人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まめに情報を確認していないのでついつい慌ててしまうのですが、今朝なんとはなしにNHKの朝の連続ドラマのあとテレビを消さずにいたところ、『足元の小宇宙~82歳 植物写真家と見つめる生命~』という番組が始まり、妻とふたりで、すっかり目が釘付けになってしまいました。

内容は植物写真家の埴沙萠さんの作品や撮影風景を紹介するものですが、埴沙萠さんはきのこの胞子が舞い落ちる姿を取り上げた本『きのこ ―ふわり胞子の舞』の著者でもあり、この番組の中でも時間は短いながらもきのこの胞子の舞う姿も取り上げられました。 植物の映像は当然ながらすばらしいものでしたが、私としてはやはりこの胞子の映像に心を奪われずにはおられません。

きのこの映像が出てきてから慌てて録画を始めたので、後半ぐらいしか撮れなかったのですが、きのこのみならず、植物の映像や埴沙萠さんのお人柄もすてきで、再放送される際にはぜひ最初から録画し、永久保存しておきたいものです。

ちなみに、番組の中では奥様の作られた野菜人形も取り上げられており、こちらもかわいらしくてすてきでした。
by at384 | 2013-04-29 10:25 | 菌類 | Comments(2)

※ 4/28:開催期間と時間が変更になりました。


f0108133_18422564.jpg

またしても生き物の以外の話題になってしまうのですが、少々宣伝させてください。

たびたび紹介していいますが、妻は編み物を特技としており、きのこの編みぐるみをいくつも制作しています。 じつはきのこの編みぐるみのほかに、和菓子の編みぐるみを作っており、過去に二度個展を開いています。

このたび下記のように、三度目の個展を開くことになりました。 場所は前回きのこの編みぐるみの個展を開いたところです。

連休の週ですが、大小合わせて六十点ほどの作品が並ぶとのことで、もしこの時期に吉祥寺方面にお出かけの際は、お立ち寄りいただければ幸いです。

編み菓子 〜編みぐるみ和菓子店の展〜

 2013/4/24(水) 〜 4/28(日) , 5/1(水) 〜 5/4(土)
 12:00〜18:00(最終日は16:00まで)
 ※ 開催期間と時間が変更になりました。

 会場:ギャラリーカフェ・テラス
    東京都三鷹市下連雀1-14-1

    JR中央線/京王井の頭線 吉祥寺駅南口より徒歩15分
     または小田急バス 万助橋 下車2分
    JR中央線三鷹駅南口より徒歩15分
     またはコミュニティバス ジブリ美術館 下車2分
by at384 | 2013-04-14 19:25 | 非生物 | Comments(2)

ディルが急成長

f0108133_17483682.jpg

ディル栽培2012: 12


種播きから百三十二日後のディルの様子です。

ディルの成長が加速してきました。 二週間前にそろそろこまめに葉っぱを穫って行かねばと言っていたにもかかわらず、ついつい放っておいたところ、ぐんぐん背が伸びて三十センチ以上にまで達しています。 草丈だけでなく、新しい葉がどんどん出てきて、葉の密度も増しているようです。

先々週の時点では、大きくなったものの新しい葉は少なく、穫らねばと言いつつも興味は惹かれなかったのですが、今ふさふさと生えている葉は新鮮そうなので、思い切って大量に収穫してみました。 収穫した葉はかなり多いので、一部をスモークサーモンのマリネにしたほかは、乾燥保存するためにベランダで干しています。

[写真] ディル: 草丈約35cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-04-14 18:32 | 植物 | Comments(0)

今度こそアミガサタケ

f0108133_005656.jpg

三月末に、気温の上昇に惑わされて早々と生えてしまったものの、そのままひからびてしまったバス停近くのアミガサタケですが、結局時機を誤ったのがあだになったようで、その後も生えてくることはないようです。

そのアミガサタケは桜の樹から二メートルほど離れたところに生えていたのですが、じつはそのちょうど反対側の同じくらい行った場所に、昨年もう一本のアミガサタケが生えていて、今年はまだその場所には生えていませんでした。

桜もすっかり散り、本来ならそろそろアミガサタケが生える頃になって、ちょうど先日大雨も降ったので、もしかするとこちらは生えるかもしれないと思い探してみたところ、期待どおり二本の可愛らしいやつが生えていました。

昨年が大豊作だったので今年は少ないのではないかと思っていましたが、案の定、昨年生えていた場所を探してみたものの、この二本のほかは見つかっていません。

このままアミガサタケの季節が終わってしまうのかはまだわかりませんが、とりあえずはこの二本を見ることができ、我が家にも菌春がやってきました。

[写真] アミガサタケ: 高さ約3cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-04-11 00:32 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_23394089.jpg

今回は生き物の話題ではなく、太陽光発電の話です。

引っ越す前の住居(集合住宅)で、ベランダに独立形太陽光発電の設備を設置し、携帯電話やノートパソコンの充電などでささやかながら運用していたのですが、引越し後、ようやっとこれを取り付けました。

f0108133_0154557.jpgで、その設置方法なのですが、取り付け場所はいろいろ考えた結果、またベランダにしました。ただしベランダの奥行きなどの条件が以前と異なり、金属製の棚の上に乗せるわけにはゆかず、ベランダの手すりをまたがせて、外側に吊るすことにしました。

f0108133_0173569.jpgこれならば、L形アングル数本と緩衝材を買い足すだけですむので、左の写真のようにベランダの手すりと、屋根の柱を利用して固定しました。こんな取り付けかたでは不安に思えるかもしれませんが、強度や安定性については充分考慮しており、昨日の強風でもびくともしませんでした。

f0108133_23392252.jpgそして、取り付けた太陽電池からの配線は屋根の柱に沿わしてベランダの両端に置いた蓄電池の箱に引き込んでいます。蓄電池の箱の中は以前とまったく同じです。

f0108133_23401817.jpgベランダに置いた蓄電池の箱から屋内への配線の引き込みは、以前は空調のドレーンパイプの穴を利用して通していたのですが、木造なのでドレーンパイプ穴は空調の室内機の裏側に隠れてしまいました。そのため使えそうな穴はないかと探してみたところ、アルミサッシの水抜き穴が利用できることがわかり、ここから屋内に引き込みました。

f0108133_23401221.jpg窓枠から引き込んだ配線は、部屋のの隅を壁に沿わせ、テレビ台の中に置いた正弦波インバーターにつなげて交流百ボルトに変換して使っています。

とりあえず一昨日、昨日一日と使ってみましたが、今のところ問題なく動いているようで、これで無事復活できたようです。

自前の屋根が利用できるのに、なにもこんな手作りのちゃちなものを使わなくてもという考え方はありますが、せっかく作ったものがもったいないですし、屋根の向きやら費用やらといろいろ敷居も高いので、当面はこれを使って行こうと考えています。

ちなみに、使用している機器についての具体的な機種については今まで触れていなかったのですが、べつに隠す意味もないので、今さらですが下に記しておきます。

充電コントローラー: 電菱 SolarAmp Mini SA-MN05
充電池: G&Yu ディープサイクルバッテリー SMF27MS-730 (105Ah)
正弦波インバーター: 未来舎 POWERTITE FI-S126 (125W)
f0108133_23402986.jpg

[写真] 独立系太陽光発電の装置群 / [図] 現在の配線図


写真に隣近所の家屋が写っていたため、部分的に塗りつぶしています


OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-04-09 01:01 | 非生物 | Comments(0)