人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

秋のラズベリーは出来がいまいちなのか

f0108133_16355020.jpg

庭のラズベリーがじつは二季なりの品種で、八月の末頃にまた花芽が現れたという話を書きましたが、その後ゆっくりと果実が成長し、九月の中旬頃から少しずつ熟して収穫できています。

ただ、気候のためか、株が疲れているためか、それとも肥料が足りないのか、原因はわかりませんが、初夏にできた実と較べると歩留まりが悪く、熟したものも小さく粒が少ないようです。 気のせいか、甘みも今ひとつに感じられてなりません。

長雨で熟した実が腐ったり、粒が落ちてしまったりという原因もあるのかもしれませんが、二季なりとは言ってもそう欲張るものではないのでしょう。

ちなみに今年ラズベリーを育てていて気付いたことが一つあります。 真夏にあまりに草丈が伸びてしまったために、一番背の高い株の幹を二メートルほどの所で切ってしまったのですが、その後伸びて来た脇芽が育った枝にも花芽が大量に付いていました。

ということは、初夏の収穫量を増やす目的とやらで、冬に入る前に翌年の結果母枝を一メートルほどの高さで剪定しているのですが、夏に伸びて来た幹も見苦しいほどだらしなく伸ばさず、一メートルくらいで切り詰めてみても伸びた側枝に花芽が付き、実の出来具合がよくなるのかもしれません。

これは来年の課題としましょう。

[写真] ラズベリーの実: 直径約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-09-22 17:06 | 植物 | Comments(0)