人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0108133_7252824.jpg

去る9月17日にNHKで放映した『光る森・神秘の発光を追う』という、四国山地にある「光る森」といわれるシイノトモシビタケをはじめとする光るきのこの森を取り上げた番組があり、このブログの記事でも取り上げました。

私はこのような番組があることを事前に何も知らず、気づいたのは番組が始まってからだったために最初のほうを見逃してしまい、再放送があればぜひとも見たいと思っていたのですが、なんと明後日、お正月の1月2日の11時10分から再放送されるそうです。(リンク先の番組表は東京のものですが、ちゃんと全国で放映されるようです)

まだ見ていないかたは必見です!!

もちろん、我が家ではすでにしっかり録画予約しており、『探偵!ナイトスクープ』のイカタケの回とともに永久保存です。

と、気がつけば大晦日。今年は年初めにはまったく予想していなかったほど大きく菌糸が拡がり、きのことも、菌友の皆さまとも素晴らしい出会いを得ることができました。

来年もまた素晴らしい出会いに恵まれますように。

[写真] ヤコウタケの編みぐるみ: 傘径約25mm


※上の写真は番組とは一切関係ありません


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-12-31 08:14 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_083964.jpg

ディル栽培2012: 8


種播きから三十七日後、相変わらずひょろひょろではありますが、二枚目の本葉が大きくなってきました。

この寒さのなかでも、少しずつながら成長はしているようで、気のせいかもしれませんが、株によって茎の太さに差が出始めたようにも感じます。

また、ディル自身とは関係ないことですが、ビニールで覆っていたためにびっしりと土の表面を覆うように生えていたコケは、さすがにこの寒さと乾燥でしだいに減ってきているようで、ところどころに発生していたカビも姿を消しています。

種播きが遅れたために、双葉がまだ残っているこんな状態で年を越すことになってしまいましたが、寒さに負けず、わずかずつでも成長し続けてくれればと思っています。

ところで、じつは先週からカメラの機種が変わっていて、長年使い慣れたPENTAXのOptio 750Zから、OLYMPUSのSTYLUS XZ-2となっています。いろいろと便利な機能もついていて操作性もいいようなのですが、まだ使いこなせておらず、直感的に操作できるようになうまでにはしばらくかかりそうです。

[写真] ディル: 草丈約4cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2012-12-30 07:49 | 植物 | Comments(0)
f0108133_7162253.jpg

ディル栽培2012: 7


種播きから三十二日後、二枚目の本葉が出てきました。

f0108133_7162912.jpg覆っていたビニール袋を外して一週間たちましたが、この寒さですから旺盛とは言えないものの、着実には成長しているようです。

ただ、相変わらずひょろひょろと頼りなく、いくつかの株は倒れてしまっています。間引く株を選ぶ手間は省けますが、早く茎が太くなり、倒れないようになって欲しいものです。

[写真] ディル: 草丈約4cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2012-12-24 07:28 | 植物 | Comments(0)
f0108133_21455730.jpg

ディル栽培2012: 7


種播きから三十二日後、本葉が完全に開きました。

f0108133_2146481.jpg発芽後もビニール袋で覆っていたためか、ひょろひょろのディルの苗も倒れることなく順調に育ってはいるのですが、暖かくて湿度も高い環境はほかの生き物たちにも快適で、いつの間にか土の表面はコケだらけで、先週の時点で心配していたカビにとりつかれた株も出てしまいました。

これからますます寒さが増すのですが、このままにしておくと全滅しかねないので、ビニール袋を外すことにしました。

[写真] ディル: 草丈約4cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-12-19 21:56 | 植物 | Comments(0)

ディルの本葉が出現

f0108133_1059765.jpg

ディル栽培2012: 6


種播きから二十四日後のディルの様子です。

ビニール袋で覆っている効果があったのかどうかはわかりませんが、双葉はひとまわり大きくなり、葉の付け根からは本葉が顔を出しました。

朝になるとビニール袋には水滴がびっしりと付いていますので、やはりそれなりに朝晩の低温からは保護できているようですし、なによりこの季節は空気が乾燥して、土がカラカラに乾くのを防げます。 ディルの芽はひょろひょろと頼りなく、水やりのたびに水滴の重みで倒れてしまうので、水やりをせずに済むのは助かるのです。

f0108133_1101073.jpgただ少し気になるのは、温度と湿度がほどよく保たれているためか、ディルだけでなくカビにも心地よいらしく、ビニール袋を持ち上げるために土に挿している割り箸に、右の写真のように白カビらしきものが生えていることです。

今のところは大丈夫そうですが、今後白カビがディルに及ぶようならビニール袋を取らねばならないでしょう。 早くビニール袋がいらなくなるくらいに成長してくれるとよいのですが。

[写真] ディルの双葉: 高さ約4cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-12-08 11:38 | 植物 | Comments(0)
f0108133_2253235.jpg

ディル栽培2012: 5


種播きから十八日後のディルの様子です。

発芽後にプランターの上を覆っていたビニール袋を外したのですが、朝晩のみならず昼間も冷え込みが厳しくなってきたため、せっかく生えてきたディルも、あまり成長していないように見えます。 よくよく五日前と写真で比較してみれば、確かに双葉が大きく開き、まったく変化していないわけではないのですが、本来ならもっとぐんぐん成長してよいはずのこの段階にしては、あまりにゆっくりに感じられます。

f0108133_2253886.jpg一昨年はやはり、発芽したディルを寒い中で強引に育てていたところ、双葉のまま年を越してしまいました。 この様子では今年も同じはめに陥りかねないと案じ、とりあえず葉があまり成長していないものや、根が土にうまく入っていないものを選んで半分ほど間引いたあと、再びビニール袋を被せることにしました。

ビニール袋は、周囲に割り箸をさして支え、多少背が伸びても頭がつかえないようにしてみました。 簡単なビニールハウスのようなものですが、これでもう少し成長が早まってくれればと思います。

[写真] ディルの双葉: 高さ約2.2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-12-02 23:12 | 植物 | Comments(0)