人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0108133_7544852.jpg

ディル栽培2012: 11


種播きから百十八日後のディルの様子です。

先週桜が開花した頃は春らしい気候で、このまま一気に春本番になるのかと思っていたのですが、ここのところまた冬に逆戻りしたような肌寒さです。こういう気紛れさこそが春らしいのかもしれませんが。

f0108133_755010.jpgディルもこれで一気に伸びるのかと思っていたのですが、この気候のせいか思ったほど成長せず、また二週間更新が空いてしまいました。とはいえ、先々週間引きしたときは葉っぱこそ茂ってはいたものの、茎のほうはまだきゃしゃなだったのが、今やすっかり草丈ものびて、茎もごつい感じになってきました。

そろそろまめに葉っぱを穫って使ってゆかないと、どんどん大きくなって、葉っぱも固くなってしまいそうです。

[写真] ディル: 草丈約20cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-31 08:12 | 植物 | Comments(0)

でっかい粘菌の塊

f0108133_0344037.jpg

ここのところ菌類の話題ばかりですが、菌曜日らしく、またしても菌類の話題です。

今朝、バス停に向かって歩いていると、道路脇の落葉が山のように積み上げられたてっぺんに、何やら鮮やかな黄色の塊があるのが目に入りました。最初はその色や質感から、落葉を掃除している人が置き忘れた黄色い軍手かと思ったのですが、気になるので近づいてよく見ると、なんと粘菌のでっかい塊です。

写真では実感が湧きにくいとは思いますが、すぐ後ろに壊れたビニール傘の柄が見えているので、それと比較すればある程度の大きさは想像できると思います。おそらく、落葉の山の中に拡がっていたものが、ぐぐっと集まってきたのでしょう。思わず手を突っ込みたい衝動に駆られましたが、出勤途中ですし、バスの時刻も近かったので写真だけ撮ってその場を離れました。

帰りが遅くなって真っ暗になってしまったので、その後の状態は見ていないのですが、どうなっているでしょうか。明日また見に行ってみようと思います。

[写真] 粘菌の一種: 塊の直径約10cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-30 00:56 | 菌類 | Comments(0)

ツチグリがいっぱい

f0108133_014730.jpg

先日、アミガサタケを見つけた日に、妻がツチグリの群生を見つけてくれたのですが、残念ながら私が見に行ったときにはすっかり乾燥してしまい、丸まっていました。

f0108133_013661.jpgその後は乾燥した日が続いていたのですが、昨日は久々に終日ぐずついた「いい天気」だったので、今朝出勤前にツチグリの様子を見に行ったところ、みごとに開いていました。

冬の間は晴れが好天で、雨や雪が悪天候という、世間並みの感覚でいられたのですが、きのこの季節が始まってしまうと、意識しているわけでもないのに、じめっとした雨天を好天と感じるようになり、感覚がすっかり逆転してしまいます。

よくじめっとした日に「自分なら思わず生えちゃうだろう」などと言って、妻に呆れられているのですが、今朝もそんな気がしたのでした。

気分はもうすっかりきのこです。

[写真] ツチグリ: 直径約3cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-29 00:25 | 菌類 | Comments(0)

ホトケノザがいっぱい

f0108133_737485.jpg

季節がどんどん春らしくなり、景色が草花に明るく彩られて、歩いていても楽しくなります。

そんななか、もしかすると私の思い込みかもしれませんが、今年の春は妙に紫色が目立つような気がします。 具体的に言えば、ホトケノザの花がほかの草花に較べて多いように感じるのです。 といっても、昨年の同時期はどうだったかと言われるとまったく記憶にないですし、私自身引っ越して見ている場所も異なるので、あくまで感覚的にそう見ているに過ぎないのですが。

ただ、こういうことは今年がはじめてではなく、「今年は〇〇がやけに目につく」と感じたことは今までにも何度かあります。 何年か前に地面がウラジロチチコグサだらけになったり、セイヨウタンポポでそこらじゅうが真っ黄色になったり、オオイヌノフグリで真っ青になったり、時期は違いますが昨年はネジバナがやけに目立ったりと、少なくとも私の周囲ではそのような流行のようなものがあるように思えるのです。

このようなことが気になりだしたのはウラジロチチコグサのときで、外来種であったために、在来種が駆逐されつつあるのではないかと心配したのですが、少なくともホトケノザに関しては外来種になってはいないので、長期的な傾向は別としても、外来種ばかりが激増しているというのはどうやら杞憂なのでしょう。

f0108133_7375570.jpgところで、ホトケノザはシソ科特有の下唇を突き出したような形の花を付けていますが、真横から撮ってみると、とてもひょうきんで能天気な感じがして、可愛らしいというより面白い表情です。

ちなみにこのホトケノザ、ウドンコ病にかかりやすいという情報もあり、ウドンコ病の病床として農家には嫌われているという話もあるようで、きれいだの可愛いだのとのんきに喜んでばかりもいられないようです。

[写真] ホトケノザ: 草丈約15cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-23 09:53 | 植物 | Comments(0)
f0108133_235516100.jpg

今日は昨日見ようと思っていたトガリアミガサタケを探してみました。

昨日すでに妻が見つけていたのですが、やはり昨年大量に発生した場所に生えていました。 数は少ないですが、見た感じでは頭部のアミガサ部分に透明感があり、生えてからそれほど日数がたたない比較的若い個体のようでした。

その一方で昨日見つけたアミガサタケのほうは、昨日の時点でもう若干古くなっているようでしたが、今日は残念ながらすっかりひからびてしまっていました。 急激な気候の変化に慌てて出てしまったのか、なかなかきのこにとっても春の天気の読みは難しいようです。

昨年の春はほどよく雨が降って、アミガサタケの成長にとって好都合だったようですが、ここ数日の天気はあまり理想的とは言い難いかもしれません。 現にトガリアミガサタケも、上の写真のものは状態がよかったのですが、そのほかの個体はまだ小さいうちにひからびてしまったり、カビが生えたりしていました。

f0108133_23552324.jpgこの週末にはまた雨が降るようですが、この先もいい具合にお湿りがあってほしいものです。

ところでトガリアミガサタケを見たついでに、エノキタケのシロにも回ってみましたが、こちらは思ったほど乾燥が進んでおらず、いい状態とは言えないものの、まだ元気な姿を見せてくれていました。

[写真] トガリアミガサタケ: 高さ約3.5cm, エノキタケ: 傘径約1.7cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-21 00:30 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_2329177.jpg

ここ数日気温の高い日が続いていますが、今朝は昨夜の雨のために、さらに蒸し暑さすら感じるほどで、なんとなく予感めいたものを覚えて、カメラを持ってやや早めに家を出ました。

いつも使用しているバス停の近くには、昨年アミガサタケが団子になって生えた場所があり、まだいくらなんでも早いだろうとは思いながらも、念のため覗き込んでみると、なんと、アミガサタケの幼菌が数個かたまって顔を出しているではありませんか。

今までの乏しい経験からすると、アミガサタケはソメイヨシノの散った後、一週間から十日ぐらいで出るものと思っていたのですが、今年は例年になく早い開花で、それもまだほころび始めたばかりです。 まだ幼菌とはいえ、昨年と同じ状態になるには二週間あれば充分でしょうから、昨年より少なくとも二週間ほど早い発生と考えてよいのではないでしょうか。

昨年はちょうど桜の散る時期と重なって、アミガサタケの姿が春らしいきれいな絵になったのですが、このぶんでは今年もうまく時期が重なりそうです。

ここで時間を食ってしまい、今朝は昨年トガリアミガサタケが生えた場所まで見られなかったのですが、その後見に行った妻の話では、トガリアミガサタケも生えていたとのことで、明朝は早速見に行かねばなりません。

我が家にとっては春を告げるアミガサタケ、今年もいよいよきのこの季節の幕開けです!

[写真] アミガサタケの幼菌: 高さ約7mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-20 00:16 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23574435.jpg

ディル栽培2012: 10


種播きから百五日後のディルの様子です。

寒さのために成長が遅く、あまり変化が見られなかったことに加え、引越しで、気がつけば二ヶ月弱も間が空いてしまいました。

引越し直後の時点では葉が三、四枚程度しかなく、その後もあまり増える様子がなかったのですが、ここにきて急に暖かい日がたびたび訪れたためか急激に成長をはじめ、あっというまにぼうぼうになっていました。 頃合いを見て間引かねばと思っていたのですが、それもついつい怠ったまま、しおれて枯れかけた株を数本取り除いただけで、今ではこんな状態になっています。

f0108133_23581056.jpgそして、このままでは根がからみ合って抜くこともままならなくなると考え、ようやっと半分ほど間引きました。 間引いた株の一部はとりあえず夕食の際に、ニシンの薫製の上に散らしてみたのですが、香りがかなり薄いように感じました。

この状態になるまで間引かなかったせいなのか、引越し以降、雨ざらし霜ざらしといった状態で放置したためかはわかりませんが、これから気温が上がってきて少しは状況がよくなるでしょうか。

[写真] ディル: 草丈約12cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-03-18 00:30 | 植物 | Comments(0)