人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2012年 07月 25日 ( 1 )

独立系太陽光発電を増強してみました_f0108133_1735945.jpg

2012年 夏休みの工作


またしても生物以外の話題になってしまうのですが、いちおう地球環境、ひいては生き物の生存に無関係でもないという、無理やりな口実で投稿してしまいます。

およそ一年前に、ベランダでささやかながら独立系太陽光発電を始め、その後若干の改良を加えながら使い続けています。 発電といっても40ワットの太陽光パネルが二枚だけの小規模なものですが、それでも携帯電話や室内用固定電話の子機など、充電して使う小型の機器はほぼすべてまかない、梅雨前までは妻のノートパソコンの充電まで行って、採算性は別として、少しでも電力会社への依存を減らすことはできているように思います。

こうして一年間、試行錯誤しながら太陽電池との付き合いかたをだんだん体得し、活用範囲も広げてきたのですが、やはり一番の弱点は日照の強さと時間で、梅雨時はかなり厳しくなってきます。 それに加え、気温が高くなって蛍光灯すら暑く感じられるために、太陽光発電から電源を取っているLED照明の使用時間が増え、さらには消費電力の少ないDCモーターの扇風機を導入して、その電源も太陽光から取るようにしているため、供給が需要に追いつかず、交流インバーターの電圧降下警告音が鳴って慌てて電源を切ることもしばしば発生するようになりました。

そこで勤め先の夏期休暇を利用し、以前から考えていた太陽電池増強計画を実行することにしました。 といっても、ベランダには洗濯物や布団も干す場所も必要で、大型の太陽光パネルを追加設置するわけにもゆかず、基本的には現在の専有面積を変えないよう、すき間などを利用して小型のパネルを追加することにしました。

結果的には、二台の装置にそれぞれ5ワットの太陽光パネルを、上の写真のように40ワットの太陽光パネルの手前に二枚ずつ追加し、合計で50ワットずつとしました。 太陽光パネルの向きは、本来なら少し南に傾けるのが理想なのでしょうが、設置場所の都合もあって、ほぼ水平としました。 いちばん電力の欲しいこの時期の、真上に近い日の角度を考えれば、これもありかと思います。 また、40ワットの太陽光パネルの設置角度も夏場を優先し、少し寝かせました。

ちなみに真冬については、じつは日がよく当たりすぎて蓄電池が満杯となり、充電が停止するほどでしたので、追加した太陽光パネルの能力があまり発揮できなくても問題ないと考えています。 ただ、40ワットの太陽光パネルを寝かせているので、それと合わせてどうなるかはまた様子を見ていこうと思っています。

ところで肝心の効果については、増強して以降、11ボルト台だった蓄電池の電圧が12ボルトを上回るようになりましたが、いちいち対照実験のようなこともしていませんので、本当に効果があったのか、単にここ数日の好天によるものなのかは、正直わかっていません。

なお、増強した構成を図示したのが下の図です。 たかが20ワット分の追加で充電コントローラーも二台追加購入することになってしまいましたが、それなりの効果があったのだと思うことにしています。
独立系太陽光発電を増強してみました_f0108133_17353999.jpg

[写真] 独立系太陽光発電の装置群 / [図] 現在の配線図



PENTAX Optio 750Z

by at384 | 2012-07-25 18:55 | 非生物 | Comments(0)