写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

きのこならび(1) 〜 行列

f0108133_23251567.jpg

きのこ撮りで最も楽しいことの一つは、菌輪、「欧米か!」風に言えばフェアリーリング(妖精の輪)に出会うことです。

またその話かと言われそうですが、菌輪は一部の種類のきのこが作るもので、地中で放射状に伸びて行った菌糸の先端からきのこが生えるため、地上から見るときのこが輪を描いて並んで生えているように見えるのです。菌糸の成長につれて菌輪は年々径が大きくなり、形が崩れてしまうことも多々ありますが、そのまま成長し続けると、ついには地平線のごとく列をなして見えるまでになります。

いずれにせよ、森や雑木林の中で人知れず輪を作ったり一列に並んで生えている様子は、菌類などという無味乾燥な分類名を超え、まさに妖精や木霊を思わせるもので、見つけるとついつい歓声を上げてしまいます。

この写真のものはかなり大きな菌輪の一部のようで、形が若干崩れてはいますが、緩い円弧を描きながら並んでいるのがわかります。思い思いの向きに傾きながら生えている様子は、列を作って行進しているかのようで、昔話の「かさじぞう」でお地蔵さんがえっこらせと並んで歩いている光景を想い起こさせます。

[写真] 名称不明:傘径約2cm


都立野川公園にて


PENTAX *istDS + FA31mm F1.8 AL Limited

TrackbackPeopleきのこTrackbackPeople身近な生き物TrackbackPeople *istDS

[PR]
Commented by さくらんぼ at 2006-10-26 10:05 x
輪を作るきのこもあるんですね。「きのこは、生きている」を実感させられました。
本当にかさじぞうのようです。
Commented by at384 at 2006-10-26 23:05
>輪を作るきのこもあるんですね。「きのこは、生きている」を実感させられました。
食べ物としてしか捉えないと、毒か食用かしか関心がなくなってしまうのですが、生き物として見るとそれぞれに表情があり、たとえ毒きのこであっても可愛らしく思えてくるものですね。きのこも喜んでいると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2006-10-25 23:21 | 菌類 | Comments(2)