人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 17日 ( 1 )

鳥取県立博物館大きのこ展と植田調の旅_f0108133_2355695.jpg

『砂丘菌類』


鳥取砂丘で植田調っぽい写真を撮ってみたい、という長年の念願がかない、とうとう行ってまいりました。 直前になって天気予報が雨になり、気を揉んだのですが、結局曇りの合間に陽が射して摂氏三十度を超える猛暑と強風で砂まみれになりながらも、気分だけでも植田調の世界を実感することができました。

このきのこはもちろん本物ではなく、練り消しで作った偽きのこですが、こんな妙なものを砂の上に突き立てて写真を撮っているものだから、子供が面白がって近付いてきたり、本物のきのこが生えているのかと勘違いされたりと、なかなか大変でした。

鳥取県立博物館大きのこ展と植田調の旅_f0108133_23165289.jpgところで、鳥取に行ったのは、じつは鳥取県立博物館にて開催中の『開館40周年 大きのこ展』を訪れるのが主目的で、開催期間の初日に乗り込んだのですが、夏休み前にもかかわらずけっこうなにぎわいでした。

そもそも街中いたるところにきのこ展のポスターが掲示され、いやでも目に付くので、きのこが嫌いな人でなければ、これは行かねばならぬという気分になってしまうのではないでしょうか。

内容のほうは四十周年というだけあって充実しており、展示は写真撮影も可能だったのですが、これから見られるかたもいらっしゃるでしょうから、入口の写真だけにとどめ、内容についてはお楽しみということにしておきます。 この入口の様子だけ見ても、楽しそうな予感は充分あふれているでしょう。

ちなみに、砂丘に行った帰りに「しいたけ会館 対翠閣」というホテルで、名物のきのこランチをいただいたのですが、ランチの後は温泉にも入ることができ、砂を洗い流せてたいへん助かりました。

[写真] 偽きのこ(練り消し): 高さ約3.5cm


鳥取砂丘にて


PENTAX K-5 + DA35mm F2.8 Macro Limited

by at384 | 2012-07-17 00:27 | 菌類 | Comments(0)