人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ミミブサタケに大興奮

f0108133_23522999.jpg

那須平成の森の話の続きです。

ガイドウォークに参加してクチベニタケに出会ったあと、時間がまだあったので「ふれあいの森」も探索することにしました。 ガイドウォークで歩いた「学びの森」は環境保全のために自由な立ち入りを制限しているのですが、「ふれあいの森」は自由に散策することができます。

クチベニタケこそいないものの、あちこちに生えている可愛らしいきのこを愛でながら歩いて行くと、草の間に見慣れない形のきのこが生えていました。 形状からしてチャワンタケの仲間ではあるのですが、ウサギの耳が密集して生えているかのような面白い形から、どうやらミミブサタケのようです。

まだまだ先の行程もあったので、その場はひとしきり観察しただけで立ち去ったのですが、「那須の森フィールドセンター」に置いてあったきのこ図鑑でミミブサタケであることを確認したあとになって、どこかで目にした「ミミブサタケが胞子を吹き出す様子がすごいらしい」という話を思い出し、どうしても見たくてたまらなくなりました。

f0108133_23523797.jpg翌日も平成の森を歩く予定であったので、再びミミブサタケの生えていた場所を訪れ、胞子を吹き出す様子を見ることに。 とはいうものの、どうやったら胞子を吹き出してくれるのか知らなかったので、当てずっぽうでとりあえず息を吹きかけたり、きのこを突っついてみたりしました。

しかし、そのようなことをしたところで、何も変化はないようです。 そこでしばらく様子を見ていると、突如ミミブサのひとつから、煙が吹き出すかのように胞子が吹き上がりました。 それをきっかけに、しばし間隔を置いて、あちこちから胞子が噴出し始めたのです。

f0108133_23524321.jpgその吹き出す様子は、何かしらの装置でもあるかのごとく、「シュー」という音が聞こえて来そうな勢いで、まるで蒸気機関車が煙突から煙を吹き出すようでした。

あまりのすごさに写真を撮るのも忘れてすっかり見入ってしまい、あとになってから慌てて写真を撮り出したのですが、最盛期は過ぎてやや薄めになってしまったのと、静止画では軌跡が見られないためか、今ひとつ迫力が伝わらないものの、右の二枚の写真が胞子を吹き上げている様子です。

きのこ自体は微動だにしていないのに、いったいどうしたらこんなに勢いよく胞子を吹き上げることができるのでしょうか。 このウサギの耳のような形に何か秘密があるのかもしれませんが、何とも不思議で面白いものを見ることができました。

[写真]ミミブサタケ: 高さ約6cm



PENTAX K-3 + DA35mm F2.8 Macro Limited

Commented by Basilio at 2014-09-09 09:57 x
おもしろいですね!煙突のような感じなんでしょうか^^
1つが出てそのあと連続すると言うと温度か湿度が誘因なのかも、と素人考え。
Commented by kokusa5884 at 2014-09-09 21:30
ミミブサタケはずいぶん昔に観ただけで、そんな瞬間には遭遇していません。得しましたね~。
Commented by at384 at 2014-09-09 23:58
> Basilioさん
胞子の吹き出る様子は、まさに煙突でした。
何が引き金なのかはわかりませんが、検索したところ動画に収めている方がいて、そこでは手で突っついていました。 私も突っついたのですが、すぐには吹き出さなかったので、風なども影響しているのかもしれませんね。

> もせてさん
胞子の話をどこで知ったのだろうと思い返してみたのですが、以前『悠々きのこ』さんのホームページで拝見していたようです。
本当に運がよかったです。 このあと、キイボカサタケとアカイボカサタケ(ダイダイイボカサタケ?)も見つけたので、この勢いでソライロタケもと期待したのですが、さすがにそう甘くはありませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2014-09-09 00:45 | 菌類 | Comments(3)