり、長さだけは売り物のエダマメのさやと同じくらいになってきました。 ただ、近くで見てみるとまだぺちゃんこで、まだまだ収穫には時間がかかりそうです。

[写真] エダマメ: 草丈約55cm, エダマメのさや: 長さ約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-07-11 11:47 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0243220.jpg

エダマメ栽培2013: 6


f0108133_024376.jpg種播きから八週間後、気がつけばエダマメの花が咲いていたところに、小さな実ができています。

まだまだぺちゃんこで、それこそカラスノエンドウにすら及ばないほど小さなさやですが、一人前にけむくじゃらなのが可愛いところです。

いよいよ気温も真夏日に近付き、暑い夏がやってきます。 早く大きく大きく育ってくれて、夕涼みにゆでたエダマメをつまみに一杯などというのが楽しみです。

[写真] エダマメ: 草丈約40cm, エダマメのさや: 長さ約1.5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-07-05 00:32 | 植物 | Comments(0)

エダマメが開花しました

f0108133_0112552.jpg

エダマメ栽培2013: 5


種播きから七週間後のエダマメの様子です。

所用で二週間空いてしまいましたが、その間にもエダマメはぐんぐんと伸び、摘心した株は盛んに枝分かれし、草丈だけでなく全体的に豊かになりました。 摘心していなかった三株も一週間遅れで摘心し、結局すべての株とも摘心しています。

また、二週間前にヨトウムシ(?)に喰われてボロボロになってしまった株も、一時は全部食い尽くされてしまうかと危惧したのですが、その後虫が羽化して去ったのか葉が喰われなくなり、新しい葉も出てすっかり復活しました。

f0108133_0114752.jpgそんななか、ふと見ると、枝の付け根の部分になにやら白っぽいものがいくつも見られます。 今度はカイガラムシでも付いたかと思って近寄って見たところ、なんといつの間にか花が咲いていました。

花の形は典型的なマメ科の花で、色も勝手に思い込んでいたのですが、かなり薄いものの予想どおりの紫色です。 そして、こんなところに花が咲くとは意外に思えましたが、よくよく考えるとエダマメの豆の付いている場所なので、これも納得です。

f0108133_01140100.jpgただ、豆自体の大きさからして一センチくらいはあるものと思っていたのですが、こんなに小さなものだとは思っていませんでした。 これではカラスノエンドウのほうが立派なくらいで、本当にこんな大きさなのだろうかと、少々不安になってきました。

f0108133_0113616.jpgしかも、八百屋さんで売っているエダマメは、一ヶ所にいくつものさやが鈴なりについているのですが、我が家のエダマメの花は一ヶ所に一個か、多くてもせいぜい三四個といったところ。 花一つにつきさやが一つだとすると、これではたいへんな不作ということになってしまいます。

そう思って見ると、我が家のエダマメたちは茎もなんだかひょろひょろと細いようで、ますます不安は募るのですが、だからといって何も手を打たず、ただ無駄に騒いでいるだけなのが相変わらずの我が家流です。

[写真] エダマメ: 草丈約35cm, エダマメの花: 幅約5mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-06-28 00:47 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23555593.jpg

エダマメ栽培2013: 4


種播きから五週間後、エダマメは着々と成長しているようです。

先週摘心すべきかどうするか判断に迷っていたのですが、このままだと草丈がひょろひょろと伸びそうに思えたので、とりあえず七株あるうちの背の高い四株を摘心してみました。

f0108133_2356299.jpgところで一株だけなのですが、ここ数日葉が何者かに食い荒らされ、しかも日に日に被害が拡がっています。 食み痕からして相手はかなり大物だと思うのですが、姿が見当たりません。

どうやらこれが悪名高きヨトウムシの仕業のようですが、妙なことに食み痕が拡がるのは夜だけでなく、昼間にも起きているようなのです。 ならば昼間に葉の裏側などを探せばいるかといえば、やはり見つかりません。

まるで留守などでこちらが見ていない隙をちゃんと見計らって活動しているようで、なかなか手強そうです。 まだ他の株に被害が及んでいないのが救いですが、丸坊主にされないうちに何とか手を打たねばなりません。

[写真] エダマメ: 草丈約23cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-06-13 00:16 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2356931.jpg

エダマメ栽培2013: 3


種播きから四週間後のエダマメの様子です。

f0108133_23561368.jpg草丈も伸びていますが、気がつくと腋芽が伸びて、枝分かれが始まりました。

そろそろ摘心をしたほうがよいのかとも思ったのですが、家にある家庭菜園の本を見ると摘心については一切触れられていません。 検索してみると、摘心すべきという情報も、みずから枝分かれするようなら摘心は不要という情報もあり、いろいろあるようです。

あまり本などの情報に頼って、几帳面に決められた手順どおりをなぞるだけというのもつまらないので、様子を見て適当に判断しようと思っています。

[写真] エダマメ: 草丈約17cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-06-07 00:15 | 植物 | Comments(0)

エダマメが驚異の急成長

f0108133_23264381.jpg

エダマメ栽培2013: 2


種播きから三週間後のエダマメの様子です。

『ジャックと豆の木』はたしかエンドウなので種類こそ違いますが、マメ類の成長の早さは驚くべきものがあります。 この状態はすでに「苗」の段階を通り越しており、一週間前にはまだ双葉が出ていただけとはとても想像できません。 やはり根粒細菌の力でしょうか。

ところで、私があまりにもいい加減に栽培しているので、見かねた妻が家庭菜園の参考書を買ってきてくれました。 そこにはエダマメの育てかたも載っていたのですが、見ると、種を播いたら発芽するまで水をやってはいけないのだそうで、そのためにわざわざ天気予報で数日間雨が降らなそうな日を選んで播くのだとか。

私は土がしっかり湿っていなければ発芽しないものだと勝手に思い込み、毎日水をじゃばじゃばやってしまいました。 どうやら発芽率が悪かったのは深く埋めすぎたのではなく、水のやり過ぎで腐ってしまったようです。

なんとか本葉が出るまでになったのはわずか七株なのですが、どうもこの感じでは、無事発芽できたことのほうが幸運だったと言うべきでしょう。

[写真] ダイズ: 草丈約12cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-27 23:49 | 植物 | Comments(2)