人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

八国山にきのこがない

f0108133_23492444.jpg

先週末の話になってしまうのですが、九月中旬以降続いた乾燥が先々週の台風十八号の雨でやっと終わったので、八国山緑地に乗り込みました。

f0108133_23491885.jpg台風の大雨の場合、きのこの菌糸が棲んでいる土の表層ごと押し流してしまうからか、残念な結果に終わることが多いのですが、十月初旬の本来なら秋のきのこの最盛期なので矢も盾もたまらず、出掛けてしまったわけです。 そして懸念は見事に的中してしまいました。

目に入るのはひたすら硬質菌ばかり。 それでもきのこには変わりないですし、こんな時でもなければ素通りしてしまいがちなので、今日は硬質菌の日と割り切ってカイガラタケやウチワタケ、カワラタケなどを撮りまくりました。

f0108133_0193986.jpg撮りながら気付いたのですが、硬質菌といっても台風の大雨の後で生えてきた若いものが多かったようで、どれも意外にしっとりして軟らかく、これはこれで新鮮さを味わえ、たまにはよいものです。

さらには、こんな時は小さなきのこでも見逃すまいと目を凝らして探すおかげでしょう。 今まで八国山では見たことがなかった、というより気付かなかったきのこも、いくつか見つけることができました。

f0108133_23492976.jpgこの日八国山で初めて見たものは、ヒメロクショウグサレキン、ドングリキンカクキン、そしてこの日一番の目玉は上の写真のマメザヤタケです。

九月中旬の大発生に比べると数的には淋しい結果ではありましたが、マメザヤタケのような怪しげなきのこは見ると心躍るものがあり、結局は大いに楽しめた一日でした。

[写真]
マメザヤタケ: 高さ約5.5cm
カイガラタケ: 傘径約3.5cm
ヒメロクショウグサレキン: 直径約3mm
ドングリキンカクキン: 直径約3mm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2014-10-19 00:41 | 菌類 | Comments(0)