写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

早くも害虫だらけ

f0108133_8425189.jpg

バジル栽培2006:7


種まきから五週目、まだまだ二枚しかない本葉ですが、葉脈もはっきり見えて来てバジルらしい姿になってきました。そして、ちゃっかり居座っている謎の芽もますます大きくなっています。

そんな中、若干気になる点が出てきました。既に先々週あたりから気が付いてはいたのですが、一部の双葉に白っぽい点々が付いているのです。最初は天候不順で病気にでもなったのかと思い、ひどいのは抜いていたのですが、先日ようやっと原因がわかりました。

f0108133_8435534.jpgf0108133_8441216.jpg犯人は右の写真の赤い虫、葉ダニです。葉ダニは葉っぱを刺して養分を吸い取り、さされた痕がこのように白くカサカサとした状態になってしまうのです。

毎年バジル栽培を続けている中、葉ダニは常連の害虫で、夏場は葉ダニ駆除が日課になるほどなのですが、例年ならそれは株がもう少し大きくなってからのことで、双葉の段階で付いたのは今年が初めてです。

しかも、もっと嫌なのは右の写真の黒い方の虫、アザミウマです。スリップスともいうこの害虫も葉っぱを刺して養分を吸い取りるのですが、ダニより遥かに貪欲で被害が大きく、やられると葉っぱは黄色く枯れてしまい、更にはタール状の黒い糞が点々と周囲に付いて汚らしいという最悪のやつです。例年なら八月後半ぐらいから現れるのですが、早々と出現してしまいました。

写真はどちらもタイムの葉に付いたやつを撮ったものですが、実はバジルの隣にタイムとオレガノのプランターが置いてあり、オレガノには葉ダニ、タイムには葉ダニもアザミウマも付いています。バジルにはまだアザミウマは付いていませんが、葉ダニはオレガノかタイムから移って来たのかもしれません。


f0108133_8433326.jpg天候不順で種まきが遅れ、成長も今一つなところに来て、早々と害虫まで付くようでは先が思いやられます。

とりあえず、種は多めにまいてあり、途中で成長の悪い株をうろぬきながら育てて行くつもりで、中には写真のようなまだ無傷で元気そうな芽もありますので、何とか無事育ってくれると良いのですが。

[写真] バジル:幅約1.8cm, 謎の芽:幅約2.5cm, 葉ダニ:体長約0.5mm, アザミウマ:体長約1.5mm



PENTAX *istDS + D FA MACRO 50mm F2.8

TrackbackPeople木と葉っぱTrackbackPeople *istDS

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2006-06-10 12:06 | 植物 | Comments(0)