人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:アサガオ ( 26 ) タグの人気記事

f0108133_22194127.jpg

アサガオ栽培2012: 26


f0108133_22201589.jpg種播きから百十三日後のアサガオの様子です。

上のほうは相変わらずつるがからみ合って、次々と花が咲いている状態なのですが、下のほうはすっかり葉っぱが落ちてしまい、右の写真のように、たいへんさびしい雰囲気です。

それでも上のほうではまだつるが伸び続けているようなので、枯れ始めたわけではなく、成長の中心が先端のほうに移って行ったというだけのことでしょう。

それにしてもこのアサガオ、直径十数センチの小さな鉢に植えたにもかかわらず、よくここまで成長したものです。 このアサガオに始まったことではありませんが、肥料は与えているものの、基本的には水と空気中の二酸化炭素からできているようなものです。

f0108133_22204038.jpgいっぽう、二週間前にできていた青々とした実は、すっかり茶色くなり、割れてきました。 すき間からのぞいてみると、黒い種が見えています。

ところで、五月からずっとアサガオの成長過程を追ってきましたが、そろそろネタも出尽くしてきて、新たな話題も出てきそうにありませんので、めでたく種が熟した今回をもって、終了しようと思います。

もちろんアサガオ自体はまだ花も咲き続けていますし、枯れるまでは育てて行きますので、また何か面白い話題が見つかったら追加でお知らせします。

長期間にわたり、ありがとうございました。

[写真] アサガオ: 草丈もうわかりません



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-08-25 23:58 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23393451.jpg

アサガオ栽培2012: 25


f0108133_23411591.jpg種播きから九十九日後のアサガオの様子です。

この小さな鉢でよくもまあこんなに、と思うほど毎日伸びては、次々と花を咲かせていますが、ここにきて花芽が小ぶりになって、かわりに数が増えてきたように思います。 立秋を過ぎて微妙な秋の気配を感じ取り、あせっているのでしょうか。

f0108133_234256.jpgところで実なのですが、今まで実ができていること自体は見ていたのですが、あまり仔細に観察したことはありませんでした。

あらためてよく見てみたところ、まんまるだと思っていたものが、じつは押しつぶしたように若干平たくなっていることに気付きました。 平たいのはこれひとつだけではなく、ほかの実も似たような感じですので、そういう品種なのかもしれません。

[写真] アサガオ:草丈4mぐらいあるかもしれない



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-08-12 00:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_945238.jpg

アサガオ栽培2012: 24


f0108133_9115346.jpg種播きから九十二日後のアサガオの様子です。

伸びすぎてベランダの天井付近をさまよっていたつるを、オカワカメの網のほうへ誘導しようと試みたのですが、けばけばして固いアサガオのつるは、なかなか思うようには絡みついてくれず、なぜか物干し竿に向かって伸びてきて、ややもすると加賀千代女状態になりそうな気配でした。

そこでしかたなく、オカワカメでやっているように、つるを強引に下に向けて絡みつかせたのですが、アサガオは下に向けられるのがたいへん苦手なようで、下に向けたつるはそれいらいぴたりと成長を止め、その代わり下の方からにわかに枝分かれを始めました。 写真の撮りかたがまずいのでわかりにくいですが、上の写真の中央付近に新しいつるが伸びてきています。

こちらとしては、上のほうで咲かれるより見栄えはいいですし、そもそも目の高さの辺りは葉が枯れて落ちたために、すかすかになりかけていますので、このまま伸びるに任せてみます。

[写真] アサガオ: 草丈3.5mぐらいありそうです



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-08-05 09:35 | 植物 | Comments(0)
f0108133_8254360.jpg

アサガオ栽培2012: 23


種播きから八十五日後のアサガオの様子です。

伸び続けるつるを放置しているため、花の咲く部分はもうすっかり上のほうに移って、いささか間抜けな感じなのですが、頭上に咲く花を後ろから眺めるような状態になってしまいました。

ベランダの天井に届いたつるは、絡みつく場所を探して垂れ下がってきて、もう少しで物干し竿に届きそうですが、物干し竿を占領されても困るので、その程度の長さに達したら、オカワカメの網にでも誘導しようかと考えています。

[写真] アサガオ:草丈きっと3m以上



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-28 09:54 | 植物 | Comments(0)

アサガオが伸び放題です

f0108133_23125798.jpg

アサガオ栽培2012: 22


f0108133_23153967.jpg種播きから七十八日後のアサガオの様子です。

更新を怠っているうちに三株目の花が咲きました。 運よくまた別の色で、三株とも異なる花色となりましたが、この写真ではわからないものの、やはり金魚の尻尾のような余分なものがついています。 きっと、こういう種類なのでしょう。

ところで、オカワカメはなんとか緑のカーテンに仕立てようと、毎日のようにつるを誘導しているのですが、アサガオのほうは面倒なので伸びるにまかせていたところ、いつのまにかベランダの天井に届いてしまいました。 そうなるとなおさら面倒になり、そのうち垂れ下がってくるだろうと、もう放置することにしてしまいました。

f0108133_23141648.jpgまた話は変わりますが、いつの間にか下のほうの、はじめの頃に咲いた花のあとに、実ができていました。

ここのところ天候があまりよくないためか、花粉を運びそうな虫の姿を見ていませんし、そもそも変形して何だかべろべろした、もぐりにくそうな花なのに、いつの間に受粉したのだろうと、いろいろ調べていたところ、アサガオは自家受粉する植物だということを知りました。 しかも、なんと花が開く直前に受粉してしまうのだそうです。

ごく普通に、そこいらじゅうで見かけるような植物にそんな生態があったという驚きとともに、自分が小学校の理科の授業でアサガオを育てていながら、こういったことをあらかた忘れている、というよりはなから真面目に授業を聞いていなかったということを、今さらながら改めて思い知らされ、恥ずかしくなりました。

[写真] アサガオ:草丈3mぐらいあるかも



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-21 23:53 | 植物 | Comments(0)
f0108133_5551062.jpg

アサガオ栽培2012: 21


f0108133_5573466.jpg種播きから六十八日後のアサガオの様子です。

先日赤→青→赤と色が変わる花がさきましたが、三株あるうちの別の一株にもまた花が咲きました。 こちらの花は小豆色のずいぶんと渋い色の花で、色の変化することはないようです。

ただ、花の形はやはり何となく変で、先日の花ほどではありませんが、花のひとつでは花弁が一周分より余って、後ろに回り込んで垂れ下がっています。 花はもうひとつあって、こちらは逆に一周に少々足りず、角度二十度分くらいのすき間ができてしまっています。

f0108133_5575548.jpg先日の花も同様なのですが、どうやら我が家のアサガオは、花弁が切れ目のない一枚のきれいな円にはならない品種のようです。 変わり朝顔というほどのものではありませんが、ちょっとだけ面白いものです。

ちなみに、花弁の切れ目の部分をよく見ると、リボンのようなものがピンで留めてあるかのように見えます。 どうやら雄しべが変形したもののようです。

[写真] アサガオ:草丈2m以上



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-12 06:23 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0115940.jpg

アサガオ栽培2012: 20


種播きから六十四日後のアサガオの様子です。

f0108133_6213035.jpg今朝開いたアサガオの花ですが、夕方になってふと見たところ、朝は右の写真のように青かったはずが、いつの間にか上の写真のように赤く変わっていることに気がつきました。

f0108133_6211080.jpg花の色が一日のうちで変化するとは知りませんでしたが、そもそも、つぼみの時は左の写真のように赤かったので、その時点からだと赤から青に変わり、そしてまた赤に戻るという二段階の変化をしていることになるのです。

検索で調べてみると、色の変化は花に含まれる色素のアントシアニンとpHの変化によって引き起こされるそうなのですが、一方向に変わるのでなく、わざわざ元の色に戻るのは何のためなのか、考えると不思議です。

しかしこの色の変化については、小学校のときにアサガオの観察はしているはずなので、ちゃんと観察していれば覚えているはずなのですが、まったく記憶にないということは、いい加減な取り組みかたしかしていなかったことを裏付けてしまったわけです。

と、書きながら気がついたのですが、アサガオが一日中咲いていることすら知りませんでした。 恥ずかしいことに、アサガオは朝しか咲かず、昼間はしぼんでしまうとばかり思っていたのです。 このいい加減さには、さずがに我ながら呆れてしまいました。

[写真] アサガオ:草丈約150cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-08 00:35 | 植物 | Comments(0)
f0108133_6205844.jpg

アサガオ栽培2012: 19


f0108133_6211732.jpg種播きから六十四日後のアサガオの様子です。

この位置に移されてからずっと日陰暮らしだったアサガオですが、つるが手すりの上に伸びてからは陽のあたる場所に葉を広げることができたためか、急にわさわさと茂ってきました。 右の写真が全景ですが、日陰の状態で育った中ほどのあたりは妙に葉がすかすかで、手すりの上でになると妙に密度が上がっています。

f0108133_6212277.jpg摘心してから出てきた腋芽のほうも元気に伸びています。 意外に思ったのは、つるがあまり積極的にからみつこうとせず、放っておくと左の写真のように自力でまっすぐ伸びて行ってしまうことです。 いま支柱や網にからみ付いている部分は、ほとんど私が強制的に巻きつけたようなものなのです。

ここのところゴーヤーやらオカワカメやらと、つかまれるものさえあればすぐに絡みつこうとする植物を見続けているので、同じくくりのはずのアサガオも当然そのような習性を示すものと思っていました。 雑草のヒルガオを見ると、たしかにどん欲なまでに巻きついていますので、品種の違いもあるのでしょうか。

小学校の頃の記憶など極めて曖昧なのですが、つる植物という先入観や、加賀の千代女の句から受ける想像で、記憶が勝手に歪曲されてしまったのかもしれません。

f0108133_6211080.jpgところで、昨日の朝、水やりの際に観察していたところ、いつ咲くかと待ち続けていた花芽が、ようやっとひとつだけ開きかけているのに気がつきました。

が、こちらも何だか記憶の中の姿と違うように感じます。 アサガオのつぼみといえば、手ぬぐいを絞ったようにくるくるとねじれた状態で先が長く伸び、それがほどけながら開花するものと思っていたのですが、この花はいきなり先が開きだしています。

f0108133_6213035.jpg平日なのでとりあえず出勤し、帰宅して見たのですが、どうも朝とほとんど変わっていません。 妻にも聞いても開いた様子はないとのことで、不審に思いつつ今朝また様子を見たところ、いつの間にやら、いちばん上の写真のような姿に変わっていました。

色が赤から青に変わっていたのは、まあそういうものなのだとして、まだ開いた姿も見る前から、咲き終わってしまったかのように、しおれたような感じになっています。

これはどうしたことかと、あれこれ仔細を調べたところ、どうやらこの花は変形していたようで、しおれたのではなく、これでちゃんと咲いているのでした。 花弁の幅があまりにも長過ぎて、外周が三六〇度を超えてしまっていたために、余った部分がニワトリの肉垂か金魚の尻尾よろしく下に垂れ下がっていたのです。

なるほど、これではつぼみの状態で、きれいにくるくると巻けるはずがありません。 つぼみの形が変だった理由がわかりました。

一番花が変形とは幸先が悪いようにも感じるのですが、私としてはいろいろ話題の豊富なほうが楽しいので、これからも風変わりな花が咲いてくれることを期待してしまうのです。

[写真] アサガオ:草丈約150cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-07 07:47 | 植物 | Comments(0)
f0108133_22473971.jpg

アサガオ栽培2012: 18


f0108133_22474539.jpg種播きから五十七日後のアサガオの様子です。

先週摘心した二株のうちの、いちばん成長のよい一株から出ていた腋芽が、完全に枝分かれしました。 そして、毎日見ているためにかえって気がつかなかったのですが、あらためて写真を見ると、つるの上のほうの葉がかなり大きくなって、アサガオらしい風格がでてきています。

f0108133_22475071.jpgところで、少しずつ大きくなってきている花芽は、全体的に細長く、先端がするどくなり、基部のほうは丸くふくらんできました。

しかし、まだ何となく固くしまった感じで、咲くまでにはもう少し時間がかかりそうです。

[写真] アサガオ:草丈約1.3m



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-01 23:15 | 植物 | Comments(0)
f0108133_9491729.jpg

アサガオ栽培2012: 17


f0108133_9492240.jpg種播きから五十日後のアサガオの様子です。

台風でつるの先端部の葉が若干傷んでしまった我が家のアサガオですが、とくにそれ以上の影響もなく、順調につるを伸ばしています。 いちばん成長の遅かった株も、ようやっとつるの先端がベランダの壁の高さに達しました。

そんななか、先日見つけた花芽の様子を見ようと、あちこちの葉の付け根を調べていたところ、三株のうちいちばん成長のよい一株で、二つほど花芽ではなく腋芽が伸び始めているのを見つけました。

そこで、バジルやオカワカメでは摘心を意識しているにもかかわらず、アサガオではあまり考えもしていなかったことに気付き、とりあえず成長のよい二株の先端のほうを摘心してみました。 あとで調べてみると、アサガオの摘心は本来は時期や手順など正しいやり方があって、思い付きでほいほいとやるようなものではないようなのですが、私の場合あまり面倒なことは考えず、行き当たりばったりで一喜一憂するのも楽しみのひとつとしているので、これでよしとします。

f0108133_9492879.jpgところで、先日見つけた花芽のほうですが、付け根の部分が少し伸びて赤っぽい色に変わり始めたものの、花芽自体にはまだ大きな変化は見られません。 思ったよりも花芽はゆっくり成長するようです。

[写真] アサガオ:草丈約1.2m



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-06-23 10:24 | 植物 | Comments(0)