人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

那須の可愛いコアラなきのこ

f0108133_14455225.jpg

f0108133_14492367.jpg昨年に引き続いて今年も夏季休暇を利用して那須平成の森を訪れました。

昨年はクチベニタケ見たさに出かけ、最後の一つになってはいたものの、念願叶って会うことができましたが、今年はぜひもっと数が出ているところを見たいと、昨年より早い時期の訪問です。

クチベニタケはガイドウォークでないと立ち入ることができない場所にあるため、ガイドウォークに参加を申し込み、雨天になってしまいましたが、それでも実施していただけ、無事再会を果たせました。 もちろん数もいたるところに点々と生えており、並んで生えている姿はまさにたこ焼きです。

f0108133_14461777.jpg翌日は幸いすっかり雨も上がったので、平成の森の自由に散策ができる観察路を歩いてみました。

昨年はここでミミブサタケに出会ったのですが、今年は何に出会えるか楽しみに探していたところ、草むらの中に大きな灰色の物体が。

全身が灰色のモコモコした綿くずに覆われたような、どことなくコアラを思わせる大型のきのこで、特徴からおそらくハイカグラテングタケではないかと思われます。

f0108133_14461090.jpg灰色という色は感覚的には地味そのもののはずなのですが、その大きさも相まって森の中ではむしろよく目立ち、なかなかの存在感です。

表面のイボというかモコモコは脆く、触ると脱落してしまうほどなので、前夜の激しい降りかたを思うと雨の中で生えていたとは考えにくく、とすれば数時間のうちにこれだけ大きく成長したことになり、改めてきのこの成長の早さには驚かされます。

珍菌というほどのものではないのでしょうが、雨上がりの森の中にいくつも灰色のモコモコした大型のきのこが顔を出している姿はなんとも可愛らしいものでした。

f0108133_14491626.jpgその前の週までの少雨と、前夜の大雨の影響もあってか、昨年より全体的なきのこの数は少なかったのですが、それでも今まで見たことのないきのこにもいくつか出会うことができ、涼しい高原の気候もあって、楽しい時間を過ごすことができました。

前日の地衣類というお楽しみもあり、当分夏の那須は楽しめそうです。

f0108133_14493045.jpgちなみに、那須といえば栃木県、栃木県といえばチチタケですが、観察路の中にはチチタケらしききのこもちゃんと生えていました。

[写真]
ハイカグラテングタケ?: 傘径約11cm
クチベニタケ: 直径約1.5cm
ロクショウグサレキン?: 傘径約5mm
チチタケ?: 傘径約5cm



OLYMPUS STYLUS 1s
OLYMPUS TG-3 Tough
PENTAX K-3 + DA21mm F3.2 AL Limited

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2015-08-22 15:40 | 菌類 | Comments(0)