人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0108133_1654094.jpg

ここ数回の記事がどれも無彩色っぽい寒々しい写真ばかりになっていたので、彩りを兼ねて下田の爪木崎で撮ったウメボシイソギンチャクの写真を載せます。

f0108133_1654112.jpgほんとうに彩りだけのために載せたため、写真以外に何も書くべきことがないのですが、それも何なので調べてみたところ、面白い生態があることを知りました。

ウメボシイソギンチャクは体内(胃腔)にて無性生殖で発生させた子イソギンチャクを育てており、それを口から吐き出して増殖するそうです。かなりよく知られていることらしいのですが、まったく知りませんでした。

機会があれば口からちびイソギンチャクを吐き出すところを見てみたいものです。

[写真] ウメボシイソギンチャク: 直径約2cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-01-02 18:02 | 軟体動物 | Comments(0)

潮溜まりのハリガネムシ

f0108133_16942.jpg

年末に下田の爪木崎から須崎へと向かう遊歩道の、海沿いの岩場を歩いていたときのことです。

f0108133_16144122.jpg潮溜まりはしばしば面白い生き物を見られることが多いので、ついついあると覗き込んでしまうのですが、その中に白いにょろにょろしたモノのいる潮溜まりを見つけました。よく見るとそれはハリガネムシのようです。

つついてみると針金のように固く、ゆっくりと体をくねらせる様子は確かにハリガネムシですが、こんな場所で見るとは思いませんでした。いったい直前の宿主は何だったのでしょうか。

調べてみると海にもハリガネムシの仲間はいるそうですが、この姿をしたものはどちらかというと陸生の昆虫などを宿主としているもののようです。こんな塩水の中に出してしまって、ハリガネムシの生活史は一つに閉じたものになるのでしょうか。

もしかすると前の宿主がハリガネムシに操られて水場まで来たものの、若干間違ってしまったものなのかもしれませんが、ハリガネムシには詳しくないので真相は不明です。

[写真] ハリガネムシ: 体長約10cm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-01-02 16:52 | その他の生き物 | Comments(0)
f0108133_1535486.jpg

出不精ゆえに年末年始はとくに大きな旅行をすることもないのですが、金目鯛を丸ごと煮付けで食べたい欲求が頂点に達していたこともあって下田に出かけ、ついでに爪木崎から須崎までの遊歩道を歩いてみました。

f0108133_15361660.jpgこんな時期なので、伊豆あたりできのこを見ることは期待していなかったのですが、遊歩道の途中の倒木にびっしりとスエヒロタケが生え、その中に混じってミノムシがぶら下がっています。

スエヒロタケは灰色っぽいもこもこした毛のせいか、ただでさえ寒い光景をなおさら寒々しく感じさせるものがあります。そこにまたミノムシがぽつんとぶら下がる様は寒いことこの上ないのですが、名前だけはスエヒロということで。。。

[写真] スエヒロタケ: 傘径約5mm



OLYMPUS TG-3 Tough

by at384 | 2015-01-02 16:04 | 菌類 | Comments(0)