人気ブログランキング |

写真初心者のおっちゃんが、身近な生き物について、下手くそな写真と駄文で観察日記風に綴ります。きのこと家庭菜園の話題が多めです。


by at384
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

春のきのこはしご

f0108133_21542688.jpg

ここのところ二週連続で深大寺周辺へトガリミガサタケを探しに行っていますが、先週もまた幼菌が出ていたので、気になってまた出かけてしまいました。

f0108133_21544946.jpgどうやらこの場所はどなたかにすっかり目を付けられているようで、先週見つけた幼菌もあらかた狩られてしまったようです。 それでも見つけにくいところにあったいくつかは無事残っており、立派に成長したもの、また新たな幼菌の姿も見ることができました。

それにしても三週連続でトガリアミガサタケの姿を見られるとは、つくづく今年は当たり年なのでしょう。 これがすなわち今年のきのこ運を意味するものでないことは重々わかっていますが、やはり幸先がよいのは嬉しいもので、「こいつあ春から縁起がいいや」という気分になります。

f0108133_21552840.jpg続いて、やはり先週幼菌を見つけたウラスジチャワンタケの様子を見てみました。

さすがにこちらは採るひともいないようで、ほとんどみな無事でしたが、アミガサタケと較べると成長が遅く、特徴的な「ウラスジ」がはっきりしてきたものの、見栄えのする大きさになるにはあと一、二週間はかかりそうです。

f0108133_21553838.jpgそして今度はバスに乗って井の頭公園へ。

予想どおりおびただしい花見客でごった返すなかを歩いていると、根元に落葉や花が積もりっぱなしでろくに掃除もされていないツバキを見つけました。

この汚さならもしやと思い、根元をくまなく探してみると、やはりいました、大物のツバキンが。

深大寺周辺や神代植物公園はツバキこそ多いものの、残念ながらどれも根元を掃き清められてしまうため、ツバキンに関してはあまり恵まれていないのですが、久々に大物のツバキンをいくつも見ることができました。

[写真] トガリアミガサタケ: 高さ約5cm / ウラスジチャワンタケ: 直径5mm / ツバキキンカクチャワンタケ: 直径8mm



OLYMPUS STYLUS XZ-2

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by at384 | 2014-04-05 22:56 | 菌類 | Comments(0)