人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2013年 05月 27日 ( 2 )

エダマメが驚異の急成長

f0108133_23264381.jpg

エダマメ栽培2013: 2


種播きから三週間後のエダマメの様子です。

『ジャックと豆の木』はたしかエンドウなので種類こそ違いますが、マメ類の成長の早さは驚くべきものがあります。 この状態はすでに「苗」の段階を通り越しており、一週間前にはまだ双葉が出ていただけとはとても想像できません。 やはり根粒細菌の力でしょうか。

ところで、私があまりにもいい加減に栽培しているので、見かねた妻が家庭菜園の参考書を買ってきてくれました。 そこにはエダマメの育てかたも載っていたのですが、見ると、種を播いたら発芽するまで水をやってはいけないのだそうで、そのためにわざわざ天気予報で数日間雨が降らなそうな日を選んで播くのだとか。

私は土がしっかり湿っていなければ発芽しないものだと勝手に思い込み、毎日水をじゃばじゃばやってしまいました。 どうやら発芽率が悪かったのは深く埋めすぎたのではなく、水のやり過ぎで腐ってしまったようです。

なんとか本葉が出るまでになったのはわずか七株なのですが、どうもこの感じでは、無事発芽できたことのほうが幸運だったと言うべきでしょう。

[写真] ダイズ: 草丈約12cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-27 23:49 | 植物 | Comments(2)
f0108133_23562356.jpg

バジル栽培2013: 3


種播きから三週間後、本葉が出てきました。

毎度のことではありますが、間引くとそのぶん残った株がすき間を埋めるように大きくなり、一週間前に間引いたことがまるでうそのようです。 当然のことながら、このあとまた思い切って間引きました。

ところで、昨年まではベランダのプランターという、ある意味むき出しの自然からは一線を隔した環境だったのですが、今年は露地植えということで、早くも自然界の洗礼を受けています。 写真にも見えていますが、まだ双葉だというのにナモグリバエがもぐり込み、白く痕ができてしまいました。

この株は間引きましたが、これから育って行くにつれ、次から次へと虫に襲われることになるのでしょう。 先が思いやられます。

[写真] バジル: 幅約1.7cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-27 00:12 | 植物 | Comments(0)