写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アリ知恵

f0108133_14224393.jpg

我が家の花壇にはアブラムシ除けと、色の可愛らしさもあって、チェリーセージが植わっています。

チェリーセージの花はサルビアの花とすこし似ていて、付け根の部分に豊富な蜜があり、引き抜いて加えてみるとほのかな甘みが口に広がるのですが、それだけ蜜があればアリが寄って来ないはずはありません。 まだ花が落ちないうちからゾロゾロと枝に這い上がり、花が落ちればすかさず巣へ引っ張って行きます。

f0108133_14224776.jpgここのところじめじめと不快な日が続きますが、昨日ふと花壇の縁に目を遣ると、点々と落ちているチェリーセージの花殻のまわりに砂粒が。 この獲物の周りに砂粒を盛るという習性、まごうことなきアリの仕業です。

大きくて運びきれない昆虫の死骸の周りに砂を盛り上げてお墓を作るというのは以前に見ていますが、どうやら今回は雨で花殻が貼り付いて動かせなくなってしまったために、他の群れに横取りされないよう同じことをやっているように思われます。

人間の発想で勝手に「お墓」などと呼んでいるために、虫や小動物ではなく花というのが奇異に感じられますが、そもそもアリにとっては虫だろうが花だろうが獲物は獲物。 機械的にこのような行動を取るところがいかにも昆虫らしいとも言えますが、面白いものを見せてもらいました。

[写真] チェリーセージの花殻: 長さ約1cm



OLYMPUS TG-3 Tough

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2015-06-28 15:21 | 昆虫・節足動物 | Comments(0)