人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゴーヤがまた結実

f0108133_957247.jpg

ゴーヤ栽培2010: 24


苗を植えてから百三十九日目のゴーヤです。

f0108133_9573338.jpg非常に撮りにくい場所にあるものを無理して撮ったところ、いかにも写真系のブログらしい、詩的な雰囲気の写真になってしまいました。

それはさておき、ゴーヤは相変わらず伸び続けています。 猛暑が去って、かえって元気になったようで、根元のほうは茎だけになってしまったのもかかわらず、先端部は伸びるわ枝分かれするわで、すっかり過ごしやすくなった今頃になって、緑のカーテンができてしまいそうな勢いです。

庇の天井に届いたつるも、支えを失ってかえって茎がしっかりし始め、一時は垂れ下がりかけたものが、いまでは自力で水平になり、花も次々と咲いています。

f0108133_9574064.jpgそして、ふと気が付くと、また小さな実ができています。 もう秋になってしまい実はならないのではと思い、追肥もしていなかったのですが、この状況なら液肥でもやって、また実を太らせて収穫してみようかと思います。

[写真] ゴーヤの実:長さ約1.5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-18 10:22 | 植物 | Comments(0)

コナスはほとんど丸坊主

f0108133_9124627.jpg

コナス栽培2010: 21


種蒔きから百四十一日目のコナスです。

f0108133_913662.jpgハダニの被害はますます深刻になり、喰われて白くなってしまった葉は次から次へと落ちて、ほとんど丸坊主のような状態になってしまいました。

付いている二つの実も、一週間前からあまり大きくなっていないようです。 実を指で押してみてもまだ固く、食べ頃にはまだ遠いようにも思えるのですが、そろそろ収穫したほうがよいのかもしれません。

f0108133_9125923.jpg育て方もろくに調べずに小さな鉢に植えてしまったり、水涸れを起こしてしまったり、猛暑で弱ってしまったりと失敗続きで、結局今付いているものを含めて、たったの六個しかまともに実が付かなかったのですが、失敗も含めて栽培の過程はじゅうぶんに楽しめましたし、こんな実でも穫れたてのものは意外なほど美味しくいただけました。

このコナス栽培セットをくださった妻の知り合いの方に感謝いたします。

[写真] コナスの実:直径約1.5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-18 09:54 | 植物 | Comments(0)

再びの夏本番

f0108133_838471.jpg

バジル栽培2010: 22


種蒔きから百三十四日目のバジルです。

ようやっと猛暑が去ったようで、朝晩は過ごしやすくなり、昼間も日陰にいれば耐えられる程度になりました。 猛暑に慣れてしまったためか、もう夏が終わったかのような感があるのですが、植物の様子を見ると、どうも事情が少し違っているようです。

先日の大雨の後、ふと気が付くと周りの植物が一回り大きくなっているような気がするのです。 実際、よく見ると先端の葉の色が妙に若々しく、急に成長したかのような草木をあちこちで見かけます。

そしてこれは我が家のベランダでも同じく、気が付けばバジルが見違えるほど大きくなっていました。 ここ数日の大雨とほどほどの暑さで、先日まで毎日せねばならなかった毎朝の水やりをしなかったために、変化がかえって目に付いたのかもしれませんが、それだけではないように思えます。

この夏の猛暑と少雨は農家でも野菜が育たず、野菜の高騰を招いたほどで、きっと植物もへばっていたのでしょう。 それがここに来て、雨と程よい暑さで、今になって本来の夏の元気を取り戻したのではないでしょうか。

それはともあれ、すっかり丸坊主の状態から再びこんなに立派に成長した我が家のバジル、ここまで大きくなれば、これを使って何を作ろうかと楽しみになってきます。

[写真] バジル:草丈約12cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-18 09:07 | 植物 | Comments(0)
f0108133_19103379.jpg

ゴーヤ栽培2010: 23


苗を植えてから百三十二日目のゴーヤです。

何かしら新しい話題があるとよいのですが、残念ながら先週とほとんど様子が変わりません。

相変わらずつるは伸びているのですが、既にベランダの庇に届いてしまい、天井付近で垂れ下がっています。 小さいながらも花は咲き続けていますが、雌花はひとつもありません。

この先、どこまで成長し続けるのでしょうか。

[写真] ゴーヤ:草丈約2.3m



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-11 19:21 | 植物 | Comments(0)
f0108133_18532750.jpg

コナス栽培2010: 20


種蒔きから百三十四日目のコナスです。

f0108133_18551840.jpgハダニにやられて白くなった葉は更に状況が悪化して、茶色くなり始めてしまいました。 とりあえず葉水はやっているのですが、葉を緑色に戻す術もなく、見守るほかはありません。

これで光合成がちゃんとできるのか心配になるのですが、二つ付いている実は少しずつ大きくなって、しかも紫色に変わりつつあります。

この状況ではおそらく最後の実になってしまうでしょうが、小粒ながらも、何とか収穫できるまでになるかもしれません。

[写真] コナスの実:直径約1.2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-11 19:09 | 植物 | Comments(0)

バジルは順調に成長中

f0108133_186325.jpg

バジル栽培2010: 21


種蒔きから百二十七日目のバジルです。

陽当たりの良い場所に移動してから一週間、コナスやゴーヤが寂しい状況になっている中で、バジルだけが唯一元気に育っています。

再生し始めたときには正直あまり期待していませんでしたが、これならそのうちまた使えるまでになるかもしれません。

[写真] バジル:葉の大きさ約3.5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-11 18:47 | 植物 | Comments(0)

ますます伸びるゴーヤ

f0108133_9541240.jpg

ゴーヤ栽培2010: 22


f0108133_9542194.jpg苗を植えてから百二十五日目のゴーヤです。

先週末にたった一つ残っていた実は結局収穫してしまい、とうとう実がひとつもなくなりました。 おまけに根元のほうの葉もほとんどなくなって、我が家のゴーヤはすっかり寂しくなっています。

その一方でつるの先端は相変わらず上へ上へと伸びて行き、とうとうベランダの天井に届いてしまいました。 この先いつまで伸び続けるのかわかりませんが、せっかくですから枯れるまで様子を見続けようと思います。

ところで先日テレビのニュースを見ていたら、毎年ゴーヤで緑のカーテンを作っているというどこかの市役所で、やはりゴーヤの根元のほうの葉が枯れてしまい、隙間ができて電気代が上がってしまったという話題が出ていました。

根元のほうの葉が枯れるのは、我が家の育て方だけの問題ではなく、やはり猛暑も原因のようです。

[写真] ゴーヤ:草丈約2.3m



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-05 10:31 | 植物 | Comments(0)
f0108133_913439.jpg

コナス栽培2010: 19


種蒔きから百二十七日目のコナスです。

ハダニの被害はますます拡大して、葉はみな真っ白になってしまいました。 毎朝水やりの際に葉水をしているのですが、この暑さと乾燥ではあっという間に乾いてしまい、効果もないようです。

f0108133_9131690.jpgしかし、このような状況にあって、先週まで花が咲いては結実せずに落ちてしまっていたものが、二つ結実しました。

f0108133_9131197.jpg思い返せば、一時期は花芽が大量にできて、これが全部結実して大丈夫なものかと心配したのですが、ちゃんとコナス自身がわかっていて、二つになるまで花を自ら落としていたのでしょうか。 それともハダニにやられて身の危険を感じ、子孫を残そうとしたのでしょうか。

理由はわかりませんが、このまま枯れて駄目になってしまうのかと思っていたものが、とりあえず結実したことはよかったです。

ただ、この状況で無事二つとも育つものでしょうか。 その点はかなり心配です。

[写真] コナスの実:直径約7mm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-05 09:33 | 植物 | Comments(0)

バジル完全復活

f0108133_8114052.jpg

バジル栽培2010: 20


種蒔きから百二十日目のバジルです。

茎の切り口から芽を出したバジルは、丸坊主にされてから半月ほどかかって完全に復活しました。

それにしても随分と時間がかかるものだと思っていたのですが、昼間ふと見たとき、その理由の一つに気が付きました。 このプランターの置き場所は、今ではほとんど終日日陰になっていたのです。

毎日猛暑と熱帯夜が続いているため、何となくいまだに真上から太陽が照りつけているような気がしていたのですが、いつの間にか陽はすっかり低くなっていたのでした。

[写真] バジル:葉の大きさ約2.5cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2010-09-05 09:01 | 植物 | Comments(0)