人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生カモミール茶は絶品です

f0108133_1225175.jpg

食べられる庭2014: 13


昨年夏に、ジャーマンカモミールがネキリムシに襲撃されて全滅してしまったため、晩秋に種を播いて再度栽培を試みていたのですが、連休過ぎごろから花が次々と咲き始め、なんとか収穫にこぎ着けることができました。

f0108133_1231866.jpgといっても無傷というわけではなく、ネキリムシこそ現れないものの、ジャーマンカモミールはアブラムシが付きやすいそうで、茎という茎にアブラムシがこびり付いている始末です。

一応手では駆除しているのですが、なにしろ単為生殖で増えるためにとても駆除が追いつかず、ほぼやられっ放しに近い状態となっています。 たまにテントウムシの幼虫がどこからか出現し、部分的に一掃されていたりするのですが、あまり賢くなく、かつ気紛れなテントウムシの幼虫は、すぐどこかに行ってしまい、せっかくの食べ放題も売り切れ御免にはなってくれません。

こんなありさまなので、カモミール茶など簡単に市販のものが入手できるのですから、こんな目に遭ってまで栽培するのはもうやめようと思っていたのですが、摘みごろになった花を試しに乾燥させず、生のまま煮出して飲んでみたところ、市販のものとはまったく異なる美味しさが感じられました。 市販の乾燥させたものはどことなくキク科特有のツンとくるような薬臭さを感じるのですが、生のまま煎じると、その薬臭さがなく、特有のリンゴの香りだけが甘く香る、何とも言えない華やかな美味しさです。

カモミールはどことなく「女子向きハーブ」の印象があり、実際そういう風味なので、私自身そう頻繁には飲まないのですが、この生カモミール茶はほんとうに美味しく、このためならまたわざわざ自宅で栽培する価値は充分にあると思いました。

[写真] ジャーマンカモミールの花: 直径約1cm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2014-06-01 12:38 | 植物 | Comments(0)