写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

深大寺一帯できのこの胞子吹きを目撃

f0108133_0201075.jpg

深大寺一帯がきのこで埋め尽くされた日曜日は、ただ単にきのこが生えたというだけではなく、きのこの活動も盛んでした。

まずは深大寺脇の小型菌の宝庫となる一角に生えていた小さなノボリリュウタケで、見つけて近付いたところ、ぽわっと胞子を吹き出すのが見えたのです。 胞子を吹き出したとなれば、恒例の動画撮影をせずにはいられません。 こうして撮影したのが下の動画で、ほんの一瞬なのですが、息を吹きかけた直後、かすかに白っぽい胞子が吹き出しています。



その後、神代植物公園植物多様性センターを探索していると、ふと通りがかった樹の幹に生えていたコフキサルノコシカケから胞子が漂い出しているのを見つけました。 コフキサルノコシカケという名前にもある通り、きのこの周囲には胞子がこびりついて真っ茶色になっているくらいなので、吹いているのは想像に難くないのですが、実際に吹き出しているところを見たのは初めてでした。


[写真] ノボリリュウタケ: 長さ約1cm / コフキサルノコシカケ: 直径約20cm



OLYMPUS TG-3 Tough

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-09-27 00:48 | 菌類 | Comments(0)