人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

深大寺はすっかりきのこ祭り

f0108133_06322.jpg

ここのところ深大寺周辺ではいい具合に雨が降っているため、今週は週の中頃からすでに恒例の秋の大テングタケ祭りが始まっていました。

f0108133_061952.jpgそこで週末に入ってさっそく深大寺周辺を探索してみると、テングタケはもう半分ほどしおれている状態ながらも見事な大発生ぶりで、新たな幼菌も発生して大変なお祭り騒ぎとなっていました。

楽しそうに生えているテングタケの集団を撮影しながらすっかり気分も盛り上がりつつ、深大寺境内へも入って行くと、境内は毎年おなじみのウスキテングタケをはじめ、今までこれほど多種類のきのこが一度に生えたことがあっただろうかと思えるほどの大にぎわいです。 これまたおなじみのムラサキヤマドリタケも久々に色形のよい立派なものが見つかりました。

f0108133_061186.jpgさらには今までこの辺りでは見たことのなかったクロラッパタケも、まだ小さいながらもいくつも束になって生えており、ますます気分が盛り上がります。

そしていつものとおり神代植物公園に入り、ここでも数々のきのこと触れ合いながら歩き回っていたのですが、不思議なことに気付きました。 連休にもなると多くの入場者であふれているはずの園内に、妙に人気が少ないのです。 そしてふと園内をみると、あちらこちらに「蚊に注意」の張り紙が。 もしかしてこれが原因でしょうか。

f0108133_071170.jpgその後神代植物公園を出て再び深大寺境内に入り、このきのこの生えっぷりならきっとすごいことになっているだろうと思われる山門付近を探してみると、予想どおりのテングタケ、ニオイコベニタケ、ナラタケモドキ、そしてヤマドリタケモドキのお祭り状態になっていました。

こうして、すっかりきのこ寺になってしまった深大寺を見ていると、八国山もさぞかしすごいことになっているだろうと期待が高まってきました。 ということで、明日は引き続き八国山緑地へ乗り込んでみようと思っています。

ところで深大寺周辺を探索中、毎年春にトガリアミガサタケの生えるあたりできのこを見ていたところ、なにやら一本の樹の根元付近の地面がもぞもぞと動いているのを見つけました。 何だろうと近づいてみて見ると、黒と橙色の縞模様が地面いっぱいに広がって動いています。 そう、なんとそれは大量のオオスズメバチだったのです。 その樹の根元に巣でも作ろうとしているのか、あまりの数の多さに驚きながらも覗き込んでいると、地面にいたハチが次々と飛び立って周囲を飛び回り始めました。

うっかり近付いてしまったのが原因で、警戒の飛行を始めてしまったらしく、慌ててその場から遠ざかりました。 あの周辺できのこを探されるかたは、近付かないほうがよいと思います。

[写真]
テングタケ: 傘径約5cm
ムラサキヤマドリタケ: 傘径約5cm
クロラッパタケ: 直径約8mm
ヤマドリタケモドキ: 傘径約3cm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited
OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2014-09-14 01:17 | 菌類 | Comments(0)