人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

抜け出せなかったセミ

f0108133_959288.jpg

先日、通勤時に近所の桜並木の一本を何気なく見上げると、羽化途中で黒くなっているアブラゼミを見つけました。

羽化の途中で力尽きて固まってしまったのか、これから何とか這い出るつもりなのか、とりあえずその日はそのまま見送りましたが、翌日また見てみると、やはり同じ状態のままでした。抜け出せないまま、体だけが黒くなってしまったようです。

ところで、あちこちで話題になっているようですが、今年はあまりセミの鳴き声が聞こえません。ニイニイゼミらしき声は聞こえているのですが、大型のミンミンゼミ、アブラゼミの声はあまり聞こえず、何だか妙にしんとしています。昨年は小学校が夏休みになった途端、ミンミンゼミが一斉に鳴き出したのですが、今年は夏休みになっても一向に鳴かず、結局私が今年初めてミンミンゼミの鳴き声を聞いたのは、先日の深夜に東北で大きな地震があった翌朝でした。

そんなわけで、セミが鳴かないことと大地震を結びつけるような噂がかなり飛び交っているようで、未だにセミの声が少ないのは今度こそ大きな地震が関東地方を襲う前兆という噂も出ているようです。

私は地震については詳しくないので、この方面の話は何とも判断しかねますが、セミの少ないのは小雨で土が乾き、なかなか出られないのではないかという説もあるようです。また北米の素数ゼミほど極端ではないものの、セミの発生量に波があり、たまたま今年は谷間に当たっているという話もあるようです。

ちなみに、私の通勤路上では武蔵野市周辺ではあまりセミの声を聞かないものの、四ッ谷付近ではかなりよく鳴き声が聞こえます。ここ数週間ほとんど降水のない武蔵野市周辺と、時々降っている都心部の違いという可能性はなくもありません。また、発生量については確かに波があり、近所で見れば、一昨々年がアブラゼミの当たり年で、昨年はミンミンゼミがかなり多かったように思えます。結局、今年セミが少ない理由については何とも言えないのですが、いろいろな要因が重なっているのかもしれません。

話は飛びましたが、羽化途中で力尽きて固まっていたセミの下の土にはカラカラに乾いたところに、陶器が割れたかのようないびつな形の小穴が開いており、もしかするとこのセミは土から這い出るのに体力を使い切ってしまったのかもしれません。そう考えると、小雨のためというのもかなり頷ける説です。

[写真] アブラゼミの幼虫:体長約2.5cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople Optio people

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2008-07-27 10:08 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)