写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

セミの羽化(2)

f0108133_16453148.jpgセミの羽化(1)からの続きです。

背中が割れだしてから頭と胴が出てくるのは結構早かったのですが、そこからは少々ゆっくりで、殻から完全に抜け出るまでは15分ほどかかりました。

ベランダの床すれすれの変なところで羽化してしまったので、殻から抜け出すとまた場所が気に入らないらしく、ベランダの上をあちこち動き回りだしました。箒の上に止まらせてあげると、しばらく落ち着き場所を探している様子でしたが、何とか気に入った所が見つかったようで、ようやっと静止しました。

夜も遅くなり、殆ど変化もなくなったので、ここで観察は終えましたが、約1時間後に見たところ、体の色が若干茶色っぽくなっていて、翌朝見た時は既にどこかに飛んで行った後でした。

家の周りを見て常々思っていたのですが、セミの羽化は特定の日に集中するような気がします。昨晩もあちこちでセミの幼虫が這い出してきたのを目にし、翌朝はあちこちで新しい抜け殻を見ました。何か要因があるのかと思い暦を見たところ、昨晩は大潮で、ほぼ新月に近い状態でした。海の生き物ではないので大潮は関係ないでしょうが、新月というのは何となく説明が付きそうな気がします。本当にそれが要因なのかは判りませんが、もしそうだとしても、長年土の中にいるのになぜそんな事が判るのでしょうか。本当に自然というのは不思議なものです。

ともあれ、念願叶って羽化の様子も克明に見られ、柄にも無く感動してしまった夜でした。

※追記:
セミの羽化が特定の日に集中すると思ったのは、気のせいのようです。その後も月の満ち欠けとは無関係に、連日羽化ラッシュは続きました。

[写真] アブラゼミ:体長約3〜4cm


21:55から3〜4分置きに、22:18までの6枚。


PENTAX *istDS + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

[PR]
# by at384 | 2005-08-04 23:45 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)

セミの羽化(1)

f0108133_16491417.jpg昨夜帰宅すると、道の上にセミの幼虫が這っていました。羽化するところを観察させていただこうと、申し訳ないとは思いつつ家に連れて帰りました。

20:30頃、自宅のベランダにカメラの一脚を立て、そこにとまらせたのですが、どうも気に入らないようで、しばらくベランダの上を歩き回った後、21:00頃ベランダの隅に落ち着きました。やがて体をもぞもぞと前後させ始め、20〜30分後、ぴたりと動かなくなりました。

21:40頃、幼虫の背中が割れて脱皮が始まりました。慌ててカメラを出し、薄暗い中、四苦八苦しながら準備をしたのですが、もたもたしている間に羽化がどんどん進んでしまい、一枚目を撮った時には頭部がすっかり出ていました。

実は昨年、やはり羽化直前のセミを見つけ、写真を撮ろうとしたのですが、こんなに短時間に羽化するものとは知らず、のんびりしている間にすっかり脱皮が終わってしまいました。そんな事があったので、今年こそちゃんと撮ろうと思っていたのですが、羽化の進行は予想していたより早く、大いに慌ててしまいました。

今回は写真が多いので、(2)に続きます。

[写真] アブラゼミ:体長約3cm


21:46の1枚目から1〜2分置きに、21:54までの6枚。


PENTAX *istDS + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

[PR]
# by at384 | 2005-08-04 23:07 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)