人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2013年 06月 28日 ( 2 )

f0108133_056084.jpg

オカワカメ栽培2013: 6


定植から七週間後のオカワカメの様子です。

f0108133_0561237.jpg所用で二週間空いてしまいましたが、その間に昨年とれた地下茎から生えた株も急速に育ち、あっという間につるを伸ばして絡みつき始めました。 こちらのほうはまだつるを摘心せずそのまま伸ばしているので、成長の早い株では、何度かつるを切り詰めた、苗で買ってきた株に追いつくくらいになっています。

f0108133_056421.jpg今年苗で買ってきた株のほうは、摘心したところから盛んに枝分かれして、拡がりながら絡みつき、隣に生えているゴーヤーの間に割り込むなど、いよいよ「緑の悪魔」の本領を発揮し始めました。

f0108133_0562871.jpgただ、今年はそんなオカワカメの成長ぶりも少々かすんでいます。 けっしてオカワカメの成長が悪いというわけではないのですが、じつはキュウリが一株植わっており、これがとんでもない勢いで成長しているのです。

右の写真に写っていますが、キュウリの草丈はすでに百八十センチに達し、葉の大きさも幅二十センチを超える巨大なものがワサワサと茂っている状態で、茎の太さ、全体にびっしり生えて痛い剛毛と、さしずめ「緑の怪物」といったありさまなのです。

今のところ「怪物」キュウリに負けているオカワカメですが、株の数だけは全部で二十近くあるので、今後の成長ぶりが楽しみです。

[写真] オカワカメ: 草丈約1.3m



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-06-28 01:25 | 植物 | Comments(0)

エダマメが開花しました

f0108133_0112552.jpg

エダマメ栽培2013: 5


種播きから七週間後のエダマメの様子です。

所用で二週間空いてしまいましたが、その間にもエダマメはぐんぐんと伸び、摘心した株は盛んに枝分かれし、草丈だけでなく全体的に豊かになりました。 摘心していなかった三株も一週間遅れで摘心し、結局すべての株とも摘心しています。

また、二週間前にヨトウムシ(?)に喰われてボロボロになってしまった株も、一時は全部食い尽くされてしまうかと危惧したのですが、その後虫が羽化して去ったのか葉が喰われなくなり、新しい葉も出てすっかり復活しました。

f0108133_0114752.jpgそんななか、ふと見ると、枝の付け根の部分になにやら白っぽいものがいくつも見られます。 今度はカイガラムシでも付いたかと思って近寄って見たところ、なんといつの間にか花が咲いていました。

花の形は典型的なマメ科の花で、色も勝手に思い込んでいたのですが、かなり薄いものの予想どおりの紫色です。 そして、こんなところに花が咲くとは意外に思えましたが、よくよく考えるとエダマメの豆の付いている場所なので、これも納得です。

f0108133_01140100.jpgただ、豆自体の大きさからして一センチくらいはあるものと思っていたのですが、こんなに小さなものだとは思っていませんでした。 これではカラスノエンドウのほうが立派なくらいで、本当にこんな大きさなのだろうかと、少々不安になってきました。

f0108133_0113616.jpgしかも、八百屋さんで売っているエダマメは、一ヶ所にいくつものさやが鈴なりについているのですが、我が家のエダマメの花は一ヶ所に一個か、多くてもせいぜい三四個といったところ。 花一つにつきさやが一つだとすると、これではたいへんな不作ということになってしまいます。

そう思って見ると、我が家のエダマメたちは茎もなんだかひょろひょろと細いようで、ますます不安は募るのですが、だからといって何も手を打たず、ただ無駄に騒いでいるだけなのが相変わらずの我が家流です。

[写真] エダマメ: 草丈約35cm, エダマメの花: 幅約5mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-06-28 00:47 | 植物 | Comments(0)