写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

八国山のかわいい仲間たち

f0108133_2329482.jpg

予定外のニオウシメジ詣でが間に入ってしまいましたが、日曜日の八国山緑地の話の続きです。

どうやらその前の週に一斉に出てしまったようで、あちらこちらにきのこの残骸が転がるなか、それでもまだまだ元気なきのこは残っていました。 実際にはもっと多くの種類があったのですが、そのうちの状態が比較的よかったものをご紹介します。

いきなり同定できない不明菌からですが、落ち葉の間から生える赤茶色の傘が可愛らしいきのこと、青紫色がきれいなきのこです。 青紫色のほうはカワムラフウセンタケのようにも見えますが、茶色がかっているものの、傘まで紫色である点が判断に迷うところです。

f0108133_23295461.jpgf0108133_2330541.jpg


こちらはベニタケの仲間で、これまた同定が困難なきのこです。 傘の赤いものはあちらこちらに生えていたのですが、今回見たものは八国山緑地でよく見かけるヤブレベニタケとは異なっていることだけは外見からわかるものの、何とも言いがたいものがあります。

f0108133_23315291.jpgf0108133_2332044.jpg


こちらは今回一本だけしか見られなかったキタマゴタケと、一カ所に数本だけはえていたタマシロオニタケです。

f0108133_23322996.jpgf0108133_23323965.jpg


この週末はシロオニタケの仲間が多く、他にも離れていて同定できなかったのですが、一番上の写真のものが可愛らしい表情をしていました。 拡大してみれば単なるゴミに過ぎないのですが、離れた場所から見ると傘の表面のつぶらな目がこちらを見ているようなのがわかるでしょうか。

[写真] 八国山緑地のきのこたち



OLYMPUS STYLUS 1s

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-10-07 00:42 | 菌類 | Comments(0)