人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0108133_2341441.jpg

百貨店の島根物産展で買って来た、ヒオウギガイです。

この貝の殻は写真の紫、橙の他に、赤や黄色など様々な色があり、並べて置いてあるととてもきれいで、縁日のカラーひよこではないですが、本当にこんな色をしているのか、実は着色しているのではないかと疑いたくなるほどです。

本当だとしても、あまりにきれいな色なので、こんなもの食べて大丈夫なのかと心配になりますし、大丈夫だとしても不味いんじゃないかと思ってしまいますが、何とこれが大変美味しいのです。並べて比較した訳ではありませんが、味は形が似ているホタテより旨味があっさりした感じの一方、肉質は弾力に富んで甘みが強いように思いました。どうも、天は時々気紛れに二物を与えてしまうようです。

物産展で試食させてもらった際、店の人に冗談で「こんなに派手な物食べて大丈夫なんですか」だの、「どの色が美味しいんですか」だの、「やっぱり赤いのは辛いんですか」などと馬鹿なことを言って喜んでいるうち、ノリで買ってしまったのですが、結局何だかんだで、たっぷり楽しませていただきました。

ところで、帰ってから台所で写真を撮っていて気付いたのですが、貝紐の所にある眼点が結構大きく、しかも真っ青なのが神秘的で、少々不気味でもありました。
f0108133_23413996.jpg

[写真] ヒオウギガイ:貝殻の幅約10cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-21 23:31 | 軟体動物 | Comments(0)
f0108133_235581.jpg

彩りの少ないこの時期、散歩中にいろいろな植物の花芽を探してささやかに楽しんでいます。その中でも特に大きくて目立つのがコブシとモクレンの花芽です。

f0108133_236378.jpg我が家の近所ではコブシやモクレンがいたるところに植わっています。特にコブシは本数が多い上に大柄な樹も多く、枝先にびっしりと花芽を付けたさまは、まるで商店街の電飾を想わせ、なかなか壮観です。モクレンはやや本数が少なく、樹も小振りなのですが、花芽の大きさは花の大きさと比例して、遠目にもよくわかる大きさです。

どちらも越冬に適応したのか、もこもことした毛に覆われて暖かそうです。

春先になるとまず早々とモクレンが、続いてコブシが咲きますが、あれだけ早く咲きながら、実がなるのは秋で、葉が落ちるともうこんなに大きな花芽が準備されているのですから、一年中働き通しのようで、怠け者の私は頭が下がる思いです。コブシやモクレンはどこに行ってもよく見る樹ですが、それもこんな勤勉さが日本人好みだからなのでしょうか。

[写真] コブシとモクレンの花芽



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-18 23:00 | 植物 | Comments(0)

早くもマンサクが

f0108133_23334966.jpg

井の頭公園で散歩中に撮った、マンサクの花です。

f0108133_2341204.jpg最初はたまたま狂い咲きしているだけかと思ったのですが、咲いていたのは一本だけでなく、周辺にあった他の株もやはり咲いていました。

マンサクの花が早くから咲くのは知っていましたが、もう少し先かと思っていました。気になって調べてみたところ、やはり通常は二月から三月のようです。これもまた暖冬の影響でしょうか。

しかもマンサクの花は、葉が落ちて枝だけになったところに咲いていると思っていたのですが、このマンサクは枯れてはいるものの葉っぱがたくさん付いています。お陰で初めてマンサクの葉の形がどうなっているか知りました。マンサクには失礼な話ですが、咲くのが早いせいか、梅や桜など他の花が咲いてしまうと、すっかり忘れ去ってしまうというのが実際でしたので。

とは言うものの、やはり枯葉だらけの枝に花が咲いているというのは、何だか奇妙な光景です。

[写真] マンサクの花:約2cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-13 23:25 | 植物 | Comments(0)

ヒマワリ発芽完了

f0108133_11272395.jpg

冬のヒマワリ:2


昨年末、温暖さのためか発芽してしまった、近所の植え込みのヒマワリの種ですが、やはり気になって通勤の行き帰りにしばしば様子を見てしまいます。そのような訳で、暖冬とはいえ季節外れの真冬にいつまで持ちこたえるかわかりませんが、夏休みの宿題よろしく、適宜近況報告をしてみようかと思います。

f0108133_11275918.jpgそして、現在の様子ですが、双葉はすっかり種の殻を脱ぎ捨てて大きく広がりました。更に双葉の間からは短毛に覆われた本葉も伸びて来ています。

しかし、発芽したばかりの昨年末と較べると、何処となく色つやが乏しいように感じられます。当のヒマワリ自身がうっかり発芽したことを後悔し、「あらららら」と脱力しているかのように見えなくもありません。緩んでいた気候も今週末から一転、強い冬型になるとの予報なので、この先どうなることやら。若干心配です。

[写真] ヒマワリの芽:高さ約4cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-06 12:25 | 植物 | Comments(0)

ハナミズキの春支度

f0108133_22122881.jpg

近所の公園に植わっているハナミズキです。

f0108133_22124918.jpgハナミズキと言えば可憐な形の花が特徴ですが、すっかり葉の落ちたこの時期に見られる、他の樹木には見られない個性的な枝ぶりもなかなか見ものです。神経細胞を想わせる細かく分かれた枝は、今にも動き出しそうな雰囲気を醸し出し、まるで妖怪を思わせるものがあります。

そしてこのハナミズキも、しっかり春の準備をしています。この怪しげな枝先には妖怪油すましの頭のような形をした蕾が付いており、これまた怪しげな雰囲気を後押ししています。

こんな怪しげな雰囲気を漂わすハナミズキ、悪趣味な私は見ていて飽きないのですが、それはさておき、いつの間にこんな大きな蕾ができていたのでしょうか。

[写真] ハナミズキ:蕾の直径約5mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-03 22:08 | 植物 | Comments(0)

桜の春支度

f0108133_17344870.jpg

本年もよろしくお願いします。

近所の公園に生えている桜の枝です。遠くに小さく凧が見えていて、いかにもお正月という感じなのですが、昨年暮れに撮った写真です。

f0108133_17351089.jpgついひと月程前に葉が落ちたように思っていたのですが、気が付くといつの間にやら花芽が準備されています。葉が落ちるのを見ているとどうしても「枯れる」という印象が強いのですが、しっかり次の準備をしているようで感心してしまいます。

春先までは暫くこのままの大きさで休んでいるのでしょうが、まだ先とはいえ、このような姿を見るのは何となくうれしいものです。今年は暖冬になるとの予報だそうですが、桜の開花はいつ頃になるでしょうか。


ところで写真自体が好きということもあり、最近ついつい生き物と関係のない写真を出してしまうことが増えて、収拾が付かなくなってきていましたので、生き物と関係のない写真は別のブログを作って分けることにしました。これに伴い一部の記事をそちらに移動しましたが、いただいたコメントまでは移せませんので、止むなく削除いたしました。ご容赦ください。

[写真] 桜:高さ約10m



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2007-01-02 18:24 | 植物 | Comments(0)