人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0108133_23571523.jpg

ディル栽培2012: 4


種播きから十三日後のディルの様子です。

この三連休を留守にするため、土の乾燥防止と保温を兼ねて、プランターを覆っていたビニールをそのままにしたのですが、戻ってきてビニールの覆いを開けてみると、予想どおりディルが発芽していました。

保温されていたのがよかったのか、かなりの発芽率で、早々に間引く必要がありそうです。

朝晩がかなり冷え込むようになってきたので、ビニールをどうするか考えたのですが、ディルは背が高くなるので、いつまでも覆っておくわけにはいきませんし、今のうちから寒さに慣れさせておく必要もあろうかと思い、結局はずして、寒風の中で育てることにしました。

[写真] ディルの芽: 高さ約1.5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-11-26 07:49 | 植物 | Comments(0)
f0108133_22401223.jpg

ディル栽培2012: 3


種播きから八日後のディルの様子です。

ここのところ急に朝晩を中心に冷え込むようになり、心配になっていたのですが、ビニール袋で覆っていたのがよかったのか、ようやっと発根しました。

朝、ビニール袋を見ると内側に水滴がびっしり付着していることから、保温効果はかなりあると思われます。 ビニール袋はプランターの縁にかけてあって、土の表面からは三センチ近くの余裕がありますので、当面はこのままかけておこうと考えています。

[写真] ディルの種: 長さ約3mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-11-21 22:50 | 植物 | Comments(0)
f0108133_0285680.jpg

ディル栽培2012: 2


種播きから四日後のディルの様子です。

やはりこの時期の種播きは無理があったようで、本来の播きどきであればだいたい四日後には根が出始めているのですが、まったくなんの変化もありません。

じつは気温が下がっているため、種を播いた翌日から新聞紙で上を覆っていました。 しかし、その効果がなかったのか、ただでさえ陽の弱いこの時期に紙で覆うことで、好日性種子であるディルの発芽を妨げてしまったはないかと考え、今朝から新聞紙を透明のビニールに変えてみました。

はたしてどうなることでしょう。

[写真] ディルのプランター



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-11-18 07:49 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23535661.jpg

ディル栽培2012: 1


きのこに夢中になるあまり、播きどきから一ヶ月ほど遅れてしまいましたが、今年も冬の作物として例年どおりディルの栽培を始めました。

魚料理と北欧ものが好きな我が家では、ディルは欠かすことができませんし、なにより冬の間の話題が必要ですから、多少遅れてもやはり栽培はしたいので、強引とは知りながらも始めたというわけです。

じつは一昨年も種播きが遅れ、どこの園芸店にも種がなくなってしまったのを探しまわっているうちに十二月になってしまい、ほとんど育たないまま春になってしまったのですが、今年はそこまではいかないものの、はたしてこんな時期に種を播いて大丈夫なのかと不安はよぎります。

ただ、ここのところ小春日和とも言える暖かさになっていますし、長期予報では暖冬と出ていますので、何とかなるのではと気楽に考えることにします。

[写真] ディルの種: 長さ約3mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-11-14 00:16 | 植物 | Comments(0)
f0108133_23561519.jpg

栽培の終わったプランターに突如できたきのこの楽園が一段落したので、先週末にようやっとオカワカメやバジルの根を掘り出しました。

我が家のベランダでは栽培の終わった土を休ませるために、コンポストというほどのものではありませんが、樹脂のコンテナに入れて、果物の皮やらコーヒーかすを投入しながら半年ほど寝かしています。 栽培の終わった土はここに入れ、代わりに半年休ませておいた土を冬の作物用に入れ替えて使うわけです。

先週末もその入れ替えをしようと、コンテナのふたを開けたのですが、その途端、目の前に予期しなかった光景が飛び込み、思わず大笑いしてしまいました。

f0108133_23543538.jpgf0108133_23543082.jpgなんと、コンテナの内側の側面に、チャワンタケの仲間とおぼしき、きのこがいくつも並んで生えていたのです。

先日プランターにチャワンタケの仲間が生えたとき、もしやと思ってコンテナの中を確認していたのですが、そのときは何もありませんでしたし、大きさから見てここ数日の間に生えたものと思われます。

環境の違いがあるため単純に比較はできませんが、プランターに生えていたものとは異なるようです。 プランターに生えたものと較べると、全体的にちょうちんのような形で、開口部がおちょぼ口のようですし、短い柄もあるようです。 どちらにしろ何者なのかはわかりませんが。

ともあれ、ここのところ乾燥が続き、少なくとも我が家の近所ではあまりきのこの姿を見かけていないなか、我が家のベランダにはきのこが遊びに来て、楽しませてくれるのは、ありがたいことです。

[写真] チャワンタケの仲間?: 直径約1cm



Optio 750Z

by at384 | 2012-11-06 00:31 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_225171.jpg

オカワカメ栽培2012: 番外編


はからずも栽培を終えたプランターがきのこの楽園となってしまったために、しばらくのあいだ片付けられなくなっていたのですが、生えていたきのこたちもようやっと成長が止まったようなので、オカワカメのプランターから埋まっていた地下茎を掘り出しました。

生えているときから、一部の地下茎が地表にごろごろと露出していましたので、ある程度予想はしていましたが、掘り出してみるとかなりの量です。 実際は、掘り起こす際に折れてしまったものや、あまりに小さいものは取り除いてあるので、それも含めればもっと多かったでしょう。 写真では比較するものがないので、大きさはわかりにくいですが、いちばん大きいもので長さが五センチくらいあり、全部では両手を使ってかろうじて持てるほどの分量です。

オカワカメは寒さに弱いそうなので、冬の間は室内で保管しておき、春になったらこれを植えることになるのですが、この増え方を考えると、全部植えてしまって大丈夫なのかと心配になります。 さすがにこれらがみな無事に発芽するとは思いませんが、それでも最初はビニールの鉢が三つだけだったことを考えると、半分しか発芽しなかったとしてもものすごい量になるのではないでしょうか。

などと今から心配してもしょうがないので、とりあえずはこのまま春まで保管しておき、春になってからまた考えることにします。

[写真] オカワカメの地下茎: 長さ最大約5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-11-04 23:50 | 植物 | Comments(2)

いいツチグリ

f0108133_7193626.jpg

先週末のことですが、青梅にある内沼きのこ園というところにしいたけ狩りに出かけました。 (ちなみにそこは、高野さんのキノコランプが展示されています)

f0108133_7195125.jpg野生のきのこが豊富な季節にしいたけ狩りかと呆れられそうですが、私たちが出かけるのは公園や緑地など動植物の採取ができない場所ですし、食べることを考えながらきのこを見るのが不得手なので、食べるときは非情に徹しようと、人工栽培のきのこ園に出かけたというわけです。

実際に行ってみると、ほだ木から生えているシイタケのあまりのかわいらしさに、ついつい情が移って本来の目的を見失いがちになりながらも、とったその場で炭火焼などして楽しみました。

さて、しいたけ狩りも昼にはすっかり満腹になって終わってしまい、東青梅駅前に戻ると、道ばたに「風の子・太陽の子広場」という案内標識があります。 同じ多摩地区とはいえ、そうちょくちょくと来られる場所でもないので、以前訪れたときにすてきなきのこに出会えたこともあって、腹ごなしに寄ってみることにしました。

f0108133_7195846.jpgしばらく乾燥が続いたためか、ひからびたものがちょぼちょぼとあるだけで、めぼしいきのこは見られず、これはやはり嫌われたのかと思いつつ進んで行くと、林の中の土の露出した場所に、なんと開いたばかりのきれいなツチグリがいるではありませんか。

ツチグリそのものはけっこうどこにでも生えているものですし、実際近所でもごろごろと生えている場所があるのですが、じつは開いたばかりのきれいな状態のものは一度も見たことがなく、つぶれていたり、風化してぼろぼろになっていたり、古くて黒ずんでいたりと、いつも残念な思いをしていたのです。

一度きれいな状態のものを見たいと、まだ開いていない幼菌のうちから目をつけていても、いつまでたっても開かなかったり、開きかけたそばからカビにやられてしまったりして、一度でいいから「いいツチグリ」を見てみたいと言っていたところでしたので、これを見たとき、うれしさに思わず大はしゃぎしてしまいました。

たまたま運がよかっただけかもしれませんが、「風の子・太陽の子広場」はやはり聖地でした。

[写真] ツチグリ: 直径約3cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-11-03 09:21 | 菌類 | Comments(0)