人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2013年 05月 19日 ( 5 )

エダマメが発芽しました

f0108133_22485452.jpg

エダマメ栽培2013: 1


種播きから二週間後のエダマメの様子です。

f0108133_22484456.jpgずぼらな我が家では、基本的に育てやすく虫も付きにくいハーブか、緑のカーテン用のつる植物ばかりを育てているのですが、今年はそれら以外にも手を出してみようと、エダマメを育ててみることにしました。 などと言いつつも、じつはエダマメも育てやすいとされているのが、選んだ理由なのですが。

ともあれ、マメ科は初めて手掛けるものですし、マメの発芽の姿はどことなく可愛らしいものがあるので、楽しみにしていましたが、どうやら種を深く埋めすぎたようで、これがなかなか発芽しません。

やきもきして待っていたのですが、先日の雷雨のあと、種を埋めたあたりの数カ所で土が盛り上がりだし、右上の写真のように、明らかにマメと見られる芽が顔を出し始めました。

f0108133_22484948.jpg芽が出てしまえば、さすがに大きなお弁当を持っているマメだけあって、すくすくと伸び始め、週の半ばに顔を出しはじめたものが、週末には左の写真のように本葉が顔を出しました。

元々が大きいこともあって、最初から茎も太く力強さを感じますが、マメ科には根粒細菌との共生という、菌好きにはうれしい特徴もあるので、楽しみに観察を続けようと思います。

[写真] ダイズの芽: 高さ約2cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-19 23:33 | 植物 | Comments(0)
f0108133_16364260.jpg

バジル栽培2013: 2


種播きから二週間後のバジルの様子です。

先週の時点では発芽こそしたものの、扱い慣れたプランターとは異なるために、なんとなく不安を感じてもいたのですが、一週間たってみると、このバジルがほかのどの作物よりも元気一杯に育っていました。 単に種をばらまいただけで、まさか相性だとか、過去の栽培経験などというものでもないでしょうから、これはやはりバジルの生命力の強さによるものなのでしょう。

元気よく育ちつつあるバジルですが、小さなじょうろで種を流さないよう慎重に水やりをしていたプランターとは異なり、散水用のホースでじゃばじゃば水をやっていたため、水に流された種が数カ所に集中し、場所によってはたいへんなぎゅうぎゅう詰め状態になってしまいました。

このままでは光と養分の奪い合いになってしまいますので、このあと思い切って半分ほど間引きましたが、さすがにこれだけ大量に間引くと、抜いた双葉を入れた紙袋から、ほのかにバジルの匂いが感じられます。

[写真] バジル: 幅約1cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-19 22:44 | 植物 | Comments(0)
f0108133_161003.jpg

セージ栽培2013: 1


種播きから三週間後のセージの様子です。

f0108133_1610384.jpgじつはタイムやカモミールと同じ日にセージの種も播いていたのですが、どういうわけかセージだけがなかなか発芽しませんでした。

セージは同じシソ科のタイムやバジルと較べると種がかなり大粒で、袋の中にもわずかな数しか入っておらず、初めてということもあって最初から不安に思っていたのですが、これは失敗かと半分あきらめていたところ、先日の雷雨のあと気がつくと、典型的なシソ科の双葉がぽつぽつと顔を出しています。

周囲にはタイムの種も散らばっていたのですが、明らかにタイムより大きく、よく見ると細かな毛でびっしり覆われていて、特徴からどうやらセージに違いなかろうと判断しました。

しかし、なかなか発芽しないあいだに周囲には雑草が芽吹きはじめ、さらには私が余った期限切れのディルの種をでたらめにばらまいたのが一斉に発芽してしまって、せっかく発芽したものの、最初から劣勢です。

とりあえず覆い被さっているディルと雑草は抜いてしまいましたが、この先うまく育ってくれるでしょうか。

[写真] セージの双葉: 幅約6mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-19 16:34 | 植物 | Comments(0)
f0108133_15501269.jpg

タイム栽培2013: 2


種播きから三週間後のタイムの様子です。

ゴマ粒のように細かかった双葉が全体的に大きくなり、間から本葉が顔をのぞかせるようになりました。 さらには先週は緑一色だったのが、茎の色が赤くなり、早くのタイムの特徴が現れ始めています。

種播きの際に袋からこぼしたことから、団子になってびっしり生えてしまったため、このあと少し間引いたのですが、抜いた葉を見ると茎だけでなく双葉の裏側も赤くなっていて、一人前にタイム特有の芳香もしていました。

[写真] タイム: 幅約5mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-19 16:02 | 植物 | Comments(0)
f0108133_15392019.jpg

カモミール栽培2013: 2


種播きから三週間後、本葉が出てきました。

キク科の植物を種から育てるのは初めてですので、見慣れない葉の形が新鮮に思えます。
間隔も混み合ってきたので、このあと少し間引きました。

[写真] カモミール: 幅約6mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

by at384 | 2013-05-19 15:43 | 植物 | Comments(0)