写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

鯛のうぐいす骨(鳴門骨)

f0108133_2332648.jpg

今日の夕食は鯛の炊き込みご飯にしようと、魚屋さんで真鯛の切り身を購入しました。炊飯器に切り身を骨ごと入れてご飯を炊き、炊きあがったら骨を取ってご飯と混ぜたのですが、その時、写真のような異様な形をした骨が現れました。病気か、寄生虫か、それとも科学物質による奇形かと不安になったのですが、既にご飯に入れて炊いてしまったしと、あっさり開き直って何事もなかったかのように食べてしまいました。

それでも気にはなったので夕食後に調べてみると、何とこれはそのような物騒な代物ではなく、「鳴門骨」や「うぐいす骨」と言われる、結構名が知れたものだということがわかりました。詳しいところはわかりませんでしたが、鯛が流れの激しい海を必死に尾びれを振って泳ぐうちにできるもので、これがあるということは高級天然真鯛の証しなのだそうです。このような鯛は普通は高級料亭に行ってしまい、庶民の口に入ることは希などという話もあるようですが、我が家は当然そんな高級なものなど無縁で、この鯛も吉祥寺ロンロンの魚屋さんでごく普通に積まれていたパック入りのものでした。

高級料亭うんぬんという話の信憑性は別として、この骨のある鯛が美味であることは間違いないようで、実際今回の炊き込みご飯を食べながら、過去に食べたものと比較して鯛の身が水っぽくなく、味もしっかりしてとても美味しくできていると、妻も私も思っていました。ちなみに、後でゴミ入れの中からパックに貼ってあったラベルを引っ張りだして見てみると、長崎県産になっていました。ということは玄界灘の荒波を泳いでいた鯛でしょうか。

ともあれ、美味しい鯛を食べられたし、新たな知識も得られたしと、いい経験をさせてもらいました。

[写真] 鯛のうぐいす骨(鳴門骨):瘤の直径約8mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

[PR]
Commented by kokusa5884 at 2008-05-20 20:56
いやぁ知りませんでした。見たことがあるのかも知れませんが、こうもまじまじと見たことは初めてです。炎症かなにかに起因する健康的な?奇形の一種ということでしょうか。
Commented by at384 at 2008-05-20 22:41
骨ではないですが、酷使するとできるということは、ペンダコとかそういった類いのものと共通するのでしょうか。
ところで、鯛には「九つ道具」というものがあり、この「鳴門骨」のほか、有名な「鯛中鯛」などがあるそうです。ちなみに鯛でなくタカベからでしたが、数年前にこの九つ道具の一つ、「鯛之福玉」(タイノエ)という寄生虫にも遭遇しました。これは正直言って地球外生物的な気色悪さで、妻が思わず台所で悲鳴を上げました。
Commented by びっくり猫 at 2014-04-10 02:07 x
はじめまして。
最近この種の鯛の骨にあたることが多く、気持ち悪くて検索してしまいました。
害のないものだったんですね。安心しました。
ありがとうございます。

Commented by at384 at 2014-04-10 22:14
びっくり猫さん、初めまして。
確かに知らないと気持ち悪いですよね。
でも、この骨によく遭遇するとは羨ましい限りです。
我が家はこれ以降この骨に出会っていません。
どこで買うとそんなに高確率であたるのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2008-05-18 23:33 | 魚類 | Comments(4)