人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2012年 10月 28日 ( 3 )

f0108133_1425454.jpg

夏の作物の栽培がみな終わり、根っこを残してすべて切り取ってしまった我が家のプランターですが、きのこの最盛期で片付ける暇がないということもあって、とりあえずそのまま放置してありました。

土はすっかり乾いていたのですが、今週の火曜日にかなりの雨が降った翌日、携帯電話に妻からメールが入っており、見てみればなんと、オカワカメを植えていたプランター二つとバジルを植えていたプランター、そしてアサガオを植えていた鉢のすべてに大量のチャワンタケが生えていて、たいへんかわいらしいとのことでした。

f0108133_14255696.jpg翌朝見てみると、プランターにはそれぞれ二十個、十個、六個、植木鉢には五個の、大小のチャワンタケの仲間が生えているのが確認できました。 顕微鏡等で確認したわけではないので、チャワンタケの仲間という以上のことはわかりませんが、外見からはオオチャワンタケに近いようにも思えます。

それからは土が乾かないよう、作物もないプランターに水をあげていたところ、きのこは少しずつ大きくなってきて、今朝数えてみるとプランターにはそれぞれ二十一個、十二個、七個と、数も増えていました。 正確には増えたというより、小さくて気がつかなかったものが成長して視認できるほどになったのでしょう。

時間ができたらオカワカメの地下茎を掘り出し、冬の作物のためにプランターの土を入れ替えようと思っていたのですが、楽しそうに集っているチャワンタケを邪魔するにはしのびないので、時々水をあげながらもう少し待っていようと思います。

[写真] チャワンタケの仲間: 直径約2cm



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-10-28 15:23 | 菌類 | Comments(2)

いいカニノツメ

f0108133_11412138.jpg

先週の話なのですが、買い物がてら深大寺周辺をきのこ探索していると、細い路の傍らにちょとしたカニノツメの群生を見つけました。

f0108133_11411346.jpg名前が言い得て妙なので最初は面白がられるものの、食菌ではないうえに臭いためか、一般にはあまりもてはやされるきのこではないのですが、我が家にとってはいろいろと思い入れのあるきのこということもあって、夫婦揃ってカニノツメが大好きです。

ところがこのカニノツメ、発生時の条件などによって、なかなかいい感じに名前どおりにカニのはさみらしい形になってくれません。 そんなこともあって、まさにカニの爪といった個体に出会うと、ついつい嬉しくなってしまいます。

先週は久々にそんなカニノツメを見つけ、「いいカニノツメ」だと沸き立ちました。 しかも、ちゃんとハエまでたかっています。 ハエを見て喜ぶのも変ではありますが、編みぐるみにもハエを付けているくらいですから、やはりハエ付きは魅力です。

f0108133_11414318.jpgf0108133_11413676.jpgその場所には卵から出る途中の個体もありましたが、空気が乾燥していたためか、これらはどうやらその状態で成長が止まってしまったもののようです。

ともあれ、土が乾燥気味であまりめぼしいきのこが見られなかったので、この「いいカニノツメ」には大いに楽しませてもらいました。

f0108133_11442278.jpgちなみに余談ですが、この日はそのすぐ近くでサワガニも見つけ、写真を撮ろうと近付くと思いっきり威嚇されました。

[写真] カニノツメ: 高さ約3.5cm



PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-10-28 12:50 | 菌類 | Comments(2)
f0108133_748472.jpg

関内(せきうち)さんの木彫りきのこ紹介の番外編です。
(関内さんの作品についてはこちらに詳しい説明があります)

二週間近く前の話になってしまうのですが、機会があって関内さんと一緒に、久々に大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森できのこを探しました。

あちらの方面では先の台風以降あまり雨が降らなかったようで、ふんだんにというわけには行きませんでしたが、ウラムラサキシメジの菌輪など、我が家の近所ではあまり見かけないきのこをいろいろと見ることができました。

f0108133_7475644.jpgしかも、事前に私が「そちらのほうにオオシロカラカサタケは生えていませんか?」とうかがったところ、わざわざ探しておいてくださったうえ、引っこ抜かれたりしないよう枯草で隠しておいてくださいました。

オオシロカラカサタケは温暖化の影響か、近年発生が増えているようで、自治体のホームページなどでもよく注意が出ているらしいのですが、我が家の近所ではまったく見かけないために、話題になっているのに見られないのもうらやましく、是非見たいと思っていたので、ありがたいことです。

そして毎度でかたじけないのですが、木彫りのきのこをまたいただきました。 上の写真がそれで、ツエタケなのですが、小さな傘の裏側に精巧に作られた繊細なひたが見事です。 柄が曲がっているのは、落ちていた枯枝を加工して作ったものだそうです。

ちなみにこの木彫りのツエタケ、あらかじめ公園内の通路脇の茂みに挿してあり、そうとは知らない私は関内さんに促されるまま茂みをのぞき込むうちにこれを見つけ、「何でしょう、これは初めて見ました。まるで塗装でもしたかのようなつやがあって...、あ」というわけで見事に一本取られました。

f0108133_7482110.jpgところでその後、休憩しつつ関内さんとお話しをしているなかで、「引き出しとか小物入れのようなもので、欲しいものはありませんか」とおっしゃるので、図々しくも状差しが欲しいと申し出て、希望する仕様をお伝えしたところ、一週間後、右の写真のような素敵な状差しを作ってお送りくださいました。

裏側に折りたたみの腕が出ていて立てかけられるようになっていて、左側に封筒、右側に葉書をまとめて入れられるようになっており、正面にはなんとサンコタケのレリーフがついています。

妻が編みぐるみを作るほど夫婦してサンコタケが大好きですし、何よりマニアックさが売りのフィギュアなどは別として、サンコタケをあしらったきのこグッズはまずないのではないでしょうから大喜びで、さっそく活躍しています。

関内さん、ありがとうございました。

作品No.不明 (制作時期不明): ツエタケ [高さ12cm, 木製]
作品No.なし (2012年 10月): サンコタケの状差し [幅24cm, 木製]


実物のきのこはオオシロカラカサタケ (傘径7cm)


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-10-28 10:09 | 菌類 | Comments(2)