人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0108133_935233.jpg

食べられる庭2014: 12


定植から十七日目のゴーヤーの様子です。

早くもつるを出して支柱に巻き付き、一見順調に草丈を伸ばしているかに見えるのですが、何となく株全体が弱々しいように感じられ、葉も虫に喰われて穴だらけになっています。

f0108133_935631.jpg先にオクラの元気がないという話を出しましたが、そのオクラは一部の葉が枯れ落ちてしまい、何だか畑全体の雰囲気がよくありません。

とにかく何かにつけいい加減なやりかたをしているので、疑わしいところは山ほどあるのですが、気になることをいろいろ調べて行ったところ、どうも緑肥の処理がまずかったのではという疑いが出てきました。

じつは最近土の上にハエの姿をよく見かけるのですが、冬の間生やしていたクローバーを四月の中頃に土に鋤き込んだものが完全に分解されておらず、半ば腐った状態になっているのではと疑われるのです。

緑肥は畑に直接鋤き込んで構わないということは確認していたのですが、鋤き込んだのが四月の中頃で、連休明けに苗を植えたということは、二〜三週間しか経っていないことになります。 しかし改めて確認してみると、分解には最低でも一ヶ月はかかるとのことで、完全に分解される前に作物を植えてしまうと、土中の細菌の量が多いなど不安定な状態になっており、生育が阻害されたり枯れたりする恐れがあるのだとか。

そう考えてみると、落花生が二週間近く経っても一向に発芽しないなど、怪しいところは他にも出てきます。 だとすると特定の一工程でやらかしたというような限定的なものでなく、畑全体に影響する大失敗をやらかしていることになり、この先が思いやられます。

[写真] ゴーヤー: 草丈約20cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 09:29 | 植物 | Comments(0)
f0108133_8561634.jpg

食べられる庭2014: 11


種播きから十七日目のオカヒジキは、本葉の枚数が四枚から六枚ぐらいになって、相変わらずバジルより一足先に成長しています。

じつは私がいい加減な種の播きかたをしたために、バジルとオカヒジキがごっちゃに生えている状態となっており、今後の双方の勢力争いがどうなるか、面白がっていてよいものかはわかりませんが、興味のあるところです。

[写真] オカヒジキ: 草丈約3cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 09:03 | 植物 | Comments(0)
f0108133_852211.jpg

食べられる庭2014: 10


種播きから十七日目、ハジルの本葉が顔を出しているのを確認しました。
今のところ順調に進んでいます。

[写真] バジルの双葉: 幅約1.2cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 08:54 | 植物 | Comments(0)
f0108133_8375772.jpg

食べられる庭2014: 9


冬の間掘り出して保管していた地下茎を植えてから十七日、オカワカメの地下茎から新芽が生えているのを見つけました。

じつは既に一週間以上前に芽が出て、三センチ程に成長しているものが一本だけあるのですが、それは植えた時点で既に芽が出ていたので、植えてから芽が出たのはこれが最初ということになります。

昨年も同様で、成長の早いわりに休眠から目覚めるのに時間がかかり心配させるのですが、なんとか発芽までには至りました。 ここから緑のカーテンができるまではまだ長い道のりですが、今年も何とかうまく育ってくれることを祈っています。

[写真] オカワカメの芽: 高さ約8mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 08:50 | 植物 | Comments(0)

オカヒジキに本葉が出現

f0108133_7462453.jpg

食べられる庭2014: 8


種播きから十日ほどたって、オカヒジキの本葉が顔を出しました。
やはりバジルより一歩先を行っています。

[写真] オカヒジキ: 高さ約2.2cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 07:49 | 植物 | Comments(0)

バジルが発芽しました

f0108133_7301914.jpg

食べられる庭2014: 7


オカヒジキから遅れること約三日、種播きから十日ほどしてバジルが発芽しました。
毎年見慣れた光景で、安心します。

[写真] バジルの双葉: 幅約7mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 07:38 | 植物 | Comments(0)

オクラの様子が変です

f0108133_6411936.jpg

食べられる庭2014: 6


オクラの苗を植えてから十日ほど経ったのですが、様子が変です。 葉がしなっとして色も濃い緑色だったのが浅くなり、新しい葉が出ずに草丈も伸びておらず、どう見ても元気がありません。

調べてみたところオクラの元気がなくなる原因にはいろいろあるようですが、いちばん言われている低温に関しては、確かに低めの日はあるものの生育に影響のある十度以下にはなっていませんし、むしろこの時期にしては高過ぎるくらいです。

初めて手掛ける作物ですし、そもそも私のやりかた自体が本などで事前に綿密な調査をすることなく、まずやってみるといういい加減なものですので、原因などいくらでもありそうですから、おそらく何かしら間違った管理をしているのでしょう。

とりあえずはもうしばらく様子を見てみることにします。

[写真] オクラの苗: 草丈約5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-18 07:17 | 植物 | Comments(0)

オカヒジキが素早く発芽

f0108133_7472658.jpg

食べられる庭2014: 5


多忙で更新を怠ってしまったので、じつは二週間以上前の連休後半ごろの話になってしまうのですが、種を播いて五日目にして、早くもオカヒジキが発芽しました。

今まで栽培してきたものの中では、バジルの発芽がいちばん早かったのですが、そのバジルより素早く発芽するとは、思いのほか繁殖力が強い植物なのかもしれません。

期待が高まる一方で、とんでもない作物を播いてしまったのかもしれないという不安も覚えます。

[写真] オカヒジキの双葉: 草丈約1.5cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-17 07:54 | 植物 | Comments(0)
f0108133_7281761.jpg

食べられる庭2014: 4


今年はじめてオクラを栽培してみるのですが、苗を買ってくるときに妙なものに気付きました。 葉の裏側にごく小さな透明のつぶつぶが幾つも付いているのです。

f0108133_7282474.jpg気になって並んでいる苗をいくつか調べてみたのですが、どれにも付いているところを見ると、どうも虫の卵ではなさそうです。 とは言うものの、昨年ネキリムシやらベニフキノメイガやらに散々食い荒らされているので、念のため店員さんに聞いてみると、これはオクラが自分自身で出しているものなので心配ないとのことでした。

後で改めて調べてみると、このつぶつぶはムチンという成分だとか。 ムチンといえばオクラ特有のあのヌルヌルです。

オクラは花も刻むとヌルヌルするそうで、実だけでなくすべてがヌルヌル成分を含んでいるとは面白い性質です。

[写真] オクラの葉のつぶつぶ: 直径約0.5mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-17 07:43 | 植物 | Comments(0)
f0108133_804082.jpg

食べられる庭2014: 3


苗を植えたのは連休前半のまだ四月だったのですが、連休後半になって早くもゴーヤーとキュウリがつるを伸ばし始め、つかまるものを欲しがっている様子です。

f0108133_812973.jpgそこで早速ですが、ゴーヤー用の網とキュウリ用の支柱を設置することにしました。

ところが私のやることはことごとく詰めが甘いというのか、やることが大雑把というのか、ゴーヤーの苗を植えた位置は網を張る場所から二十センチほど離れており、キュウリの支柱も同じような状況のために、せっかくの網や支柱につるが届きそうもありません。

f0108133_813557.jpgそこでやむを得ず細めの支柱を苗の脇に立てて、網や本来の支柱まで誘導できるようにしました。

そして巻き付くものを探して宙をさまよっているつるをあてがってやったところ、あっという間につるの補助支柱に触れた場所が曲がり始め、あれこれと他の作業をしてふと気付くと、もうつるがしっかりと巻き付いています。

つるが巻き付く早さはある程度予想していましたが、ここまで素早く動くとは思わなかったので正直驚きました。 これならじっと脇で見ていたら、巻き付く動作を自分の目でも確認できたのではと思い、少々残念な気もします。

[写真] ゴーヤーの苗とキュウリの苗: 草丈約10cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2014-05-06 08:20 | 植物 | Comments(0)