人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

マツバボタンの雄しべのひみつ

f0108133_936924.jpg

本来ならマツバボタンの写真にしたかったのですが、最近ほとんど見かけなくなってしまいましたので、同類のポーチュラカの写真を載せます。

昔は庭にマツバボタンを植えている家が多く、夏になると路傍にもこぼれ種から生えたマツバボタンが点々と咲いていたものです。私は子供の頃から、よく言えば好奇心が強く、悪く言えば新奇なものには不用意に手を出す頭の悪い子で、しょっちゅう毒虫に刺されたり、雑草で手を切ったりかぶれたりしていたのですが、当然のことながら通学路にあるマツバボタンも葉や花を突っついていました。

f0108133_9363294.jpg優秀な今の子供なら既に知識として解っているのでしょうが、マツバボタンの花を突っついているうち、雄しべに触れると周囲の雄しべが一斉に集まってくる、という習性に気付きました。残念ながら賢い子供ではなかったなかったので、最初は理由も考えず、ただ面白がって突っついていたのですが、何度も繰り返すうちにさすがの私も、これはもしや、蜜を吸おうとやってきた虫に、より多くの花粉をくっつけるための仕掛けではないかと思うようになりました。

とにかく賢くない子供だったので、図書館で調べるとか、親や学校の先生に聞くという手段すら思い付かず、理由に気付くまでにおそらく何年もかかって、数えきれないほどのマツバボタンの花を突っついたように思うのですが、そのおかげで幸か不幸か、雄しべが動く習性を自らの体験で知り、その理由を自分で考えて理解することになりました。

ある日突然ひらめいたとか、自らの人生の大きな転換点となったとか言うほどの劇的なものではありませんでしたが、このことをきっかけに、移動できない植物が生存や繁殖のためにとる巧妙な作戦の面白さに目覚めたのは確かです。残念ながら現在は生物学とはまったく縁のない職業に就き、あくまで趣味としてしか接していないものの、大げさですが、植物や菌類のこうした習性を観察することは、単調になりがちなサラリーマン人生を豊かにしてくれています。

そんなわけでマツバボタンの花は、自分にとっては思い入れのある、特別な意味を持つ存在で、いまだに私はマツバボタンやポーチュラカの花を見つけると、時々こっそりと指で雄しべを突っついて楽しんでいます。

[写真] ポーチュラカの花:直径約2cm


下の写真は指で突っついた後、雄しべが集まってきたところ


PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

Commented by kokusa5884 at 2008-09-28 22:15
微細なものを見つめるきっかけはそんなところにあったんですね。
僕も今日、車の中に入り込んだ小さな虫があまりに綺麗で思わず車を止めてしばし観察してしまいました。
Commented by at384 at 2008-09-28 22:58
きれいな小さい虫というとハンミョウでしょうか。最近気候のせいか、きれいな虫が減っているように感じるので、気になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2008-09-28 09:38 | 植物 | Comments(2)