人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384

<   2012年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

f0108133_23534536.jpg

アサガオ栽培2012: 11


種播きから二十六日後、二組目の本葉が開きました。

まだ自立しているようなので、今のところ支柱は不要かと思います。 小学生の頃のことなど、ほんとうにすっかり忘れてしまったのですが、いつ頃から支柱が必要になるのでしょうか。

[写真] アサガオ:草丈約13cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-31 00:02 | 植物 | Comments(0)
f0108133_818954.jpg

バジル栽培2012: 7


種播きから二十三日後のバジルの様子です。

一週間前に間引いた双葉が成長して、早くも手狭になってきたので、また三分の二ほど間引きました。 写真を見るとどこが間引いたんだと言われそうですが、バジルが大きくなったためにそう見えてしまうので、間引き前は葉っぱどうしが接触するほどの混みようだったのです。

とはいえ、やはりここまで数が減ってくると、間引くのもなかなか勇気が必要になってきます。 本来ならもう半分ぐらい間引いてもよいのでしょうが、この段階ではまだ無事成長できるか不安もあるので、もう少し様子を見てからまた間引くことにしました。 ちなみにここまで本葉が大きくなると、間引いた株も一人前にバジルの香りを漂わせています。

ところで、先日早くもきのこが降臨したこのプランターですが、よく見ると向こう側の正面にまたきのこが生えています。 先日のものと同じきのこのようですが、楽しませてくれます。

[写真] バジル:幅約3cm, ヒトヨタケの仲間のきのこ:高さ約2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-27 08:36 | 植物 | Comments(0)
f0108133_744690.jpg

オカワカメ栽培2012: 5


苗を植えてから七日後のオカワカメです。

とうとうつるの先端が支柱の高さを超え、ベランダの壁の高さに到達してしまいました。 元々苗で購入したとはいえ、たった一週間で五十センチ以上も草丈が伸びたということは、平均しても一日八センチ、実際には十センチ近く伸びている日もあるので、さすがにタケノコにこそ遠く及ばないものの、我が家にとっては初めて経験する成長速度です。

そのようなわけで、早くも、ゴーヤー用に使った園芸用の網を張ることにしました。 昨年ゴーヤーの葉がみな妙に小さかった原因のひとつは、網が揺れて足場が悪いことではないかと考えたことから、上下だけでなく左右からも凧糸でぎゅうぎゅうと網を引っぱって固定し、可能な限りぴんと張ってみたのですが、果たしてオカワカメには気に入ってもらえるのでしょうか。

[写真] オカワカメ:草丈約80cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-27 08:17 | 植物 | Comments(0)

アサガオに次の本葉が

f0108133_031042.jpg

アサガオ栽培2012: 10


種播きから二十二日後、本葉が大きく育ち、次の本葉も顔を出し始めました。

ところで偶然かもしれませんが、三株あるうちのひとつは本葉が片方だけが大きく育ち、まるで横に生えている株の上を覆って日射しをさえぎっているかのように見えます。 まさかこんなところで熾烈な生存競争が繰り広げられているのでしょうか。

[写真] アサガオ:草丈約11cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-27 00:19 | 植物 | Comments(0)
関内(せきうち)さんの木彫りきのこ紹介の十六回目です。
(関内さんの作品についてはこちらに詳しい説明があります)

関内さんの作品をずっと紹介してきましたが、今回が最後になります。

f0108133_23535243.jpg

f0108133_23535667.jpgきのこの女王キヌガサタケですが、他の作品と較べると、少々雰囲気が違っています。

網の部分があまり網らしくなく、板のようになっていますし、台の部分は学名の記された、なにやら箱状のものがついているのです。

じつは右の写真を見れば一目瞭然なのですが、この作品は単なる置き物ではなく、ランプになっていて、箱の部分は電池が入るようになっています。 この状態では見えませんが、箱の後ろにはスイッチも取り付けてあります。

ランプを点灯したときの状態が下の写真ですが、目の粗い不規則な形の穴から漏れる光がとてもよい雰囲気で、じつはなかなか計算された形状だったのでした。
f0108133_2354578.jpg

そして、このキヌガサタケのランプには、もうひとつ風変わりな作品が組になっています。 下の作品がそれなのですが、どう見てもきのこではなく、こちらも下にまた何やら箱が付いていて、しかもその上には円盤まで付いています。
f0108133_23541129.jpg

f0108133_23541550.jpgじつはこの謎の箱、キヌガサタケのランプ専用の回転台になっているのです。 ランプと同様、この箱の後ろにもスイッチが取り付けられており、スイッチを入れると箱の中に取り付けられたモーターが起動し、上の円盤が回転するのです。

キヌガサタケのランプを乗せた状態が右の写真なのですが、静止した状態では単に箱が二段重ねになって背が高くなったというだけで、それほど面白いものではありません。 この回転台の面白さは、部屋を暗くしてランプを点灯することでわかるのですが、その様子を撮影したのが下の動画です。

暗くしてしまうと様子がわかりにくいので、明るい状態で撮ったものと、部屋を暗くして点灯したものの双方を並べましたが、ランプの傘の穴から漏れる光がぐるぐる回りながら周囲を照らす様子は、まるでミラーボールのようで、たいへん楽しい作品です。(モーターの音はご愛嬌ということで)



十六回にわたり、関内さんの作品を紹介してきましたが、これらの作品を私がしまい込んで、お蔵入りにしてしまうのももったいないと思いますので、今後またきのこの編みぐるみ展などの機会があれば、これらの関内さんの作品もいくつか展示できればと思っています。

なお関内さんは、品川区にある大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森という公園によくいらっしゃるそうで、そこの管理事務所には、関内さんの撮影されたきのこの写真や木彫りきのこ作品がいくつかあるようです。(もう置いていない?) じつは公園のホームページを見ると、定期的に切り替わる管理事務所の写真の一枚に、ここでご紹介したものと同じきのこの置き物が写っています。

もし、きのこ観察のお好きなかたで、そちら方面にいらっしゃる機会があるようでしたら、のぞいてみてはいかがでしょうか。 もしかすると関内さんご本人にもお会いできるかもしれません。

作品No.不明 (1998/4/26): キヌガサタケのランプ [高さ16.5cm, 木・鉄・豆電球など, アクリル絵の具?]
作品No.不明 (2006/12/16): キヌガサタケのランプ [幅9.8cm, 木・鉄・模型用モーターなど, ニス仕上げ]


by at384 | 2012-05-25 01:04 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_23334831.jpg

オカワカメ栽培2012: 4


苗を植えてから五日後のオカワカメです。

相変わらずものすごい勢いでつるが伸びています。 で、肝心の葉っぱのほうは、少しずつ大きくなっているのですが、下のほうに写っている大きな葉と較べるとかなりの違いです。 オカワカメは肥料食いと聞いたのですが、肥料が足りないのでしょうか。

[写真] オカワカメ:草丈約56cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-24 23:50 | 植物 | Comments(2)
f0108133_23255989.jpg

バジル栽培2012: 6


種播きから二十日後、バジルの本葉がすっかり大きくなりました。

先日間引いたばかりなのですが、双葉も大きくなり、少し手狭になってきました。 今週末にはまた間引かねばなりません。

[写真] バジルの双葉:幅約2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-24 23:33 | 植物 | Comments(0)
f0108133_22552973.jpg

アサガオ栽培2012: 9


種播きから十九日後のアサガオの様子です。

本葉が開きました。 と思いきや、気がつけば既に一枚大きくなっているではありませんか。 どういうわけか片方だけ、しかもあまりに堂々としているものだから、すっかり見落としていました。

それにしても、アサガオの本葉はこんな形だっただろうかと、何となく腑に落ちないものがあります。 おそらくあまり記憶に残っていないのか、ヒルガオの葉とごっちゃになっているのかもしれません。

[写真] アサガオ:草丈約9cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-24 23:23 | 植物 | Comments(0)
関内(せきうち)さんの木彫りきのこ紹介の十五回目です。
(関内さんの作品についてはこちらに詳しい説明があります)

今回は台のない、彩色された作品群です。

f0108133_22482942.jpg

f0108133_22483460.jpgこちらはムラサキシメジです。

傘と柄の色の違いや細かな繊維状の質感など、彩色も手が込んでいますが、傘の裏のひだを一枚一枚作り込んでいるところや、柄に虫喰い穴があいているところなど、作りそのものも手が込んでいます。

なお、幼菌のほうの傘の裏は、ひだが絵の具で描いてあります。



f0108133_22484052.jpg

こちらはアカヤアドリです。

このきのこも私自身が見たことがないので、細かいところはわかりませんが、このきのこの特徴である傘のひび割れが、単なる色分けではなくしっかり彫り込まれています。

作品No.不明 (制作時期不明): ムラサキシメジ [高さ10cm, 木製, アクリル絵の具?]
作品No.不明 (制作時期不明): アカヤマドリ [高さ10.5cm, 木製, アクリル絵の具?]


by at384 | 2012-05-23 23:26 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_011982.jpg

オカワカメ栽培2012: 3


f0108133_012475.jpg苗を植えてから三日後、がっちりと支柱にからみつきました。

それにしても驚異的な成長ぶりで、たったの三日で二十二センチも伸びたことになります。 今週末にはネットを取り付けようと考えているのですが、このままでは下手をすると間に合わず、ベランダの手すりにからみついてしまいかねません。

ただ、ひとつ気になるのは、草丈こそすごい勢いで伸びているのですが、今のところ伸びるのはつるばかりだということです。 肝心の葉のほうはいったいいつ頃大きくなるのでしょうか。

[写真] オカワカメ:草丈約45cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-05-23 00:09 | 植物 | Comments(0)