人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年もバジル栽培開始

f0108133_22541290.jpg

バジル栽培2007:1


暖冬かと思いきや、冬に逆戻りしたかのような寒い日が続いたりして、なかなか踏ん切りが付かずにいたのですが、気候もそろそろ安定して暖かくなってきたので、今年もバジル栽培を始めました。

ベランダのプランターでのバジル栽培は過去三年に亘って続けており、今年は四年目になります。とはいうものの、ろくすっぽ勉強もせずにいい加減なやり方で行っているため、昨年などは双葉の状態で全滅し、苗を買ってきてやり直すという羽目になりました。

今年も相変わらずあまり学習もせずに始めてしまい、一袋分の種を一つのプランターに全部蒔いてこんな混み具合になるなど、少しでも心得のある人から見ると目を覆いたくなるような状態でしょうが、こんな具合であまり生真面目に考えず、のんびり楽しみながらやって行こうと思います。

ちなみに不勉強とはいえ、バジルがシソ科の植物で、発芽には光が必要なのは学習したので、このまま土はかけず、種が乾かぬよう時々霧吹きで水分を与えながら発芽を待ちます。(人によっては薄く土をかけるとか、光が通るような薄い紙で覆うなどのやりかたもあるようです)

[写真] バジルの種:約0.8mm


種蒔きの時だけのお楽しみ。真っ黒の固そうな種が、水分を含むとみるみるうちに白い寒天状の物質に覆われて行く。


PENTAX K10D + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople K10D

by at384 | 2007-04-22 22:42 | 植物 | Comments(2)

冬のヒマワリに花芽が

f0108133_23522754.jpg

冬のヒマワリ:3


昨年末年明けと、真冬なのに発芽してしまったヒマワリの話題を取り上げたのですが、その後、特に大きな変化もなかったため、話題にはしていませんでした。

ヒマワリは家のすぐそばに生えているため、毎日通勤時に様子を見ていたのですが、実はその後も目立った成長こそないものの、しっかり持ちこたえていました。そしてここ最近、暖かくなってきたためか、急に大きくなりだしたのでそろそろ話題にしようかと写真を撮ろうとした時、なんと、茎の先端に花芽が付いているのを見つけました。

暖かくなったとはいえ、まだ草丈は10cmそこそこしかありません。近頃は園芸用に小さなヒマワリもあるようですが、このヒマワリは種の長さが1cm近くある立派なもので、むしろ相当大型のように感じました。

何がどうなって花芽ができたのかわかりませんが、このまま花が咲いてしまうのでしょうか。ちなみに花芽ができたのは一株だけではなく、見たところ三〜四株に付いていましたので、偶然ではないようです。

しかし、暖冬と言われながらも寒い日はしっかり寒く、乾燥が続いたときもあったのに何とか持ちこたえるとは、たくましいやつです。この先どうなるか楽しみです。

ヒマワリの成長については、取り上げるのをさぼっていましたので、参考までに、ここでおさらいしておきます。

f0108133_23524986.jpg12月24日

発芽しました。

f0108133_23531133.jpg1月3日

双葉が出揃いました。本葉が顔を出し始めています。

f0108133_23533556.jpg2月11日

本葉が四枚になりました。

f0108133_23535394.jpg3月31日

花芽ができました。本葉は六〜八枚程度しかありません。茎の直径は2mm程度しかなく、ひょろひょろしています。

[写真] ヒマワリ:草丈約10cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-04-05 23:41 | 植物 | Comments(4)