人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

白神山地のきのこたち(巨大ナメクジ写真注意)

f0108133_1492828.jpg

夏休みの旅行で白神山地に行ってみようということになり、弘前〜白神山地〜奥入瀬渓流〜八戸という、青森県横断の旅程で出かけました。 あいにく台風11号の来襲ともろに重なってしまいましたが、大雨に遭ったのは移動中のみで、運良く外に出ている間はあまり雨に降られることなくすみました。

当然のことながら白神山地にはきのこに会いに行ったのですが、初めての訪問でよくわからないこともあり、白神山地と言ってもほんの入口の暗門大橋周辺の散策路のみです。 そして山地と名が付くぐらいだからさほど暑くないと高を括って出かけたところ、台風の影響もあってとんでもない高温多湿状態となり、恥ずかしいことに散策路を一周して早々に引き上げるという体たらくとなりました。

f0108133_1492171.jpgそんな状態でしたので、視野の隅々までくまなくきのこを探すこともできず、目立った大物のみという結果とはなりましたが、その中ではヒメベニテングタケに出会えたのが何よりの幸運でした。

他には時期的なものなのでしょう、色の濃淡さまざまなチチタケがあちこちで目に付き、世界自然遺産なので当然採集することはできませんが、栃木県民ならさぞかし大喜びしそうな光景でした。

f0108133_1491687.jpgなにより世界自然遺産の奥の深さを感じたのは、残念ながらきのこではなく、散策路に入って早々出遭ったヤマナメクジと思われる巨大なナメクジでした。 写真では判りにくいのですが、おそらく体長20センチはあるものと思われます。

ナメクジには庭の野菜を散々食い荒らされており、正直見るのも不快なのですが、このヤマナメクジの悠々と滑るように前進する姿はどこか山の神ともいうべき高貴さを放っているようで、気持ち悪いと目を背けるより思わず引き込まれてしまいました。

[写真] ヒメベニテングタケ: 傘径約2.5cm / チチタケ: 傘径約3cm / ヤマナメクジ: 体長約20cm



PENTAX K-1 + LAOWA 15mm f/4 Wide Angle 1:1 Macro
OLYMPUS STYLUS 1s

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-08-28 14:58 | 菌類 | Comments(0)