写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ラズベリーにまた花芽が

f0108133_111087.jpg

ラズベリーが要注意植物ということは出回っている諸々の情報からわかってはいたのですが、いよいよ我が家のラズベリーが猛威を奮い出しました。

昨年はまだ定植して一年目ということもあったのか、草丈もせいぜい二メートルほどで済んでいたのですが、今年は一年目の新芽のうちの三本がもの凄い勢いで成長し、剪定してしまったので正確にはわからないものの、三メートルにも達しかねない状態です。

f0108133_1105553.jpg親株の根元から出てくるシュートは支柱を立てていたので、手の届かなくなりそうなところで剪定したのですが、大きく育っていたアジサイの陰でこっそり伸びていたサッカーが地面をのたくって、上の写真のような状態になっていました。

しかしこの程度ならまだ可愛いほうで、春先に一気に生えてた新芽が一段落して安心していたところ、ここに来てまた新芽が周囲二メートルほどの範囲から次々と生え出しました。 新芽もすべてが元気に成長するわけではなく、貧弱な株は虫に食われたりして自滅して行くのですが、今度の新芽は気温が高いせいかどれも妙に元気そうです。

f0108133_1111036.jpg大株が三つもあれば収穫としては充分楽しめますし、トウモロコシのうねや、ミョウガの根が脱走しないように囲んだその中にも侵入して来るありさまなので、この機会に拡がり過ぎた地下茎ごと整理してみました。

地下茎を抜いてみて改めて思い知ったのですが、左の写真のように地下茎の至るところから新芽が出ており、すべてが無事地上に出られるわけではないのでしょうが、隙あらば地面を占領しようという意欲が溢れ出しています。

f0108133_111553.jpgところで伸びすぎたラズベリーのうち一株だけは、支柱を超えた部分が横に曲がって隣地に届きそうになっていたために、剪定したのですが、残りの二株をよく見ると先端部分に花がたくさん付いていました。 購入したときは特に記載がなく、昨年も秋には実がならなかったので、一季なりだとばかり思っていたのですが、どうやら二季なりの品種だったようです。

こうなってしまうとやはり欲が出て、花芽のある先端を切り落とすことができません。 もう雑草にしか見えない格好の悪い状態ながら、そのまま地面にのたくらせておくことにしました。

[写真] ラズベリー: 草丈約2.5m



OLYMPUS TG-3 Tough

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2016-08-28 12:22 | 植物 | Comments(0)