人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小さなヒマワリ、タマハジキタケ

f0108133_01879.jpg

先日、近所のウッドチップを敷き詰めた所できのこを観察していると、何か薄黄色いものがべっとりと貼り付いたようになっている場所を見つけました。その時はまだきのこらしい姿はありませんでしたが、そのうちきっと何か現れると思い、翌朝また見に行きました。

すると果たして昨日の場所に、わずか一ミリ程の黄色い花のようなものがぷちぷちと生えていました。一度お目にかかりたいと、ずっと探し求めていたタマハジキタケでした。

f0108133_012988.jpgタマハジキタケは私が大好きなチャダイゴケツチグリの仲間のきのこで、チャダイゴケが杯の中に複数の胞子塊を入れているのに対し、これは粘球という球状の胞子塊を一つだけ持っています。また、チャダイゴケが落ちて来た雨滴を利用して胞子塊を弾き飛ばすのに対し、これは粘球の下にある組織を急激に膨張させることで自ら胞子塊を弾き飛ばすという強者です。図鑑で見ると、粘球は最初乳白色、時間が経つと褐色に変わるそうです。

タマハジキタケという名前はそんな習性から来ているのですが、残念ながらその玉はすでにはじき出されてしまった後で、周囲にいくつか茶色くなった玉が転がっているだけでした。

それでも一ミリ足らずの黄色いきのこの姿は、まるで小さなヒマワリのようでたいへん可愛らしく、ますますこのきのこが大好きになりました。

ところでこのタマハジキタケを観察していたところ、そこに転がっていたウッドチップに、タマハジキタケよりも更に小さい何やらぷちぷちしたものが生えているのを見つけました。形からすると変形菌の一種、サカズキホコリの仲間のようです。ついでではありますが、面白いものを見られました。
f0108133_004211.jpg

[写真] タマハジキタケ:直径約1mm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople Optio people

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2007-07-27 23:48 | 菌類 | Comments(0)