人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランタナの微妙な休眠状態

f0108133_8413177.jpg

園芸関連の本などを見ると、ランタナ(シチヘンゲ)は常緑低木と紹介されているのですが、我が家のベランダにあるランタナは、冬になると葉を落として休眠します。おまけに二鉢あるうちの一方は、葉を落とす前には地味な色ながら紅葉までするので、落葉樹と何ら変わりありません。

街中などでよく見かけるランタナはどれも青々としていて、元気に花まで咲かせているものがあるというのに、鉢植えだからなのか、管理が悪いのか、日本の気候にすっかり適応したからなのか。他ではあまりこのようなランタナは見たことがなく、変な奴だと思いながらも、かれこれ三年育てています。

そんな変わり者の我が家のランタナですが、今年は少々様子が違っています。十一月中頃から新しい花芽ができなくなり、紅葉し始めたまでは同じですが、例年なら十二月初旬にはすっかり葉が落ちてしまうところを、今年はいつまでも葉が落ちません。それどころか、まるで剥製にでもなったかのように、それ以降状態がほとんど変わらなくなってしまったのです。上の写真は一週間ほど前に撮ったものですが、この時点で既に三週間以上同じような状態が続いており、現在も相変わらずこのような感じです。

f0108133_8415365.jpgf0108133_8421318.jpg葉っぱだけならばそれほどでもないのですが、よく見ると花や実がいくつか付いており、妙なことに、これらがドライフラワーか何かのように一ヶ月以上も同じ状態を保っているのです。通常ランタナの花は外側から内側に次々と咲いて行き、二週間ほどで散ってしまうはずですが、この花たちは一ヶ月以上散りかけの状態のままを保っています。

f0108133_8423033.jpgf0108133_8424659.jpgまた、実も一ヶ月経てばすっかり熟して、金属光沢を帯びた黒色に変わるはずですが、緑色のまま全く変わりません。たまに何かの拍子で鉢にぶつかったりすると、花がぽろぽろと落ちるので、決して元気に咲いているという状態ではないのですが、触れさえしなければ春までこの状態が続いてしまうのではとさえ思えてきます。

これも暖冬のせいでしょうか。元々熱帯原産の常緑樹で、落葉して冬を越すという行為がプログラムされている訳ではないので、例年なら低温に持ちこたえられず、結果的に葉を落としてしまうところを、微妙な寒さが続いているために、にっちもさっちも行かなくなっているのかもしれません。

[写真] ランタナ:高さ約40cm



PENTAX Optio 750Z

TrackbackPeople Optio people

Commented by hatake-garden at 2006-12-21 10:51
うちの近所では五月に咲くはずの「さつき」が 11月に満開になっていました。変な時期に 毛虫退治のために剪定した 我が家の「ジューンベリー」は 秋になって若葉が出て、「これからどうなる?」っと思ったら、今 紅葉してます。最初からあった葉っぱは もうすべて落葉しちゃってるのに・・・。
剪定は人間がした刺激なので別な話ですが、気候がおかしいことは植物が一番よく感じていて、で、「どうしたもんだか・・・」と困ってるのかもしれません。
Commented by at384 at 2006-12-21 21:54
そうなんです。うちの近所でもちらほらですが、サツキが咲いています。越冬のためにアパートの階段に集まって来たテントウムシも、先日もぞもぞ動いているなと思ったら、いなくなってしまいました。
この温暖ぶりにはみんな混乱をきたしているのではないでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2006-12-16 11:08 | 植物 | Comments(2)