人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

セリ科が元気

f0108133_824935.jpg

ベランダ菜園2008: 13


「何日目」という計算がそろそろ面倒になってきたので、大雑把に四週間(ディルは三週間)後の様子です。

天候不順と低温が一週間近く続き、順調に生育して来たベランダの作物たちも成長が足踏み状態になってしまいました。どうなることやらと気を揉んでいたのですが、ここ二日ほどの晴天で再び元気を取り戻したようで一安心です。

f0108133_8253141.jpgじわじわと成長しているものを毎日見ているとわかり難いのですが、そんな中でも成長がめざましいのがセリ科のコリアンダーとディルです。元々秋蒔きにするようなものなので低温には比較的強いのか、本葉がすっかり大きくなり、それぞれの特徴的な葉の形がはっきりしてきました。コリアンダーはエスニック料理好きの妻の要望もあって、今年初めて植えてみたので、期待に応えてくれて心強い限りです。

f0108133_8263368.jpgf0108133_827633.jpgその一方で、今ひとつ元気がないのがシソ科のバジルとタイムです。こちらも本葉は出てきているものの、コリアンダーやディルと較べると成長が鈍く、心なしか葉の色もあまり良くないように思えます。バジルやタイムはどちらかというと低温に弱いようなので、やはり低温続きの天候がひびいたのでしょうか。私としては暑いのは苦手なのですが、ここはひとつ、早く連休前の汗ばむほどの天候が復活して欲しいものです。

f0108133_8275118.jpgところで、その他の作物のほうでも色々と状況の変化が出てきています。四年目になる大先輩のオレガノは、一部の葉に何かが潜り込んで食い荒らしたような痕が付いていました。最初はあまり気にしていなかったのですが、だんだんこのような葉が増えてしまったので、念のため取り除きました。ハモグリバエだと痕の形が線状になるような気がするので、違うものだと思うのですが、何者でしょうか。ちなみにこの現象は毎年現れており、毎年大したことはないので放っておいたのですが、昨年はオレガノに付いたハダニがバジルに移ってしまい、惨事を招いた経験があるので、杞憂かもしれませんが慎重になってみました。

f0108133_8281459.jpgそして苗で買って来たシシトウのほうは、着実に成長する一方で、茎に紫色のしみのようなものが出始めました。この色はナスの茎の色そっくりなので、きっとナス科の植物特有のものだろうと考えて特段何もしていませんが、もしかしてこの株から実るシシトウはみんな激辛の大当たりになってしまうのではないかという、根拠のない不安も禁じ得ません。

[写真] コリアンダー:約3cm, ディル:約3cm, バジル:約5mm, タイム:約1cm, 他 (いずれも草丈)



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Vegetables*GardeningTrackbackPeople Optio people

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2008-05-17 08:32 | 植物 | Comments(0)