人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384

<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0108133_912389.jpg

『きのこならび』の最後はお決まりのように巨大な菌輪を作るきのこです。

先日庭園美術館のテングタケの話題を取り上げましたが、その庭園美術館に隣接して国立科学博物館附属自然教育園があります。ここは人間の手を殆ど入れない、野放し状態の雑木林が広がっており、野性味たっぷりのきのこに出会うことができます。

写真はこの自然教育園に毎年決まって現れるきのこの一つ、ウラムラサキシメジです。名前の通り、表側は地味な黄土色の傘なのですが、裏側は実にきれいな紫色をしているきのこで、何より見事なまでの巨大な菌輪を作ります。菌輪を作るきのこの多くは、年を経て輪の径が大きくなると次第に輪が途切れたり、成長速度にムラが出たりして輪の輪郭が崩れ、よく見ないと輪と気付かなくなることが多いようですが、このウラムラサキシメジは生命力が強いのか、連帯感が強いのか、半径十数メートルとも思える巨大な菌輪にもかかわらず、一糸乱れぬ明瞭な列をなしています。これはここのやつが特別という訳ではないようで、私自身このきのこを園内の他の場所、新宿御苑、千葉県立中央博物館の生態園で見ていますが、いずれも変わらぬ見事な菌輪を形成していました。

束の間に現れては消え去ったり、輪や列を作ったり、地を埋め尽くすかのような集団を作ったりと、きのこはまさに妖精、木霊、妖怪に例えられるのも不思議ではない、妖しい魅力を持った生き物です。

また余談になってしまいますが、この白金台はかつて私と妻が身内だけのささやかな結婚披露の宴を行った場所で、今はこうして毎年きのこ撮りに通っているというのも妙な因縁です。いかにも白金台といった、おしゃれな装いや高級そうな犬連れで優雅に歩くのではなく、撮影機材の入った重い鞄をぶらさげ、高尾山でも行くかのような場違いな格好ではありますが。

[写真] 被写体:幅約5mm


国立科学博物館附属自然教育園にて


PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

by at384 | 2006-10-28 10:24 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_033766.jpg

これは菌輪ではないようなのですが、まるで列を作っているかのように見えるので、一緒に取り上げてみました。

少々数が多過ぎるものの、心無しかサザエさんのエンディングと似ているように思えます。一番手前で後ろ向きになり、みんなを導いているように見えるのがサザエさん、そしてそのサザエさんに付いてぞろぞろとやってくるのが磯野家の人たち。この後、みんながどどっと一軒家に駆け込み、家がばふっと揺れて「ちゃっちゃら、ちゃらららん。ぽんっ!」と終わり、サザエさんが「来週もまた、見てくださいねっ。」となるわけです。

余談ですが、私が子供の頃はサザエさんがあんぱんを丸ごと呑み込んで、「ほんがほっほっ!」と息を詰まらせる場面が最後に出てきたのですが、今は子供が真似しないようにとの配慮なのか、じゃんけんに変わってしまったようです。そこまで神経質にならないといけないものなのでしょうかね。

[写真] 名称不明:傘径約5mm


野川公園にて


PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

by at384 | 2006-10-27 23:58 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_075144.jpg

前回に続いて菌輪の写真です。

こちらはかなりまばらになってしまったのが少々残念ですが、小さくまとまった輪を描いています。ちょうど真ん中に小さなきのこがぽつんと立っているところが、まるでかごめかごめをしているようにも見え、可愛らしいきのこです。

[写真] 名称不明:傘径約1cm


都立野川公園にて


PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

by at384 | 2006-10-26 23:33 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_23251567.jpg

きのこ撮りで最も楽しいことの一つは、菌輪、「欧米か!」風に言えばフェアリーリング(妖精の輪)に出会うことです。

またその話かと言われそうですが、菌輪は一部の種類のきのこが作るもので、地中で放射状に伸びて行った菌糸の先端からきのこが生えるため、地上から見るときのこが輪を描いて並んで生えているように見えるのです。菌糸の成長につれて菌輪は年々径が大きくなり、形が崩れてしまうことも多々ありますが、そのまま成長し続けると、ついには地平線のごとく列をなして見えるまでになります。

いずれにせよ、森や雑木林の中で人知れず輪を作ったり一列に並んで生えている様子は、菌類などという無味乾燥な分類名を超え、まさに妖精や木霊を思わせるもので、見つけるとついつい歓声を上げてしまいます。

この写真のものはかなり大きな菌輪の一部のようで、形が若干崩れてはいますが、緩い円弧を描きながら並んでいるのがわかります。思い思いの向きに傾きながら生えている様子は、列を作って行進しているかのようで、昔話の「かさじぞう」でお地蔵さんがえっこらせと並んで歩いている光景を想い起こさせます。

[写真] 名称不明:傘径約2cm


都立野川公園にて


PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

by at384 | 2006-10-25 23:21 | 菌類 | Comments(2)

また会えたね

f0108133_014118.jpg

昨年の十月、庭園美術館の日本庭園で憧れのテングタケに出会い、「絵に描いたようなきのこ」でその話題を取り上げたのですが、今年もまたあのテングタケに会いに、庭園美術館に行ってみました。

テングタケはマツタケと同様、菌輪、西洋風に言えば妖精の輪を作る典型的なきのこで、その輪を毎年少しずつ広げながら、毎年その先端に子実体(きのこ)を発生させます。そのため、毎年ほぼ同じような時期に、同じ場所に生えてくるのです。

今年は丁度この時期に乾燥した日が続いてしまったせいか、昨年ほどたくさんは生えておらず、成長したこの写真のものと、ツボからようやっと顔を出した幼菌が一つあっただけでしたが、一年ぶりに期待通り同じきのこに会えるというのは、別にきのこが待っていてくれた訳はないのですが、何だか懐かしい友達と再会したようで、妙に嬉しいものです。

テングタケと言えば代表的な毒きのこではありますが、丸っこい傘に白い点々という、まさに絵本の挿絵に出てくるような典型的なきのこ型は、何度見ても見飽きる事はありません。我ながら変な奴だと感じながらも、おもわず傘をなでてしまいました。

来年もまたこの場所で、仲良く並んだテングタケに会いたいものです。

[写真] テングタケ:高さ約4cm


都会の真ん中の白金台でこんな愛らしいきのこに出会えるのだから、東京もまだまだ捨てたもんじゃないなと思う。


PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2006-10-24 00:40 | 菌類 | Comments(0)

ヒガンバナその後

f0108133_234073.jpg

ヒガンバナの葉っぱ:1


お彼岸前に「ヒガンバナの、びよ〜ん」で取り上げたヒガンバナですが、先日、あの時に調べて知った事を実際に確認すべく、買い物に行く道にあるヒガンバナの様子を見に行きました。

ヒガンバナが咲いていた場所には、青々とした葉っぱが生えて来ていました。ニラの葉をつやつやさせたような葉っぱです。この場所は吉祥寺まで歩いて買い物に行く際に、しょっちゅう通る場所なので何度も目にしていたはずなのですが、何も記憶に残っていませんでした。まさかこれがヒガンバナの葉だとは露も知らず、単なる雑草として見過ごしていたからでしょう。

それにしても、何という巧妙な策でしょう。私は自由に動けない植物の持つ、広範囲に子孫をばらまいたり、養分や縄張りを確保したりするための巧妙な仕掛けが大好きで、食虫植物をはじめ、こういった類いの私的殿堂入り植物が幾つもあるのですが、他の植物と全く逆の周期を持ち、他が葉を落として休眠する冬に葉を出して日照を独占するというこのヒガンバナの作戦にも恐れ入りました。堂々の殿堂入り植物です。

[写真] ヒガンバナ:草丈約20cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2006-10-22 22:58 | 植物 | Comments(2)

ムーミン谷のきのこ

f0108133_81815.jpg

先日の、埼玉県飯能市にあるムーミン谷の続きです。

どちらかと言えばトトロっぽい印象のある埼玉県西部にありながら、まるで異空間の雰囲気を漂わしている飯能市の「あけぼの子どもの森公園」。下の写真のように、建物自体がきのこを思わせる形なのですが、帰り際、出口付近で小さなきのこを見つけました。

側溝の脇に立っている「流れの中に石やゴミを入れないでください。」という木製の小さな看板のすぐ傍らに、さらに小さなきのこが生えています。まるできのこが看板の横に立って主張しているようで、かわいらしかったです。

f0108133_8172033.jpg
きのこっぽい建物

f0108133_8174114.jpg
きのこっぽい建物を遠景から

[写真] あけぼの子どもの森公園:埼玉県飯能市


勢い込んで手を出した中判なのだが、相変わらず何だかな〜という感じの写真ばかり。まだまだ道程は遠いなあと思いながら、週一本の歩調でフィルムを消費している今日この頃。
とりあえず微力ながら、銀塩フィルムや中判カメラの絶滅阻止の一助にはなっているんだろうけど。


Rollei SL66 + Planar 80mm F2.8 HFT + FUJIFILM PRO400

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople Rollei people

by at384 | 2006-10-21 08:53 | 菌類 | Comments(0)
f0108133_23511092.jpg

この不思議な形の建物は、埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」にあるものです。

この公園は飯能市の施設で、いわゆるテーマパークではないのですが、ムーミンに出てくる童話の世界を表現したものだそうで、こんな不思議な形をした建物が公園内に数棟建っています。建物はいずれも子どもを対象としたもので、資料館のようなもの、ミニシアター、遊び場といった構成のようです。建物だけでなく、公園全体がムーミン谷を思わせるのどかな感じで、子ども連れの家族でいっぱいでした。特に遊戯施設のようなものはないのですが、子どもたちはみんな楽しそうで、大人も充分楽しめます。

私もたまたま知ったのですが、こんな素敵な施設があったとは露も知りませんでした。しかも市の施設ということもあるせいか、入場料はなく、特に宣伝もされていないようです。もったいないような気もしますが、おかげで人も多すぎずのんびりと過ごせます。こんなところもムーミン谷っぽくてよいのかもしれません。
f0108133_23501528.jpg
まさにムーミン谷の雰囲気の公園内。


f0108133_2349966.jpg
この建物の中は、あちこちに小部屋があり、秘密基地っぽい造りになっていて楽しい。


f0108133_23493818.jpg
スナフキンが釣りをしていそうな小屋。


f0108133_23523421.jpgf0108133_23514996.jpg
これはおまけ。ムーミンとともに記念撮影。

[写真] あけぼのこどもの森公園:埼玉県飯能市



Rollei SL66 + Planar 80mm F2.8 HFT + FUJIFILM ASTIA 100F
PENTAX Optio 750Z(トリミング)

TrackbackPeople Rollei peopleTrackbackPeople Optio people

by at384 | 2006-10-17 23:42 | 非生物 | Comments(2)

かわいいカナヘビ

f0108133_2343316.jpg

また野川公園で久々に見た、懐かしい生き物。今回はカナヘビです。

体を温めているのか、湿地の木道の上でじっとしていました。何を見ているのかつぶらな目で、遠くを見つめているかのように佇んでいる姿が可愛らしいです。昔はよく草むらや道端にちょとちょろと現れたものですが、最近めっきり見なくなりました。自分が巳年だからなのか、ヘビやトカゲが身の回りで見られなくなるというのは、やはりさびしいものです。

[写真] ニホンカナヘビ?:体長約8cm


野川公園 自然観察園にて


PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2006-10-14 23:46 | 爬虫類・両生類 | Comments(0)

ジュズダマは昭和の香り

f0108133_075034.jpg

野川公園にある自然観察園で久々にジュズダマを見かけました。子どもの頃は、熟して黒くなった実を集めては、これといった使用目的も無く後生大事に溜め込んでいたものです。

私の住んでいる武蔵野には、まだそこいら中に雑草が生えているのですが、それでも近頃は子どもの頃から馴染みだった雑草が、いつの間にかあまり見られなくなってきたように感じます。

葉の軸を飛ばして遊んだススキ、指で輪を作ったところに窪みを作って乗せ、もう一方の手をその窪みの上から叩き付けてポンと音を出して遊んだクズ、ケムシなどと言って遊んだネコジャラシ(エノコログサ)、人に投げてくっ付けて遊んだオナモミやアメリカセンダングサ、笹の舟など、田舎育ちの私には、身の回りの雑草がおもちゃだったものですが。

[写真] ジュズダマ:草丈約80cm


野川公園の自然観察園にて


PENTAX *istDS + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople *istDSTrackbackPeople TAMRON AF SP90mm MACRO

by at384 | 2006-10-13 23:40 | 植物 | Comments(0)